核拡散に向かう死の奔流(The deadly current toward nuclear arms)

By James Carroll , March 15, 2010, Boston Globe.

ナイアガラの滝を心に描いてみよう。 流れが巨大な滝になって自らを叩きつける。砕け散る奔流を目に浮かべよう。上流約100ヤードに、たった一人で泳いでいる人物がいる。絶壁の方に流されまいと、必死で奔流に逆らっている。 その泳者こそオバマ大統領。そして、奔流は世界である。ナイアガラの滝は、野放しになる核兵器の脅威だ。

ヘンリー・ジェイムズは、第一次世界大戦に突入する有様を語るのに、ナイアガラのイメージを使った。「わわれわれを根こそぎ運び去る大波」。 ハンナ・アレントは、20世紀の戦争を、「歴史のナイアガラ瀑布」の出来事と、定義した。 戦争についてのかけがえのない評論「征服されざる世界」の構成を示すのに、ジョナサン・シェルは、ナイアガラの比喩を使った。

しかし、今、そのイメージは、軍事戦略の専門家が、来るべき核拡散の瀑布を警告する言葉として登場することになった。つまり、もし現核保有国が奔流を逆行させる方途を見つけられないなら、一国また一国と、核兵器の死の深淵に突っ込んでいくというのだ。主な責任は、世界の核兵器の大多数を保有する、ロシアと米国にある。しかし、オバマ大統領はプラハで、「私は明確に、自信を持って、次のことを言明する。米国は、核兵器のない世界における平和と安全保障の追及を誓約する」 と語り、その挑戦の主役として、自ら進んでその身を投じたのだ。

今や、ナイアガラの奔流が彼を流し去ろうとしている。ここでは、この泳者を駆り立てているいくつかのランドマークを示してみよう。

■米ロ協定。 12月に期限が切れとなるSTARTに替わる核兵器削減協定のジュネーブ交渉団は、なかなか合意できない。ロシアの要求(例えばミサイル防衛問題)に直面し、同時に、米国上院共和党の反論(例えばミサイル防衛問題)が予期されるので、オバマは、針の穴に糸を通すような有様だ。警告:上院が1999年に包括的核実験禁止条約を拒絶したことで、ビル・クリントンは屈辱的敗北を喫した。 共和党が新START条約を拒絶することで与えられる打撃に比べれば、健康法案に対する彼らの抵抗は、些細なことである

■核態勢見直し。現時点の核の必要性に関する政権の判断を、議会に提示することが義務付けられている、そのレポートである。 これも提出期限が過ぎている。 たぶんホワイトハウスが、多くの問題で、国防総省に反対し、巻き返しているためだろう。 核兵器は抑止だけのためか?米国は先制使用を放棄するか?オバマはブッシュの新型核兵器製造計画を中止しているが、更なる研究開発を許可するのか? どの国家が潜在的核脅威として指名されるか? 警告: 1994年の核態勢見直し報告は、クリントンの米国国防総省に対するウォータールー的敗北であった。 それは当時の冷戦状態を容認し、今日に至るまで、重大な核兵器削減を消滅させてきた。

■一般には気づかれていないが、広い意味の米国防衛姿勢が、外国を核武装に向かわせる基本的動機になっている。 現在の米国国防総省予算は、2010-2017年で、5兆ドルであり、これまでのいかなる他国をも陵駕しており、配備する通常兵器軍事能力は、超優勢である。その潜在的攻撃力に、外国が単独で対抗しようとするなら、核の選択を余儀なくされる。これは新しい事態だ。

■4月に世界の首脳たちによる核サミットがワシントンで開かれる。しかし、核保有国も非核保有国も、米国-ロシア協定とその批准の見通し、および、(米国の)核態勢見直し報告に、基準を合わせるだろう。 警告:米国のミサイル防衛網が中国の進路に潜在的照準を合わせていると、中国が看做せば、新核軍備競争開始である。

■核拡散防止条約の調印国は、5月にニューヨークで、8回目の定期的再検討会議を開催する。オバマが、すでに宣言した企図を実際に展開し始めているかどうかが、肝心かなめの議論対象となるだろう。何故なら、核兵器から手を引いた諸国家は、核保有国が着実に核廃絶に向かうという条件で、そのことに同意しているからである。オバマがそうしないとなれば、瀑布へ突入だ

実のところ、ナイアガラに向かう奔流は押しとどめようがない。 したがって、核保有7カ国に止まらず17カ国に、結局は70カ国へと進むのか。 いや、そんな予測は信用できない。ここでいう瀑布と は、あくまで比喩であって事実ではない。 オバマは、その種の運命論を戒めている。プラハで、「一つの恐るべき事態がある。核兵器の拡散は不可避だと信じ込むことによって、とりもなをさず、核兵器の使用が不可避だと、認めることになってしまうのだ」。 したがって、あの(ナイアガラ瀑布の)比喩を拒否しよう。 オバマは孤独な泳者などではなく、人類すべての叫びなのだ。 核の未来に、定められた運命などない。 それについて、新たな決定を下すために、たった今、人間すべてによる選択がなされようとしている。

James Carroll is a frequent contributor to the Globe.
Copyright 2010 The New York Times Company

米紙核兵器関連記事一覧