イランの核武装は第3次世界大戦をまねく、ブッシュ発言(Nuclear-Armed Iran Risks World War, Bush Says)

By SHERYL GAY STOLBERG
Published: October 18, 2007, The New York Times

ワシントン、10月17日:ブッシュ大統領は水曜日にイランに対し厳しい警告を発し、イランが核兵器を獲得するなら、「第3時世界大戦」をまねくかもしれない」と発言した。

ブッシュ氏はホワイトハウスの記者会見で、イラン大統領マフムード・アーマドネジャドの「イスラエルはすぐ消える」という発言に関して、「イスラエルを破壊したいと発表したリーダーを目のあたりにしている」と語った。ブッシュ氏は、人々に次のように伝えたのだと話した。「もし、第3次世界大戦を回避することに関心があるなら、イランが核兵器製造に必要な知識を持つことを防ぐことに関心をもつべきだ」

ブッシュ氏は、過去に、核武装しているイランを決して「許容しない」と言った。 しかし、水曜日のコメントは、中東米軍最高指揮官を退任したジョン・P・アビザイ将軍による先月のコメントを受け入れないというサインでもあった。 「核イランと共存する方法がある」と、元司令官は発言した。

ブッシュ氏は、経済制裁を含むイランに対する圧力戦術は、イラン人に新たなリーダーを見つけるよう強制するのが目的だと、記者会見で言いたかったのだ、という。

「ユーノウ、全体の戦略はこうだよ。イランのリーダーたち、または責任ある人たちが、ある時点で、孤立に疲れ、‘これはそんな価値があるのか'と言うかもしれない。イラン政府に圧力をかける努力を続ける価値があると思うのさ」とブッシュ氏は語った。

彼はさらに次のように付け加えた。「私の意図は、世界を結集し、何時の日か、誰か他の人物が現れて、孤立政策は意味がないと言うのを期待して、イランを孤立化させる続けるのだというシグナルを送ることにある」

ブッシュ大統領は、ロシア大統領が、今週、イランを訪問し、米国に武力行使を避けるように警告したことに関する質問に答えたのだった。 プーチン氏はイラン訪問の前に、モスクワで、イランが核兵器を入手しようとした「証拠はない」と語った。

ブッシュ氏は、彼とプーチン氏は、イランの核脅威に関しては意見が一致していると主張した。

「私たちは多くの問題で同意しないが、いくつかの点では同意している:イランはその一つだ; 核拡散についてもそうだ」

プーチン氏がアーマドネジャド氏と並んでいる写真が新聞に載った日に、ブッシュ氏は所見を述べた。 ブッシュ氏は、その写真が、二人が同意したことを反映したものだという考えを否定した。「一般に、指導者は、互いににらみ合っている写真を撮られるのは好まないものだ」

プーチン氏を正視し、「心中を察した」という、ブッシュ氏のコメントは、しばしば話題になるが、彼ははそれをきちんと示してはいない。 彼は、水曜日にプーチン氏による民主化の約束に疑問を呈したときでさえ、自身の個人外交の名声を守ろうとした。

ロシア憲法によって、プーチン氏は来年辞任することになるが、首相になって権力を保とうとするかもしれない。 ブッシュ氏は、オーストラリアでの最近の会議で、プーチンの計画を尋ねたという。ブッシュ氏は語った。

「ユーノウ。後継者が誰で、どうするつもりかを聞きだすつもりだったのさ。彼はずるくて、手の内を見せなかったよ」

米紙核兵器関連記事一覧