Asia Pacific | News Analysis

北朝鮮の大きな核実験と米国の政策の重大な問題 (A Big Blast in North Korea, and Big Questions on U.S. Policy)

By DAVID E. SANGER, CHOE SANG-HUN and JANE PERLEZ. NewYork Times, SEPT. 9, 2016



ジュネーブ発:北朝鮮の最新の核兵器テストにより米国は不愉快な選択を迫られている:北朝鮮の核の進歩と止められないと明白になった制裁の強化を続けるか、非常に危険なものから嫌悪されるようなものまでを含む他の選択肢である。


ワシントンおよびその同盟国が北朝鮮のすべての輸出入を停止させて北朝鮮の経済を麻痺させるのは、アジアの同盟国が恐れる戦争に直ちに拡大する惧れがある。しかし、北朝鮮の要求ついての会話の再開は、核のプログラムを疑問の余地なく解体する保証もないまま、若いリーダー、キム・ジョンウンのわがままを許すことになりそうだ。

シリア紛争についてロシアとの交渉を発表した後で、土曜早朝にジュネーブで、ジョン・ケリー国務長官が、もし北朝鮮が会談の目標が核兵器の放棄だと合意するなら、米国は北朝鮮と交渉したいと語った」。「私達は北朝鮮の独裁者に何度も申し入れをした」と、語った。それは、北朝鮮と西側の関係を正常化し、朝鮮戦争を停止させたが交戦状態の停止に至らなかった1953年停戦合意に変えて、正式な平和協定になるだろう、と語った。


「キム・ジョンウンが『非核化について話す用意がある』と、言いさえすればいいのだ」と、ケリー氏語った。

キム氏はそれ拒絶していいる。 彼の祖父と父が意図したもののすべては抑止力と軍事力のためで、彼の核プログラムは、取引の材料ではないことを明確にしている。


7年間以上、オバマ大統領は制裁の漸進的なエスカレート方針を採用し、ホワイトハウスは「戦略的な忍耐」と呼んだことがある。しかし、金曜日の5回目の核実験は、たぶん 直前のものの約2倍の威力で、最も強力で、北朝鮮が核兵器爆発の基本をマスターしたこを示し、「戦略的な忍耐」が失敗したことに疑問の余地がなくなった。

強化される制裁および国家自身の技術的後進性にもかかわらず、北朝鮮は、核実験を確実に開始し、最近の2年間でミサイルプログラムの爆発的な進歩の満足すべき結果を得たようである。アメリカのエキスパートは、米国西海岸おそらく全土に北朝鮮が脅威を与えることに加速していると警告している。


ジョージ・W・ブッシュ大統領の政権で勤務し現在はワシントンの戦略および国際関係研究のセンターにいる北朝鮮エキスパート、ビクター・チャは、「これは交渉をのための叫び声ではない」。「これは、米国および他の国々を抑止する現実の核機能を阻止するための賢明な真剣な努力である」と語った。

チャ氏によれば、ワシントン、ソウル、および東京からの通常の対応つまり制裁の別のラウンドは、前のラウンドの制裁以上の北の行動の変更に成功することはありそうにない、という。これは、オバマ氏の後継者は、オバマ氏が2009年にとりくみ始めたよりずっと進歩した核とミサイルプログラムに立ち向かうことを意味している。

金曜日のステートメントで、オバマ氏は北の核実験を非難し、それは「前例がない弾道ミサイル発射のキャンペーンに続けてなされており、北朝鮮が示しているのは、運搬手段が米国および同盟国を標的にするのに役立つことを意図している、というものである」と語った。

「はっきりさせておく。米国は、決して北朝鮮を核保有国と認めない」と、彼は言った。

北朝鮮を扱った多くのエキスパートが、米国にはそうする他はない、と言っている。

北朝鮮との間で1994年核危機の時期のビル・クリントン大統領の下の国防長官ウィリアム・ペリーは、コネチカットのケントのプレゼンテーションで、8月、「核兵器の問題はもう遅すぎる。つまり後戻りできそうにない。現在の唯一の選択は、ミサイルプログラムを制限することに焦点をあてるべきだ」と主張した。


しかし、その最近のこころみ、つまり、韓国に高度なミサイル防衛システムを配備する米国と韓国の間の協定が、中国を憤激させた。そのシステムが中国の核兵器に向けられると主張する。アメリカ当局は否定するが、 問題は、ワシントンと北京を厳しく分断し、現在、北朝鮮に対処する共同戦略に達するのをかえって難しくしている。


中国は、米国のミサイル配備への不満を激しくぶちまけたので、キム氏は、金曜日の核実験で、中国を怒らせるのを抑えられると判断したかもしれない。

この見方は、今週初めに北朝鮮代表が北京を訪問したという報道で強化される。


以前の国務省役員、および北朝鮮専門家のエヴァンス・ J・R・レヴェレっは,金曜日にソウルのスピーチで、「北朝鮮は中国が反応して何かするリスクが極めて低い、核兵器とミサイル能力増強加速のチャンスと、捉えているにちがいない」と、語った。


中国と米国との不調関係は、先週のオバマ氏と習近平大統領の会談で明らかになった。オバマ氏は、高度なミサイル防御プロジェクトとして知られる超高高度エリア防御システムに言及し、「もし、サードを心配しているなら、それは防衛策以外の目的を全然持たず、米国と中国の間の戦略的なバランスを変更しないので、中国は、ピョンヤンの行動を変更するために、私達と共により効果的に作業する必要がある」と、語ったという。、「

しかし、オバマ氏は、制裁は大きな効果を得るのに失敗していることを指摘した。それは、主として中国人が、北朝鮮の経済を生き残らせるように、大きな抜け穴を開けているからである。いくつかの算定によれば、ここ 数年でどの時期より高い貿易高を果たしている。


国連安全保障理事会は、緊急事態対策会議において、金曜日夕方、北朝鮮に新しい制裁を加える決議を直ちに起草すると、9月安保理議長ニュージーランドの大使ジェラード・バン・ベーマンが記者団に語った。


最近のある論文で、2人の研究者が、 制裁はこれまでに 「北挑戦の武器プログラムのための調達能力を改善する現実的な効果があった」と結論した。ハーバードのジョン・パークとM.I.T.のジム・ウォルシュの二人の研究者によれば、制裁を回避するために、北朝鮮の国営の貿易企業は、中国にオフィスを開き、より有能な中国中間業者をやとい、より洗練されたブローカーを雇用するために高給を支払っていると、いう。

チャ氏は次のように指摘する。制裁は「苦痛を与えるので、政権が交渉テーブルに戻ると想定されているが、明らかにそうなっていない。また、制裁は、国家体制を崩壊させ飢餓に追い込むとされるが、それもそうならない」


「中国が望むことではないが、中国がすべてを切断しないかぎり、制裁はたとえ政治的に正しく、必要な対応であるとしても、問題の解答にはならない」、と、彼は語った。


それは、オバマ氏後継者が直面する選択が限定されることをを意味している。1つのオプションは、すべての貿易を停止させることで、 北朝鮮と取引する銀行に申し入れ、世界中でドルの扱いから締め出すことである。これは昨年のイランとの核交渉の前の有効な戦術だった。しかし、それは中国側を怒らせ、たぶん、他の問題での協力が止まる。

同時に、すべての輸出入を妨害すると、すぐに全面的紛争にエスカレートし、それは、オバマ氏も、韓国、日本もそのリスクを負いたくない。

一方、ドナルド・J・トランプがそうしたいと示している交渉再開は、再び、北朝鮮に、金を払って、核の活動を凍結させるというもので、これは、すでにブッシュ政権とクリントン政権が数年前に北朝鮮の核プログラムを停止させるのに使ったことがある。


金曜日に、北朝鮮の核実験はアメリカ大統領キャンペーンの種になった。トランプ陣営は次のようなステートメントを出した。「北朝鮮の5番目の核実験は、ヒラリー・クリントンが国務長官になって以来4回目で、国務長官ヒラリー・クリントンの壊滅的な失敗のもう一つの例である」

クリントン陣営のステートメントは、彼女は、オバマ氏の制裁アプローチを支持し、「アメリカは、直面する脅威に堅実さと力強さ持ち立ち向かえる大統領を選ばなければならないということだ」とした。

核のプログラム問題は、キム氏の祖父、キム・イルソン、北朝鮮国の創立者にまでさかのぼる。彼は60年以上前、朝鮮戦争で姿を現した。米国はこの紛争で核兵器使用考え、これがキム・イルソン自身に自前の核を獲得すると決めさせた。


ミサイルプログラムもまた、長い履歴を持っている。大体は、通常兵器運搬用だった。しかし、二つは合体し、今や、北朝鮮は核弾頭を小型化し、軽量化し、十分宇宙に打ち上げ、大気へ再突入に耐えられる兵器の開発に取り組んでいる。

金曜日の核実験の爆発威力は、TNT10キロトンから12キロトンと見積もられ、1月に実施された北の最後の核実験の約2倍あったと、韓国国立気象庁のシニアの地震学者ヨー・ヤン・グ氏は語った。

そして、アサン研究所のシニアのアナリスト、チョウイ・カン氏によれば、北朝鮮の5番目の核実験が4番目ほんの8ヶ月後だったという事実は、核弾頭を弾道ミサイルに取り付けるための進歩が加速している別の徴候である、という 。北朝鮮は以前の核実験はそれぞれ3か年の間隔を要した。


北朝鮮の進歩は韓国と日本の隣人を恐慌に陥れ、2つの国家が防御のために米国に代金をもっと払うべきであるというトランプ氏の提案は助けにならなかった。

韓国と日本では、少数だが増加しつつある少数派が、米国を信頼する代わりに、北朝鮮に対抗するために核兵器開発を主張し始めた。


ソウルの南のセオンナムのセジョン研究所のシニアアナリスト、チェン・センチャン氏は、韓国の核兵器開発プログラムは、北朝鮮が核弾頭を米国本土に運搬する可能性がある長距離ミサイルの構築の努力をそらせることができると主張した。

「もし韓国が核兵器で自身を武装させるならば、北朝鮮は、遠いアメリカ核兵器ではなく、韓国の核兵器を自国の安全の直接の脅威とみなす」とチェン氏」は語った。

David E. Sanger reported from Geneva, Choe Sang-hun from Seoul, South Korea, and Jane Perlez from Beijing. Motoko Rich contributed reporting from Tokyo.

米紙核兵器関連記事一覧