米、イラン攻撃作戦計画の策定を推進−ニューヨーカー掲載記事
(U.S. Stepping Up Plans to Attack Iran, New Yorker Article Says)

By ERIC SCHMITT Published: April 9, 2006 NewYork Times

ワシントン、4月8日−このほど掲載された記事によれば、外交交渉でイランの核開発計画を中止させるとブッシュ政権は公式に言明している一方で、イランに対するしかるべき軍事作戦計画の策定を加速しており、この計画には戦術核兵器の使用を除外していないという。

雑誌ニューヨーカーに掲載されたシーモア・M・ハーシュの記事は、ペンタゴンが今年の冬に、バンカーバスター核爆弾をイランの地下サイト攻撃に使用するオプションをホワイトハウスに提示したと断言している。 統合参謀本部が後でそのオプションを撤回しようとしたが、未確認のホワイトハウス高官が抵抗した、とこの記事は述べている。

この記事は多数の匿名情報源を挙げている。その中には、米国国防総省と情報機関の前職員や、米国国防総省と緊密に関係しているが、意志決定には直接的関与しない情報源もあると記述されている。

この記事に関して質問された、国家安全保障会議のスポークスマン、フレディリック・ジョーンズは土曜日に、次のように述べた。 「私たちは軍事的作戦計画を討議する段階にはない。大統領が繰り返して言ったように、イランの核開発計画をめぐる問題については、国際社会とともに、外交交渉による解決を追求している」

イランについてハイレベルな討議に参加し、匿名を条件に話をすることを承諾した4名のペンタゴン、軍、政府の高官たちは、ブッシュ政権がイランに対して核兵器使用の攻撃の可能性を考えていたという記事の主張を否定した。

「私は、核兵器の問題が話題になったなどと一度も聞いたことがない」と、米国国防総省の高官は語った。

 また、この記事は、米軍野戦部隊が、イランに侵入して攻撃目標のデータを集め、テヘランの反政府イラン人グループと連結することを命令されたと述べている。

「記事は不正確な情報を含んでいる」と、中央情報局のスポークスウーマン、ミシェル・ネスは言った。 彼女はそれ以上詳細に語るのを断った。

記事は、イランの沿岸レーダーの範囲内で、米空母艦載攻撃機が核爆弾攻撃をシミュレートしたと断言している。 米国国防総省の職員は、そのような飛行に気づいたことはない言ったが、ここ3週間で、イランは防空能力を高度化し、その結果、1機の自軍航空機に命中したと、付け加えた。

外交交渉が望ましいと強調する一方で、政府高官たちは、交渉が不成功な場合には、軍事攻撃を除外していないと言う。 イランの核兵器接近に対処するために、作戦計画策定者たち、特に空爆作戦チームが、想定内容をアップデートしているが、これは定期的作業だと、米国国防総省の高級官僚は語った。しかし、これらは、軍事的対決の準備をせよとの、シビリアン政治指導者の意向を反映しているのではないと、強調した。この高官は、次のように語った。

「ホワイトハウスに作戦計画やオプションを提出したことはない」

最高級の指揮官たちは、軍事的オプションには、悪手から想像を絶するものまであると言う。多くの疑惑サイトが地中深く埋設されていたり、都会の密集地近辺であれば、成功は保証できないと、作戦プランナーたちは言う。被災者を生むだけではなく、中東の政治的混乱も引き起こす危険を冒すことになる。

記事を発表したハーシュ氏は、イラクでのアブグレイブ囚人虐待や、1969年のベトナム、マイ・ライ大虐殺などの事件を暴露した著名で信用のあるジャーナリストである。

何人かの軍人および官僚が、彼の記事のいくつかの内容に反撥している。何人かの評論家が、彼が完全には証明できないような政府に批判的な断定を公表するのに、やや早計だはなかったのかと批判している。

スコット・シェインの協力により作成。

米紙核兵器関連記事一覧