社説 (Editorial)
悪しき交渉(A Bad Deal)

Published: September 9, 2008, NewYork Times

ブッシュ大統領は外交政策の多くの目標を達成していないが、先週末に、彼が本当に望んでいたものを、まだ獲得できることを示した。 ブッシュ政権は、インドとのでたらめな(ill-conceived )核取引の国際的承認を、強引に、無理やり、もぎとった。

核取引のルール作りをする45ケ国の原子力供給国グループの今回の決定は、インド政府が核爆弾製造のために民生用核計画を利用してから30年以上経過して以来初めて、世界が、インドに核燃料と核技術を販売しえるというものだ。

ブッシュ氏と彼の補佐官達は、インドは重要な民主主義国家でであると主張する。そして、これまでの規則を破ることによって、イランその他に、核兵器開発野心の放棄を迫る圧力を、一層に困難にするという警告を無視した。

ホワイトハウスは、今や、議会を言いくるめ、早急にこの協定の調印を強引に迫るだろう。 議会はその圧力に抵抗するべきである。

この核協定は始めから悪いアイディアであった。 ブッシュ氏と彼のチームは、店ざらしになったこの外交政策の成功を渇望していた。 彼らは、インドの核爆弾製造原料の生産中止の約束を全く取りつけなかった。核兵器備蓄拡大停止の誓約もない。 核実験再開放棄の誓約もない。

ブッシュ政権と、インドに高額で雇われたロビイストたちは、2006年に、予備的認可を与えるよう下院を説得した。 しかし下院は、インドが別の核兵器実験をすれば全ての核取引を停止することを含む2,3の条件をつけることを主張した。

そのことは、原子力供給国グループに、より寛大な諸条件を認めさせようとするホワイトハウスを止めることにならなかった。ニュージーランドその他の敏感な諸国が、下院と同様の制限を課そうとすると、ブッシュ政権は、すべての外交的自制をかなぐり捨てた。 (当局の誇らしげな報告によれば、コンドリーザ・ライス国務長官が、インドへの規制の放棄を要求して、少なくとも2ダースの世界中の政府に圧力をかける電話をした、という)

インドが、核実験の自発的禁止を守ると申し出たので、供給国グループは承認を与えた。しかし、インドがその誓約を破ったとしても、供給国のどのメンバーにも取引中止は求められない。

それは、インドが核実験をしても、アメリカの核供給機関を迂回して、他のうるさくない国の売り手から、核燃料と核技術を購入し続けられることを意味する。 この点について明確にしておこう。 アメリカ国内法に記載されたものより寛大なルールを供給国グループから引き出し、そのことによって、アメリカの企業を不利にさせたのは、ブッシュ政権なのである。

そして、また、つぎのことも明確にしておこう。米国議会による制限は、この危険な取引による被害を限定し、核兵器拡散を抑制するという、米国の言い分に残された、いくらかの断片的信頼性を維持するための、分別ある努力であったのだ。

少なくとも、1月に新議会が開会するまで、議員はこの取引の審議を中止すべきである。 そして、議員は、最小限、米国国内法に記載されている制限が厳密に遵守されるべきだと主張しなければならない。

次期大統領は、世界中で強まる核兵器への欲求に対処するために、はるかに優れた力量を発揮しなければならないだろう。 そして、それのためには、彼が体現しえるあらゆる道徳的権威と手段を必要とするにちがいない。

米紙核兵器関連記事一覧