The Wall Street Journal
OPINION
JANUARY 19, 2010, 7:09 P.M. ET

如何にして核抑止力を守るか(How to Protect Our Nuclear Deterrent)

核兵器数の削減に伴い、核兵器信頼性の維持が必要である。

By GEORGE P. SHULTZ, WILLIAM J. PERRY, HENRY A. KISSINGER, AND SAM NUNN

核兵器への依存を低減するための世界的な努力を支援し、核兵器が邪悪な者どもの手に渡る危険を防止し、究極的には、核兵器が世界の脅威となることを終わらせるために、われわれ4名は、他の多くの人々と共に、共同してきた。われわれがそうしたのは、明確な、険悪な(核の)状況の展開を、認識したからに他ならない。

核兵器、核のノウハウ、および核物質の加速する拡散は、われわれを、限界点に導いた。われわれは、 人類が発明した最も邪悪な兵器が、危険な者の手に渡る、極めて現実的な可能性と向き合っている。

われわれは、核武器を削減する努力をし、核兵器のない世界というビジョンを思い描いているが、同時に、われわれは、自身たちの(核)兵器の安全性、保安体制、および信頼性を維持する必要性を認識している。核兵器は、勝手に起爆しないよう に安全であり、 権限のない集団が使用できないように保安管理され、 そして、外国が核兵器を保持しているかぎりは、(核)抑止力を確保し続けられるだけの信頼性がなければならない。 これらの課題のいずれかの欠陥により起こりうる極端な結末に鑑み、それらの必要性を認識するのは、厳粛な責任である。

過去15年間、これらのタスクは、国立核兵器生産工場、および、3つの国立研究所(カリフォルニア州のローレンス・リバーモア、ニューメキシコ州のロスアラモス、ニューメキシコ州とカリフォルニア州のサンディア)の技術者と科学者によって、首尾よく実施されてきた。 明晰な人々のチームが、強力で高性能の装備を使用し、備蓄核兵器が必要とされる高水準の規格を維持することを検証する手段を作成した。 この検証プログラムが1995年に開始されて以来、これらの科学者の努力により、エネルギー省長官および国防長官は、毎年、米国保有核兵器の安全性、保安管理、および信頼を確認することが可能であった。

特に、3つの研究所は、既存の(核)兵器の寿命を伸ばす任務を達成したことで賞賛されるべきである。 彼らの業績は、核爆発の科学的理解における重要な進歩を生み出し、地下核爆発実験の必要性を取り除いた。

しかし、潜在的な課題が残されている。ペリー元国防長官とジェームズ・R・.シュレジンガーが率いた戦略姿勢委員会(Strategic Posture Commission )が指摘した課題である。 この委員会は、昨年、議会にレポートを提出し、3つの国立研究所に対し、核兵器の修理、新鋭化のインフラストラクチャとリソースへの十分な予算措置を求めた。

これらの投資は、米国の核抑止力を重要視し、強化する、科学、技術、および工学プログラムの研究所予算が過去5年間に急激に削減されたことによる深刻な結果を復元するのに、緊急に必要である。 合衆国は、米国の備蓄核兵器を維持するのに必要な、傑出した科学者、エンジニアー、デザイナー、および技術者を見いだし、育成し、確保し続けなければならない。それは、国家安全保障が必要とする期間、いかに巨額であっても必要なのだ。

この科学的力量は、同時に、核兵器のない世界を達成し、維持するという長期目標にとっても重要である。つまり、 検証、検知、防止および強制力行使が要求されるが、それらに随伴する専門的技術に不可欠なのである。

安全で、安心でき、信頼性高い備蓄核兵器を維持するためのわれわれの提言は、エネルギー省国家核安全保障指導機関によって検討され、最近完成した技術的研究の調査結果と一致している。 この研究は、必要な機密情報に完全にアクセスできる上級科学者の国防アドバイザーの独立集団であるJASONによってなされた。

JASONの研究は次のように報告した。「現存の核兵器弾頭の寿命は、最新の延命プログラム( Life Extension Programs )と類似のアプローチを用いて、信頼性低減の予測なしに、数十年延長できる」 しかし、また、JASON科学者たちは次のような懸念を表明した。「備蓄核兵器の寿命を伸ばすためのすべてのオプションは、核兵器計画に特化した科学的、技術的、工学的能力の継続的確保と更新に依存する。この専門的力量が、プログラムの安定性の欠落、目的の重要性認識の欠如、作業環境の劣化によって、危機的状況にある」

これらの問題は、それらのプログラムに対する適切で安定した資金提供によって、対処しなければならない。米国の備蓄核兵器の高い信頼性を維持することは、 核兵器数の削減に対応して、決定的に重要である。 それは、核拡散防止、リスク低減、および核兵器削減などの目標に向けた米国のリーダーシップに一致するものであり、必要でもある。

必要な長期的資金提供を維持することによって、米国はまた、地球規模での核の脅威を低減するのに決定的に必要な数歩を踏み出すための技術的力量への確信と信頼性を高められる。これらのステップは、核拡散を防止し、核兵器または核兵器転用可能物質が危険な者の手に入るのを防ぐことも含んでいる。

米国が、これらの危険性回避に成功しようとするなら、国際協力の強化は決定的に重要である。 米国がそれらの国際協力を構築する努力をするにあたって、米国の友好国と同盟国、および敵性国家も、核の競技場( arena)での米国の振る舞いに注目するだろう。国家のこの防衛方式の準備万端は、他のすべての事項に優先すると思われる( Providing for this nation's defense will always take precedence over all other priorities.)。

現行の(核兵器)保安管理戦略からの離脱は、そうすることが、安全で有効な核抑止力を維持するのに不可欠である場合にのみ、なされるべきである。 しかし、われわれの同僚ビル・ペリーは、彼の米国戦略姿勢報告(America's Strategic Posture report)の序文で、次のように指摘した。米国は「 2つの並列した経路を進むべきだ。つまり、一つは、米国の核抑止力を維持することによって核の脅威を低減する経路、および、他の一つは、核兵器削減と核拡散防止の国際プログラムによって核兵器の脅威の低減である」

今日の核拡散と核テロの脅威を考えれば、これらは互いに排他的な命題ではない。 祖国の安全保障のために、わえわれは両方に成功しなければならない。

米国の備蓄核兵器に関する懸念以上に、われわれは、地球上いたる所のすべての核兵器の、偶発的爆発、または、テロリストか他の非権限保有者による起爆を防ぐ保安安全管理を確保することに、強い関心を有する。米国は、米国自身の国家安全保障に対応している安全および保安管理の概念と技術を他の核保有国が共有することを目指し、対話する努力をすべきである。

Mr. Shultz was secretary of state from 1982 to 1989. Mr. Perry was secretary of defense from 1994 to 1997. Mr. Kissinger was secretary of state from 1973 to 1977. Mr. Nunn is former chairman of the Senate Armed Services Committee.
Copyright 2009 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved

米紙核兵器関連記事一覧