ブッシュの北朝鮮対応はあなたが考えている以上に悪い

大統領は核の脅威を軽く見ているが、平壌が核爆弾をテロリストに売ったら、何が起こるだろうか?

Bush on North Korea: Worse than you think
The president is downplaying the nuclear threat. But what happens if Pyongyang sells the bomb to terrorists?)

グレアム・アリソン、元国防次官、ハーバード大学ケネディ政治学部科学・国際関係ベルファー・センター長

By Graham Allison, GRAHAM ALLISON, a former assistant secretary of Defense, is director of the Belfer Center for Science and International Affairs at Harvard's Kennedy School of Government.
LOS ANGELES TIMES,, July 09, 2006

総司令官(大統領)は北朝鮮問題は悲惨な状態ではない、と言い張った。

金曜日の記者会見で、ブッシュ大統領は次のように質問された。北朝鮮の核兵器開発能力が上昇し、6者協議を拒否し、7月4日のミサイル発射があったのに、米国の北朝鮮政策が失敗だと結論しては何故いけないのか?

ブッシュは、「物事を成し遂げるには時間がかかる」と返答した。

残念ながら、時間をかければかけるほど、この北朝鮮政策の衝撃的な失敗は、一層明確に露呈する。

オサマ・ビン・ラディンを捕らえられないことの議論を避けるという9/11テロ後の戦略を踏襲して、ブッシュ政権は昨年、2つの単語には、決して触れようとしなかった。それは North Korea。

キム・ジョンイルが無理やり自分にスポットライトを当てさせることになるまでは、米政権は、キムを一般の意識から消し去るのにもう少しで成功するところだった。 話題に触れたくないというホワイトハウスの願望は想定できる。 ブッシュが2001年1月に大統領執務室に入って以来、キムのプルトニウム備蓄はおよそ5倍になっている。

1991年、ジョージ・ H・ W・ ブッシュ大統領在職当時、北朝鮮は、ニョンビョン研究用原子炉からごまかした使用済み核燃料を秘かに再処理し、1か2個の核爆弾を作ることができるプルトニウムを生産したと、米国諜報機関の職員は2001年に判断した。 現在、平壌には8個から13個の核爆弾に見合うプルトニウムを保有し、毎年2個の爆弾を追加するプルトニウム製造ラインがあるという。

何故キムの核爆弾のほうがミサイルより深刻な脅威なのか?

核兵器運搬手段としての大陸間弾道ミサイルには、1つの重大な欠陥がある。 それは返送先を明白に残すことである。 キムは、合衆国に対し核弾頭ICBMを発射すれば、1時間以内のアメリカの圧倒的な核反撃が、確実に、再び北朝鮮から核弾頭が発射されなくさせることを知っている。

北朝鮮の核兵器がアメリカの都市で爆発する場合、その爆弾は、われわれの隙間だらけの国境をすりぬけるリュックサックに隠されて入ってくるか(9/11テロの前の年にくらべ昨年は、50%も多い外国人密入国があった)、または、船便と列車で到着する年間700万個の貨物用コンテナの1つに隠されているか(それらの3%だけが検査される)、または北東部、フロリダまたはカリフォルニアの無数のモニターされてないマリーナの1つに入港するボートで入ってくるものだろう。

9/11テロの後に、ブッシュは、最も危険な兵器が最も危険な手に渡るのを防ぐためにあらゆる手段をとると誓約した。 彼の説明によれば、それはアル・カイダが核をもつことを意味した。 テロリストには判明する返送先はないし、しばしば殉教したがっているのだから、抑止は困難である。

北朝鮮によってもたらされる核の脅威が、ブッシュが政権についた時と今日われわれが直面している脅威では、いかに重大な相違をみせていることか。 実験をしていない2個の核兵器を持つ国家は不確実さの迷路に悩まされる。核兵器は作動するか?たとえ核実験を成功させても、1個の核爆弾しか残らない。 1か2個の核兵器だけなら、その1つを販売しようとするか、または他に移す可能性は極端に低い。

この事実と今日の北朝鮮との違いを比較してみてほしい。今日北朝鮮は、8から13個の核爆弾に十分なプルトニウムを持ち、毎年2個の爆弾に見合うプルトニウムを生産する。 そのような国なら、他国または、ビン・ラディンのようなテロリストに核爆弾を販売しようと企むことが可能ではないか?

ブッシュ政権が描いてみせた北朝鮮とは、最近200万人の自国民を飢えさせて、その主要な収入源が ミサイル販売(伝えられるところによれば、昨年の暮れに、18個のミサイルがイランに送られた)と、違法ドラッグおよび偽造100ドルの密売なので、"Missiles R' Us" として知られるスターリン主義の犯罪国家だということを考えて欲しい。

そのうえキムは、ブッシュがキムを政権転覆政策の標的にしていることを鋭く意識している。 合衆国が「親愛なるリーダー」と彼の邪悪な政権を崩壊させるために北朝鮮を経済的に締め上げれば、このリーダー(キム)は、まさに大統領が描いてみせたとおりに悪魔的であると判明することになるのではないか?

北朝鮮へのブッシュ政権のアプローチが破局的に失敗した理由は、語れば長い話になる。 今日、北朝鮮に対処することにおける米国のオプションは、ホリブル(身の毛もよだつ)かもっと悪いかのいれかの選択だと言っても過言でない。

しかし、現在求められる戦略の再検討のための出発点は現実の認識である。 ブッシュが正当に「アメリカの国家安全保障に対する一つの最大の脅威」と認識した最も可能性の高い根源に対する戦いにおいて、ブッシュ政権の政策が失敗したことである。

米紙核兵器関連記事一覧