米国が直面する脅威 CIA長官の上院証言

ブライアン・ノールトン、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン 2004年2月24日

 CIA長官、ジョージ・J・テネットは、2001年9月11日にハイジャックされた飛行機のうちの1機を操縦したと考えられるテロ容疑者に関する情報を1999年にドイツから入手したにもかかわらず、CIAがこれを「握りつぶしたのではない」と2月24日証言した。

 上院情報特別委員会のヒアリングにおいて、テネット氏は、ニューヨークタイムズの記事についての質問に答えた。その記事とは、1999年3月にドイツの情報当局が、CIAに、容疑者マーワン・アルシェーヒの名前とアラブ首長国連邦の電話番号を通告し、彼を追跡してくれるように依頼したという内容であった。シェーヒ氏は世界貿易センターの南塔に突っ込んだ旅客機を操縦したとその後に推定されている。

 米情報機関によるイラク戦争前の分析能力が厳密に検証されている時期だけに、タイムズは次のように述べた。「ドイツの情報に対するCIAの反応は特に重要だ。何故なら米国の機関が陰謀の中心であったドイツのアルカイダ細胞に浸透する絶好の機会だったこもしれないからである。」

 質問をした、ジョージア州選出上院議員、共和党員のサクスビー・チャンブリスに対し、テネット氏は、一つの秘密資料と一つの公開資料を示し、タイムズの記事のシェーヒ氏に関する情報は情報委員会のメンバーのように、情報資料に接近できる人々なら既によく分かっているはずだと暗示し、そっけない回答をした。

 「1999年に、ドイツ人は私たちにマーワンという名前と電話番号を教えたが、それだけだった」と、彼は証言した。「私たちは握りつぶしたのでなく、9・11の後まで、姓名は知らされなかった。」

 テネット氏は、非公開の情報委員会ならこの問題についてより詳細に討論できると言明した。

 {ドイツ内務大臣オットー・シリーの話をロイター通信の記者は次のように伝えている。1999年にはドイツの情報当局は、マーワンが近々に起こる攻撃にリンクしているとは考えていなかった。その時期にはそんなコネクションなど考えたこともなかった。シェーヒの名前は通常の情報交換のデータの一部として渡しただけだった。}

 テネット氏はさらに、グローバルテロリズムに対する効果的な抑圧、およびイラクとアフガニスタンにおける確かな改善があるにもかかわらず、米国の利益は、1年前よりひどくはないとしても、同等に悩ましく危険である、と警告した。

 また、米国内標的に対する「破滅的な兵器」による攻撃の危険が依然として存在すると、テネット氏は証言した。

 テネット氏の観測は、海外で情報活動に従事する、米連邦捜査局FBIのロバート・S・ミュラー三世Iおよび国防情報局の海軍中将ローウェル・ジャコビーの二人の政府職員によって支持された。彼らはヒアリングの間テネット氏の両側に座っていた。

 米国情報局および同盟国は”ぞっとするような”陰謀を摘発したと、テネット氏は言った。

 「航空機を用いる陰謀だけでも、パイロットを徴募し、東南アジア、中東およびヨーロッパの新保安対策の目を逃れる新しい計画を摘発した。9・11の規模の破滅的な攻撃行動は、まだ、アルカイダの手の届くところにある」 と、テネット氏は言明した。

 「間違えないようにしてください。これらの陰謀は外国で準備されてる。しかし、それらは米国本土および同盟国を標的にしているのです」と彼は付け加えた。

 テネット氏は、それらの陰謀に関する詳細を公表しなかった。

 すべての重要な作戦で、アルカイダの指導部を崩壊させるための攻撃を展開したと彼は力説した。

 「われわれはアルカイダの中に大きな亀裂を作り出し、安全な隠れがを奪い、ウサマ・ビン・ラディンを地下深く潜伏させている。」

 しかし、アルカイダは世界中で、似たような心情の人々に息を吹き込んでいる。アルカイダの過激原理に感染した世界的な運動が恐怖のニューウェーブを形成する、と付け加えた。

 より広範囲のスンニ派の過激主義的心情がうずまくなかでウサマ・ビン・ラディンの反米思想は着実に成長する。アルカイダ起源の破壊行動専門知識の普及は、アルカイダの残存の有無にかかわらず、近未来の脅威であり続ける、とテネットは証言した。

 ミュラーF.B.I.ディレクターは、アルカイダが、無警告で、米国内で攻撃する力量、海外の米国人に打撃を与える能力を保持していることを、認めた。

 彼は、「アルカイダは、世界貿易センターの場合と同じように、成功するまで、標的を狙う。そのような目標の中には、ホワイトハウスおよび国会議事堂も含まれる。」と警告した。

 アルカイダは米国中に幹部を配置しており、多くが資金調達または新人募集に従事している一方、別の一部は作戦を練っている、とミューラーは言った。

 テネットはまた、アルカイダの力量が低下しても、他の過激派グループがテロリスト脅威の次の波を作るだろうと、言明した。これらは、ザルカウィ・ネットワーク、イラクのアンサ・アルイスラム・ネットワーク、リビアのイスラム・ファイティング・グループおよびウズベキスタン・イスラム運動などである。

 テネット氏は特に、毒物攻撃の危険性が高いこと指摘し、アルカイダによる炭素病菌プログラムが最も差し迫った脅威だと語った。

 イラク情勢について、テネット氏は、米軍あるいは同盟軍に対する攻撃はやや沈静化し、昨年8月の水準になった、と報告した。サダム・フセインの逮捕が打撃になり、バース残党の末端を戦線離脱させたが、中核部隊、党官僚、軍情報部、公安幹部などはまだ攻撃を計画、実行している。

 さらに、次のように発言した。
 イラク人を、クルド人、スンニ派イスラム教徒、シーア派イスラム教徒の3つのグループに単純に分類したことも、米国の目指す世俗民主主義への反対を誇張するのも、誤りであった。たとえば、高位のシーア派聖職者、大アヤトラのアリ・シスタン師は自由な選挙を賞賛し、「コーランには、イラン・スタイルの神権政治を明確に否定している」と言明した。また、サダム・フセインの支持基盤であったイラク中部のスンニ派の中でさえ、スンニ派アラブ人が、同盟軍と共同し地域リーダーシップの役割を引き受け始めた。
 さらにイランの核プログラムの不明確さを認めた。

 イランは、電力生産用に低濃度濃縮ウランプログラムを持っていたと言うが、「電力生産用低濃度濃縮ウランと兵器用の高濃度濃縮ウランの違いは、技術的な問題ではなく、時間および意図の差異だけである、と証言した。情報当局が、「このレッドラインを超えたかどうかを確信をもって判定する」のは困難だ、とテネット氏は言った。

 最近のイラン総選挙で、熱心な改革派候補が除外され、政府主導の改革への重大打撃であり、今後の広範囲の弾圧に重大な懸念をもっている。

 フランスやドイツのようなイラク戦争への政治姿勢が違う国々との間で情報活動上の協力に障害が出たかという質問に、テネット、ミュラー両氏は、ノーと答えた。テネット氏は、例えばフランスとの間で、目覚しい国際的協力があったと主張した。

 ジャコビー提督(国防情報局長官)は、イスラム教世界の米国の同盟国との継続的な安定性に懸念があることを証言した。

 「イスラムとアラブの人々の米国の政策への反感はますます増大している。重要な指導者が失われるようなことがあれば、政府の米軍および同盟軍の作戦への支援が急速に後退することになる。」例として、アルカイダに対する米軍の攻撃を支援したパキスタンの指導者、ムシャラフ大統領が、最近2回も暗殺されかかったことを示した。

ジャコビーは付け加えた。

「イスラム世界における引き続く貧困と、若者の人口増加が結合すれば、今後数年間、テロリズムの脅威に曝されるのは確実である。」

C.I.A. Chief Reports to Senate on Threats Facing U.S.

By BRIAN KNOWLTON, International Herald Tribune

Published: February 24, 2004

WASHINGTON, Feb. 24 ― The C.I.A. director, George J. Tenet, said today that his agency "didn't sit on our hands" after it received information from Germany in 1999 about a terror suspect who is now believed to have piloted one of the hijacked planes on Sept. 11, 2001.

During a hearing before the Senate Select Committee on Intelligence, Mr. Tenet was asked about a report in The New York Times today that in March 1999 German intelligence officials gave the Central Intelligence Agency the United Arab Emirates phone number and first name of the suspect, Marwan al-Shehhi and asked the Americans to track him. Mr. Shehhi is thought to have later piloted the plane that crashed into the south tower of the World Trade Center.

At a time when American intelligence has been under close scrutiny over its prewar analyses of the situation in Iraq, The Times said the C.I.A.'s action in regard to the German information "is considered particularly significant because it may have represented a missed opportunity for American officials to penetrate the Qaeda terror cell in Germany that was at the heart of the plot."

Mr. Tenet tersely referred his questioner, Senator Saxby Chambliss, Republican of Georgia, to references in one classified and one unclassified report, implying that the information about Mr. Shehhi in the Times's report should already have been familiar to people acquainted with American intelligence data, like the members of the committee.

"In 1999, the Germans gave us a name, Marwan, and a phone number, and that's it," he said. "We didn't sit on our hands. They didn't give us a first and a last name until after 9/11."

Mr. Tenet said he would discuss the issue in more detail in closed session with the Intelligence Committee.

[The German interior minister, Otto Schily, said today that it would be wrong to think that German intelligence officials had any idea in 1999 that "Marwan" was linked to any upcoming attack, and that "at that time, we had no idea" of any such connection. Mr. Shehhi's name was passed to the Americans as part of "routine" data exchanges, he said, according to a Reuters reporter who spoke with Mr. Schily.]

Mr. Tenet also warned that despite important inroads against global terrorism and significant progress in Iraq and Afghanistan, the world remained "equally, if not more, complicated and fraught with dangers for American interests" than it was a year ago.

And, he said, there remains a danger of attacks on American targets with "catastrophic weapons."

Mr. Tenet's assessment was seconded by two other officials who oversee agencies involved in intelligence, Robert S. Mueller III of the Federal Bureau of Investigation and Vice Admiral Lowell Jacoby of the Defense Intelligence Agency. They sat on either side of Mr. Tenet at the hearing.

American intelligence agencies and their foreign allies have unearthed plots, Mr. Tenet said, that are "chilling."

"On aircraft plots alone, we have uncovered new plans to recruit pilots and to evade new security measures in Southeast Asia, the Middle East and Europe," Mr. Tenet said. "Even catastrophic attacks on the scale of 9/11 remain within Al Qaeda's reach."

"Make no mistake," he added, "these plots are hatched abroad, but they target U.S. soil and that of our allies."

Mr. Tenet did not elaborate or offer details about those plots.

He said that the United States had done much to dismantle the top leadership of Al Qaeda, with attacks on "every significant operational area."

"We are creating large and growing gaps in Al Qaeda's hierarchy," Mr. Tenet asserted, depriving it of safe havens and sending Osama bin Laden "deeper underground."

But he also said that Al Qaeda had also inspired like-minded militants around the world ― "a global movement infected by Al Qaeda's radical agenda" ― who would form a new wave of terror.

"The steady growth of Osama bin Laden's anti-U.S. sentiment through the wider Sunni extremist movement, and the broad dissemination of Al Qaeda's destructive expertise, ensure that a serious threat will remain for the foreseeable future ― with or without Al Qaeda," Mr. Tenet said.

Mr. Mueller, the F.B.I. director, agreed that Al Qaeda retained the ability to "strike in the United States and to strike United States citizens abroad with little or no warning."

He warned of strong indications that "Al Qaeda will revisit missed targets until they succeed, such as they did with the World Trade Center."

Among such targets, he said, were the White House and the Capitol.

Al Qaeda retains a cadre of supporters across the United States, Mr. Mueller said, and while many are engaged in fund-raising or recruitment, others apparently are planning operations.

As Al Qaeda's capabilities wane, Mr. Tenet said, other extremist groups will become "the next wave of terrorist threat." These, he said, include the Zarqawi network, the Ansar al-Islam network in Iraq, the Libyan Islamic Fighting Group and the Islamic Movement of Uzbekistan.

Mr. Tenet reported a particularly "heightened risk of poison attacks"; he said a Qaeda program to produce anthrax was "one of the most immediate" terror threats.

On Iraq, Mr. Tenet said that attacks on American and coalition forces had dropped from its peak in November to a level about that recorded last August. The capture of Saddam Hussein "was a psychological blow that took some of the less committed Baathists out of the fight, but hard-core regime elements, Baath Party officials, military intelligence and security officers are still organizing and carrying out attacks."

Mr. Tenet said that it was a mistake to oversimplify the Iraqi people as composed of three clear-cut groups ― the Kurds and Sunni and Shiite Muslims or to exaggerate their opposition to the American goal of a largely secular democracy. For example, Grand Ayatollah Ali al-Sistani, an important Shiite cleric, had praised free elections and shown "in our reading, a clear-cut opposition to theocracy, Iranian-style," Mr. Tenet said.

And even among the Sunnis of central Iraq, a hotbed of past support for Saddam Hussein, "Sunni Arabs have begun to engage the coalition and assume local leadership roles," Mr. Tenet said.

Mr. Tenet also admitted to uncertainty about the Iranian nuclear program.

Iran said it had a low-enriched uranium program purely to support nuclear energy generation. But "the difference between producing low-enriched uranium and weapons-capable high-enriched uranium is only a matter of time and intent, not technology," the C.I.A. chief said.

Mr. Tenet said it would be difficult for intelligence officials to "confidently assess whether this red line has been crossed."

Mr. Tenet expressed serious concern that the recent elections in Iran ― in which large numbers of reform-minded candidates were excluded from running ― signaled a "serious blow" to government-led reform. "Greater repression is the likely result," he said.

Asked whether political differences over the Iraq war with countries like France and Germany had hurt intelligence cooperation, Mr. Tenet and and Mr. Mueller both said it had not. Mr. Tenet said that with the French, for example, there had been "excellent cooperation across the board."

Admiral Jacoby, the D.I.A. chief, said he was concerned about the continued stability of American allies in the Islamic world.

"Islamic and Arab populations are increasingly opposed to U.S. policies," he said. "The loss of a key leader could quickly change government support for U.S. and coalition operations." As an example, he cited the two recent assassination attempts on Pakistan's leader, President Pervez Musharraf, who has aided the United States in its effort against Al Qaeda in the region.

Continued poverty in much of the Islamic world, and rising numbers of young people, Admiral Jacoby added, combine to "virtually assure a terrorist threat for years to come."

米紙核兵器関連記事一覧