JCO社員 2人目の犠牲者(朝日新聞 2000年4月27日夕刊)
 

 茨誠県東海村のウラン加工会社「ジェー・シー・オー(JCO)」東海事業所で、昨年9月30日に起きた臨界事故で大量の放射線を浴びた同社員、篠原理人さん(40)=同県日立市田尻
町2丁目=が27日午前7時25五分、入院先の東京大学付属病院(東京都文京区)で亡くなった。

 事故から211日目。死因は、被ばくによる多臓器不全たった。推定被ばく線量は致死量を超えるとされる6−10シーベルトだったが、最先端治療を受けて、一時はリハビりを始めるまでに回復。しかし、今月に入り、呼吸機能が低下、容体が悪化していた。事故の犠牲者は、昨年12月に死亡した同社員の大内久さん(当時35)に次いで二人目となつた。

 篠原さんらは事故当日、3人でウラン濃度を均一にする作業をしていた。原子力安全委員会によると、篠原さんは大内さんとともに、ウラン溶液を沈殿槽に注ぎ込んでいた。溶液を大量に入れたため、核分裂反応が連続して起きる臨界になった。
 

 篠原さんは、発生した中性子線などに被ばくし、全身に放射線やけどを負った。免疫にかかわるリンパ球が大幅に減り、病原体への抵抗力を失った。
 

 東大医科学研究所病院(東京都港区)に入院し、リンパ球などをつくる機能を補う「さい帯血移植」を受け、造血機能は徐々に戻った。体の約7割におよんだやけども、皮膚移植で一時は回復した。車いすを押してもらいながら病院内の廊下を移動できるまでになつた。
 

 ところが、3月にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の感染とみられる肺炎で、急に呼吸が不安定になった。胃からも出血があった。4月10日、大内さんの治療にあたった東大病院に転院。その後、呼吸機能が著しく低下し、腎臓や肝臓の状態も悪化していた。


  篠原さんの推定被ばく線量は、大内さんの16−20シーベルトより低かった。これまでは7シーベルトを超えると、多くが数週間で亡くなるといわれていたが、一時は回復した篠原さんの経過から、医師団の間には、これを覆せるとの期待もあった。
 

 それでも、体の奥深く、細胞まで破壊する放射線の影響は大きかった。加えて抗生物質が効きにくいMRSAの感染。大量被ばくした患者の救命は、現在の最高水準の医療をもっても困難だった。

 
 一方、篠原さんらと壁ひとつ隔てた部屋にいた作業グループリーダー横川豊さん(55)は、1−4.5シーベルトの放射線を浴びたとみられるが、放射線医学総合研究所(千葉市)を昨年12月に退院している。


ニュース見出し