社説 (Editorial)

肥大化核兵器予算(The Bloated Nuclear Weapons Budget)

Published: October 29, 2011, New York Times


冷戦終結の20年後に、米国はいまだに約2,500発の核兵器を配備し、さらにバックアップとして2,600発を保有している。オバマ政権は、共和党議員におもねって、すでに肥大している核研究施設・核兵器製造設備複合体の新鋭化を約束している。核兵器に関連する他のプログラムを全部あわせると、次の十年間に6000億ドル以上支出することになる。米国はこのような巨大な備蓄核兵器を維持する必要はない。議会が民生用の極めて重要な予算の大幅削減を考慮しているこの時機に、核兵器関連のこのような支出をするべきではない。

ロシアとの戦争は今や考えられない。通常兵器は日に日に強化されている。主な核兵器の脅威の対象は、イランと北朝鮮だけである。これらの国の核野心の封じ込めの確実性を得ようとするなら、米国自身が核兵器に対する依存を断ち切る必要がある。核兵器数の削減、不必要な新鋭化計画を白紙にもどし、核運搬システム更新計画の先送りまたは放棄により、何十億ドルも節約され、それは、世界をより安全にするのに役立つだろう。


オバマ大統領は、すでに合意している配備核兵器数削減および更なる削減を、必要とあらば一方的に加速し始めることもできる。2010年の新STARTで、ワシントンとモスクワは、2017年までに配備長距離核兵器を2,200発から1,550発まで削減すると誓約した。しかし、このままだと、両国とも、老朽化した核兵器生産設備および、潜水艦、航空機、ミサイルなどの運搬手段の更新、改良に今後数年間に核兵器関連支出を増加させるだろう。これは理解しがた。


グローバル・ゼロ・キャンペーンは、当面のステップとして、両国は、安全保障を危険に曝すことなく、配備核弾頭を、1,000発まで減らせると確信している。私たちはこれに賛同する。

オバマ大統領は、核兵器のない世界というゴールを唱えた。しかし彼は、さらに大幅な削減に向けてロシアと交渉する約束を、それほど前進させていない。

新START条約の批准を確保する工作で、オバマ氏は、強硬にがなりたてる共和党上院議員にあまりにも譲歩しすぎた。オバマ氏は、核兵器の維持と新鋭化のために、核研究所に10年間で850億ドル追加投資すると約束した。これには、廃棄するべき数千発の旧式核爆弾のオーバーホールの費用が含まれている。また、次の十年間に、核装備新鋭潜水艦、新爆撃機100機、新型地上発射大陸間弾道ミサイル、および他の2種類の新型ミサイルに1250億ドルを支出することを提案した。

ある軍高官は、核の3本足の1本を諦めるくらいの厳しい決定をせざるを得ないと認めている。7月に、当時は統合参謀本部の副司令官だった、ジェームズ・カートライト将軍は、今日の世界で適合する核兵器はいかに位置づけられるべきか、再検討するよう求めた。

全ての米国人が、この議論に加わる必要がある。もちろん、10年間にわたる1兆5000億ドルの赤字を減らす責任を負う、議会の「スーパー委員会」も、この議論をすべきである。核兵器予算を削減すのに有効方向を以下に示す:


¶核軍縮を支持する数少ない共和党員の一人、トム・コーバン上院議員は次のように提言している。配備戦略核弾頭を1,220発まで削減する、弾道ミサイル搭載潜水艦隊を14隻から11隻にまで削減する、大陸間弾道ミサイルを500発から300発にまで削減する。2020年代中期まで新型爆撃機の導入を遅らせることに賛成する。コーバン氏によれば、次の十年間の経費節減は少なくとも790億ドルになるという。
これは賢いスタートと言える。

¶ヨーロッパ配備のB61戦術核爆弾を新鋭化しない。米国がヨーロッパの戦場で核兵器を使用するとは、誰も想像すらできない。また、ワシントンは、脱弾頭するべくそれらを米国本土に戻すことについてNATOと交渉中である。ヨーロッパ人が政治的な理由でそれらを維持したいなら、費用を支払わせればいい。節減費用:16億ドル。

¶ロスアラモス国立研究所のプルトニウム新貯蔵施設の建設中止。費用は10倍に増加している。また、建設予定位置に関する重大な安全上の問題がある。断層に沿っており、活火山に近い。節減:29億ドル。

¶エネルギー省のサヴァナ川施設建設の中止。この施設は、廃棄核弾頭から取りだしたプルトニウムを原発用のMOX燃料として再利用することになっている。この燃料の唯一の顧客が、契約解除を申し入れた。節減:40億ドル。

¶テネシー州オークリッジのウラニウム処理施設の中止。政府を監視するための超党派プロジェクトによれば、別の設備を1億ドルかけて改良すれば同じ作業が可能であるという。節減:60億ドル。

¶米国核兵器用の400トンの高度濃縮ウランを希釈し、原子力発電所へ燃料として売却する。核弾頭の寿命を延ばすプログラムに投資している反面、政府は、この原発用燃料計画を無視している。収入:230億ドル。

米国は当分の間、若干の核兵器保有を必要とするだろう。また、その核兵器の安全性と信頼性が保証されなければならない。しかし、核兵器製造施設への支出は合理的で、国家安全保障の目標に一致してなければならない。成り行きで進めたり、政治により駆動されてはならない。

米紙核兵器関連記事一覧