Op-Ed Columnist


いつまで続くチェルノブイリ起因甲状線疾患(Chernobyl’s Lingering Scars)

By JOE NOCERA Published: July 11, 2011, New York Times

奇妙なことに、史上最悪の原子力事故25周年に、動物に関するジャーナリズムが注目されることになった。 2つの雑誌、WiredとHarper’s, が、ウクライナのチェルノブイリ原発周囲の、いわゆる立ち入り禁止区域の動物生態再生に関する長い記事を掲載した。

最近の日本の原発事故にかんがみ、チェルノブイリで被曝した人々はどうだったのか知りたくなっても、それはまあ、ある意味当然ではなかろうか?

私はチェルノブイリで被曝した人物を知っている。 彼女の名前はマリア・ゴーロンスカ。 魅力的で知的なマリアは30歳。ポーランド生まれで、2004年にニューヨークに移り住んだ。 4年ほど前に、私はフィアンセを通して彼女と知り合った。彼女は、最高に暑い日でも、いつもタートルネックを着ていた。

マリアの故郷、北ポーランドのオルシチンは、チェルノブイリから400マイル以上離れている。 1986年4月、原発でメルトダウンが発生し、風上で膨大な量の放射能が噴出した。それがウクライナとベラルーシを通過し、北ポーランドに運ばれた時、彼女は5歳だった。

「最初、彼らは、爆発が起きたが、危険でないと言いました」と、マリアは語った。 しかし数日で、ソ連は、しぶしぶ事故を認めた。 皆にヨウ素剤が投与され、屋内に止まるよう言われたことを思い出すという。 彼女は、2週間家にとどまった。

彼女によれば、ポーランド人が事故による健康被害に気がつくまでに何年もかかったと、人々が語るのを聞いたという。 特に、放射能は甲状腺に激しい傷害を起こす。ヨウ素剤を投与する理由は、甲状腺が取り込む放射性ヨードを出来るだけ減少させるためである。

実際に、過去25年間、オルシチンでは甲状腺疾患問題が爆発した。マリアによれば、病院全棟が、現在、もっぱら甲状腺疾患に特化しているという。 これは誇張ではない。オルシチンの甲状腺外科医、アルツール・ザレウスキー博士は、1990年代前半以来、甲状腺手術数が莫大に増加したことを確認した。 一部の患者は甲状腺癌だが、多くは、甲状腺肥大か、甲状腺機能低下症である。

また、アルツール・ザレウスキー博士は、私に次のように警告した。甲状腺疾患とチェルノブイリ事故を関連付ける何の科学的証拠も存在しない。その理由の一部はソ連の非協力的態度のため。また一部は、医学誌ランセットなら、「かなり理論的に困難」と記述するかもしれない、疫学的研究が開始されなかったからである。もしそのような研究があれば、ポーランドの甲状腺疾患と原発災害の関係を明確にする助けになったかもしれない。

研究の多くは、癌に焦点を合わせた。ランセットによれば、ベラルーシとウクライナの小児白血病と乳癌の増加をチェルノブイリの結果と考えることはできるという。 しかし、「研究デザインの欠陥」のため、これらの研究結果は確定的ではない。

しかし、マリアの母親バーバラ・ゴーロンスカ・コーザックは私のメールに対し、次のように強く言い張った。「私はチェルノブイリが甲状腺疾患を増加させたと確信しています」 バーバラは、疫学者でないが、科学者である。彼女は、「それはポーランド一般市民が確信している」と語った。 彼女自身、事故後10年に甲状腺手術が必要になった。 彼女の母親は2回も甲状腺手術を受けた。 彼女の親友も甲状腺手術を受けた。年長の高校の友人が最近、甲状腺腫切除の手術をした。 マリアによれば、彼女の父親だけが甲状腺に問題のない唯一の親族だという。

およそ5年前に、マリアの番がきた。 彼女の甲状腺は徐々に肥大し気管に陥入し、ある姿勢をとると呼吸が苦しくなった。見苦しく甲状腺が肥大したのが、もちろん、彼女がいつもタートルネックを着ていた理由だった。 ニューヨークの専門医は、同じような症例には以前に遭遇したことがなく、手術は危険で声帯を損傷する可能性があると、彼女に告げた。そこで、マリアは、ポーランドに戻って、故郷で手術することにし、今年早々に帰国した。

上に述べたチェルノブイリ災害と全く同じように、福島第一原発事故が、その近隣住民に与える影響が判明するのには、数年もかかることになるだろう。漏洩放射性物質の量はチェルノブイリに比べて格段に低かったとはいえ、水中に漏洩し、食品にも検出された。こうして、原子力をどう扱うか、思い悩むことになった。クリーンエネルギーとして魅惑的な反面、一つ間違うと大災害の危険が常に存在する。これに簡単な回答はないが、福島第一またはチェルノブイリのような事故があると、いやでも考えざるを得ない。

マリアの場合は、少なくとも、話はハッピーエンドだった。彼女の手術を引き受けたザレウスキー医師は、甲状腺腫の大きさに負けることはなく、手術は成功だった。 彼女の声帯に問題は起きなかった。 彼女は、これまで以上に元気である。

マリアはオルシチン滞在中に、旧友たちに会いに行った。何故帰国したのかを聞くと皆吹きだし、それぞれ自分の喉の傷跡を示したという。

マリアがニューヨークに戻って直ぐに、私は彼女に会った。小さな傷跡に目がいくのを避けられなかった。彼女はタートルネックを着ていなかったのだ。

米紙核兵器関連記事一覧