社説(Editorial)

イランの核兵器指向(Iran’s Nuclear Quest)

Published: August 27, 2012 , New York Times

イランは、フォルドウ(Fordow)という地下深いサイトで、数百の遠心分離機を追加インストールしたようである。それにより、20パーセント濃縮ウラニウム生産能力の向上を加速させる。この濃縮によりこれまでより速やかに核弾頭用の燃料に変換することができる。

これは懸念すべきニュースである。しかし、オバマ政権は、イスラエルおよびその支持者による軍事行動に向けた圧力が強まっているにもかかわらず、まだまだ、外交的解決を探る「時間と余地」が残されている、と冷静に言明している。

イランの継続的な活動は、国連安全保障理事会による濃縮禁止要求に抵触する。しかし、ある政府官僚が語ったように、それで「一線を踏み越えた(ゲーム・チェンジャー)」わけではない。遠心分離機の追加設置の露見は、IAEA(国際原子力機関)による報告から容易に予想されたものだ。イラン政府の核兵器指向は、イスラエルおよび中東地域にとって危険なことは明白である。しかし、米国政権は、イランは核兵器を製造する寸前にまでは達してはおらず、そのポイントに到着する前に、国連の査察官が警告を提供するだろう、と主張している。

ワシントンの慎重な言明は、適切である。特に、ベンヤミン・ネタニヤフ、イスラエルの首相の、事態は切迫しつつあるという、過熱したステートメントに対応して発言されたのは、適切であった。ベンヤミン・ネタニヤフは、イランと米国よび他の大国との間で交渉するという考えに共感したことはない。推測されるところでは、直ちにイランに対する(軍事)行動をとることについて、大統領選挙の前に、オバマ大統領の合意をとりつけるための狡猾な手段として、ネタニヤフは、警告発言をエウカレートさせているようだ。

このような攻撃は、事態を悪化させるに違いない。連続空爆作戦で、イランの核計画を後戻りさせても、最大でも数年に過ぎないだろう。さらに、武力行使に関する会談は、イラン問題について米国とイスラエルが肩を組むことを妨げ、むしろ互いの論争に焦点をずらすことになるだろう。

最近強化されたた制裁措置および数回の交渉が、ポジティブな結果を生んでいないことは残念である。何らかの効果が期待されるなら、世界は制裁を強化し、イランを孤立させるよう団結する必要があるだろう。その意味で、今週の非同盟諸国のテヘランの会議は大きな打撃であった。本当に平和を追求する国家は、この会議をボイコットするべきだった。そうならずに、120カ国が、首脳をふくむ高官を送り込んだ。

そのいくつかは、、ペルシャワ湾岸諸国のように、疑いもなく二股をかけている。彼ら、核武装イランを懸念して、数十億ドルの米国製兵器を購入している。最悪なことに、潘基文国連事務総長が、イランが6年間も安全保障理事会の決議を無視しているのに、会議への出席を決めたことだ。この会議は、イラン政府に、自分たち犠牲者だと宣伝する絶好の機会を与え、その核計画を擁護するのに絶好の宣伝の場となった。だが、イランの核計画は擁護不可能だ。

米紙核兵器関連記事一覧