イランを警戒:核の威力を指向するライバルたち(Eye on Iran, Rivals Pursuing Nuclear Power)

By WILLIAM J. BROAD and DAVID E. SANGER
Published: April 15, 2007 New York Times

2年前、サウジアラビアのリーダーたちは原子力監視委員に、王国に原子力開発の必要はないと言い切っていた。 今日、彼らは、原子炉建設業者を雇い、核設備を買い求め、原子力システムへの地域的支持をとりつけるのに、躍起となっている。

同じように、トルコも最初の原発の準備をしている。 エジプトは地中海海岸の原発建設計画を発表した。 最近、この領域全体で、およそ1ダースの諸国が、それぞれの核開発計画を始めるため、援助を求めてウィーンのIAEAに出向いた。 原子力への関心が世界的に高まっているとはいえ、中東ではそれは異常に強い。

「基準が変わったのですよ」と、ヨルダンのアブドラ国王二世が、最近、イスラエルの新聞、ハーレツに語った。 「誰でも核開発計画を志向しています」

中東諸国は、原子力エネルギーを求めているだと主張する。 それだけの国もあるかもしれない。 しかし、米国政府と民間アナリストは、この加熱ぶりには、核武装イランの脅威に対抗する意図でもあるのだと、言う。

原理的に見て、原子力の基本的な技術は、発電だけでなく、ちょっと努力すれば弾頭を作ることができる。このことは、この数十年間に、いくつかの国が表面的には民生用のプログラムを核爆弾材料の製造に方向転換したことで示されている。 アナリストによれば、イランを警戒する隣人たちは、自分たちも同じことをするつもりだと言う。

「イランの核武装の一つの危険性は、他国を同じ方向にそそのかすことだ」と、ロンドンの武装分析グループ、国際戦略研究所主任研究員、マーク・フィッツパトリックは語った。「この地域のどこかの原子力開発は、他国の懸念の種になるのです」

ほとんど世界の半分の石油備蓄を保有するペルシャ湾のアラブ諸国が、高いコストと義務を負担して、何故、危なっかしい形態のエネルギーを保有したがるのかについて、一部のアナリストは疑問を呈する。これに対し、各国は、石油の枯渇に備える、将来への投資だと答える。

しかし、シーア派イランがこの地域で次第に優勢になるにつれ、スンニ派諸国は他の動機に傾いていく。 中東をよびその周辺の21の政府によるアラブ諸国首脳会議で、事務局はこの3月に、原子技術を志向するイランは、「この地域の深刻かつ破滅的な核軍備競争」の開始を招く、と警告した。

ワシントンの高官たちは、イランに対する圧力を強める状況をつくるのに好都合だと、このような動向を歓迎している。 ブッシュ大統領は「スンニ派爆弾」への恐れと、中東唯一の核武装スンニ派国家、パキスタンに、諸国が援助を求めて傾斜することへの、個人的な懸念を、中東専門家に打ち明けた。

たとえそうだとしても、その懸念は注意深く対処すれば軽減できる。 木曜日のインタビューで、政府高官は次のように述べた。最近の声明は、「両者がこのゲームをプレイできるこというシグナルをイランに送る努力の明確な一部である」そして「この地域のイラン以外の核開発計画では、再処理や濃縮の話は出ていない。再処理や濃縮だけがわれわれが最高に懸念していることなのだ」と付け加えた。

中東は以前にも、地域的核武装競争の兆候をみせたことがある。 イスラエルが40年前に最初に核兵器を保有した後、数カ国が核武装への道を進もうとした。 しかし、多くのアナリストによれば、現在、イランの原子力問題における非協調的態度が、スンニ派勢力を刺激し、本気でイランに追随して同じような危険回避の選択に走らせ、それを1バレル65ドルのオイルでまかなおうとしている、という。

ワシントンの政策研究所の一つ、ニクソン・センターの中東専門家、ジェフリー・ケンプは次のように語った。「今や憂慮すべき事態です。イランもまた懸念する必要があるでしょう。この地域の覇権を握ろうというのは愚かな考えです。通常兵器軍備増強の深刻な対抗措置が採られるのは確かで、それには、核の選択もありえるのです」

ウラニウムとともに原子爆弾の核に使われるプルトニウムを、使用済み燃料から抽出できる原子炉を保有するアラブ国家は存在しない。その一方、いくつかのアラブ国家は民生用原子力研究に取り組んでいる。

アナリストは、核開発競争の連鎖反応は、不可避的なわけではないと、指摘する。 中東諸国は、イランが本気で高価な核開発プログラムに突き進む以前に、テヘラン政権が国連安全保障理事会との間で核をめぐりどのような折り合いをつけるのか注目している、という。

たとえ中東諸国が原子力を獲得しても、政治同盟と軍縮協定によって、各国が核弾頭を保有する方向への最後の一線を越えるのを、押しとどめられるかもしれない。 多くの国が結局は、核保有のコストとリスクは、利益を上回ると判断するもしれない。韓国、台湾、南アフリカ、リビアは、かなりの核武装計画投資をした後でそのような判断を下した。

しかし、多くの外交官とアナリストによれば、スンニ派のアラブ諸国政府は、イランの核開発の前進を懸念しているので、不本意ながらもイランに対する米国の軍事攻撃を支持しさえするのだという。

ドバイの民間団体、ガルフ・リサーチ・センターの国際関係研究部長のクリスチャン・コッホによれば、「もし、イランの核爆弾と米国の軍事攻撃のいずれかの選択を迫られるなら、湾岸アラブ諸国は、大人しく、米国を支持せざるを得ない」という

数十年前に、この地域で最初の核騒動を引き起こしたのは、イスラエルの核武装志向であった。メリーランド大学のシニアー・フェローで、「イスラエルの核兵器(Israel and the Bomb)」の著者、アブナー・コーエンによれば、何人かのイスラエルの指導者さえ、「対抗措置への懸念に言及」せざるを得なかった、という。

エジプトが最初に反応した。 イスラエルが原子炉作動を公表した後の1960年に、カイロは、核兵器を入手すると脅迫し、自前の原子炉を持とうとした。 技術的および政治的なあがきを何年も続けた後に、結局そのプランは中止となった。

次にイラクが続いた。 しかし、技術者が、炉心への燃料インストール計画の数日前、1981年6月に、イスラエルのジェット戦闘機が原子炉を爆撃した。 この爆撃によって、イラクがどの程度核兵器に接近していたか、世界的な論争が始まった。また、このことによって、当時イラクと戦闘状態だったイランが、秘密理に対抗計画をはじめることになった。

後に亡命した元イラン国防省の核アドバイザー、アリレザ・アサールの証言によれば、彼も出席した1987年の秘密会議で、イスラム革命防衛隊の最高司令官が、イランが勝利するために必要なあらゆる手段をとらねばならない、と発言したという。アサール博士は、「核爆弾を組立てる手段を含むすべての技術的要求を満たす必要がある」という司令官の発言を記憶している。

つまるところ、イランが核計画を2003年に公表する前に、すでに18年間、秘密の努力を重ねてきた。情報機関と核専門家は現在、イランがウランベースの核兵器を作る手段を獲得するまでに2年から10年の位置にあると推測している。イランは、ウラン濃縮作業は完全に平和的な原子炉燃料用だと主張している。

IAEAの査察官は、イランの名目民生用核プログラムと軍事用プログラムとの結びつきの証拠を発見した。これには現在もまだ説明がなされていない。そこで、IAEAの懸念が深まった。この軍事プログラムには、高性能爆薬、ミサイル、および弾頭の研究を含んでいた。 その組み合わせはまさに軍事核計画の領域である、と2006年に検査官は指摘した。

このような発表がある以前は、中東諸国からほとんど原子力開発に関するIEAEの会議に出席する国はなかった。 現在、およそ1ダースの諸国が出席し、原子力計画を作成している。

これらの新たに原子力に関心を示す国家は、バーレーン、エジプト、ヨルダン、クウェート、オーマン、カタール、サウジアラビア、シリア、トルコ、イエメン、およびUAE, アブダビ、アジマン、ドバイ、アルフジャラー、ラスアルカイマー、シャルジャー、ウムアルカイワインの7首長国である。

「彼らは一般に、電力導入のために必要な措置を要求している」と、I.A.E.A.ウィーン本部の原子力技師、R・イアン・フェイサーは語った。I.A.E.A.は原子力エネルギーの基礎を指導。 引き換えに、各国は、その民生用プログラムがいかなる軍事転用もなされないことを保証する査察を受けなければならない。

原子力に方向転換して以来、サウジアラビアは原子力志向の先導をする。 最近、最初に砂漠王国を訪問するロシア元首となったウラジミール・ V・ プーチン大統領を招待した。プーチンは2月にサウジアラビアを訪問し、かなりの核開発援助を提供した。

外交関係者とアナリストによれば、サウジアラビアが、リヤドに拠点を置く湾岸協議会の中で原子力推進先導の役割を果たしている、という。 この会議には、サウジアラビアの他に、バーレーン、クウェート、オーマン、カタール、およびワシントンの盟友のUAEが加盟している。これら加盟国はペルシャ湾西岸にまたがっており、世界の石油のおよそ45パーセントを支配している。

昨年の暮れに同協議会は、原子力プログラムを始めると発表した。 関係担当官は、2009年までに発進すると語った。

サウジアラビア外務大臣、サウド・アルファイサル王子は、協議会の目標として、「われわれは公明正大に開発を進める。核爆弾は望まない。われわれが欲しているのは、大量破壊兵器のない全中東である」と語った。アラブ側は、イスラエルとイランの核開発計画のことも指しているのだ。

2月に、協議会とI.A.E.A.は、湾岸アラブ諸国の原子力プランを共同で取り組むことに合意した。 協議会の事務総長、ラーマン・イブン・ハマド・アルアチヤは、3月、I.A.E.A.は技術専門知識を提供し、協議会は核計画を促進するためにコンサルティング会社を選定すると、記者団に語った。

既に、サウジアラビアの担当官がウィーンを、I.A.E.A.職員がサウジアラビアの首都リヤドを、定期的に訪問している。I.A.E.A.事務総長 モハメド・エルバラダイは、最近、協議会のエネルギープランについて、「当然の権利です」と語り、実行するのには最長15年かかるかもしれないと推定した。

イラク以外のあらゆる湾岸諸国が原子力への関心を示している。 これに比較すると、南米諸国の15パーセント、アフリカ諸国の20パーセントしか核に関心を示していない。

中東のこの例外的な関心の高さの一つの要因は、ペルシャ湾岸諸国には手段があるということだ。端的に言えば、 大きい実用原始炉には、通常、最大40億ドルの費用がかかる。 湾岸協力会議の6つの諸国は、1兆ドル以上の非核プロジェクトに投資していると見積もられている。

もう一つの別の要因はイランである。 イランのいくつかの海岸は海越しに見通せるが、この海は、アラブ人はアラブ湾と呼び、イラン人はペルシャ湾と呼ぶのである。

ガルフ・リサーチ・センターのアナリスト、ニコル・ストラッケによれば、協議会は「核兵器で武装した攻撃的な隣人の、あるかもしれない脅威に対抗する自前の地域的イニシアチブ」を欲しているという。また、協議会メンバーは、「イランに後れを取ることはできないと感じている」と付け足した。

同様の核技術推進はトルコでも進行中である。トルコでは、長い間くすぶっていた原子力計画に火がついた。 昨年、エルドアン首相は、3基の原発を欲すると声明した。「できるだけ早く、原子力の利益を得たいと思います」と、彼は言った。 トルコは、黒海の港、シノップの近くに最初の原子炉を建設するべく、今年工事を始める計画である。

また、エジプトも前進している。 アレキサンドリアの西60マイルのエルダッバの原発計画を発表した。「われわれは真空から出発するわけではない」と、ホズニ・ムバラク大統領は与党国民民主党の年次大会で発言した。 この発言は、カイロの数十年間の原子力研究をふまえていると考えられる。

元軍縮と国際安全保障担当国務次官で、現在ブッシュ政権の核拡散防止公使のロバート・ジョゼフは、今年の初めにエジプトを訪問した。 この会談の報告をした担当官によれば、電力省の官僚から、エジプトは原子炉燃料の信頼できる供給が得られると確信すれば、費用のかかる自前核燃料製造への投資を望むことはないと言明した。核燃料製造こそ、イランの原爆製造問題で専門家が懸念する企画なのだ。

エジプトの安全保障に責任を持つ他の複数の高官は、さらに、イランが核兵器保有を達成する努力に成功した場合のこの地域の核増殖の可能性について指摘した。

核武装競争の可能性について、ジョゼ氏はこう語った。「それは、どれだけ現実性があるかわかりません。しかしとにかく、将来のエネルギー需要と環境保全目標を達成するために、核拡散の危険性を抑制するやり方で、今後の原子力増強を具体化するのはわれわれの緊急課題です」

米紙核兵器関連記事一覧