社説(Editorial)


核軍縮新時代(Arms Control’s New Era)

Published: March 27, 2010, New York Times

交渉は長時間を要し、すべての予想より厳しかったが、米国とロシアは、戦略兵器削減条約の代替の核協定の合意に達した。 協定の両国の備蓄核兵器削減は控え目であったが、オバマ大統領は、前任者が冷戦の遺物としてこきおろした兵器規制制度を復活させたことで、評価されるべきである。 核脅威の抑止で、今や、彼は指導的地位を得た。

来月開催される核兵器安全保障首脳会議において、核物質管理をより厳しくするよう要求し、5月の核拡散防止条約再検討会議において、イラン、北朝鮮のような核協定常習違反国に、よりきつい制裁を科すよう、働きかけるのに、オバマ大統領は有利になった。

オバマ氏には、そこで一服されては困る。交渉団を速やかにロシアに再派遣し、継続的な交渉テーブルにつかせることを、われわれは望む。その交渉は、配備核兵器のより大幅な削減と、初めて、両者が備蓄核弾頭、および、戦術核兵器数の削減に取り組むべきである。それらは、闇販売、窃盗の危険に、ぞっとするほど脆弱な、何千発もの小型核爆弾である。 その討議には、むしろ、数年を要すると考えられる。今回の協定の交渉は数ヶ月だったのだが。


米国とロシアは、両者合計で20,000 発の保有核兵器を削減する方向に進むことなしに、他国の核兵器計画を阻止するいう主張に説得力を与えられない。

4月8日にプラハで、オバマ氏とドミトリー・メドベデフ大統領が調印する予定の条約の大枠は、希望の持てる(encouraging)ものだ。両国は、協定発効後7年以内に、現在の上限2,200発の戦略核弾頭を1,550発に削減する。1,600の 運搬ミサイル、爆撃機、および潜水艦)を800に削減する。

ご多分にもれず、私たちも、詳細を知ることを切望している。しかし、交渉団が技術的な項目を詰める間、しばらくは無理だろう。 その状況を、だらだらと引き延ばしてはいけない。そうなれば、条約の主要テキストの合意内容への疑念が増し、批准を求めて上院に提案する作業が遅れることになる。

これまでの3つの軍縮協定、Start I (1992)、Start II (1996)、およびモスクワ条約(2003)は、実質的には超党派支持で批准された。Start I は昨年12月に期限切れになり、 Start II は、ブッシュ政権がミサイル防衛を追求するために2002年にABM条約を廃棄した後で、ロシアが脱退したので、発効しなかった。モスクワ条約は、現行の2,200発の配備核弾頭数を設定した。

共和党が、何ごとによらず協力を拒んでいる、ワシントンの無残な政治情勢のもとでは、この新しい協定の承認を得るのは、それほど確実とはいえない。 批准には上院の2/3の賛成票を必要とする。

政権は、上院に次のことを納得させなければならない。それは、検証制度が確実で、条約テキストがミサイル防衛を追求するアメリカの能力を制限しないことである。 政府官僚はその両方の説明が可能だと確信している。しかし、オバマ大統領は、自分の力で乗り切るよう準備しなければならない。

米紙核兵器関連記事一覧