イランの標的(Iran's Sitting Duck)

By MICHAEL LEVI
Published: April 18, 2006 NewYork Times

米国がイランに対して戦術核兵器を使用する検討に入ったというレポートについて多くの論議がなされている。軍事行動が賢明かどうかを別にしても、非軍事的オプションについては強烈な論争があるが、一つだけ明確なことがある:核オプションは無意味である。

論議の対象の焦点はナタンツである。ナタンツでは、公式には原子力のためだが、核爆弾製造にも役立つウラン濃縮施設を建設中である。これらの施設は地中に埋設されているので、多くの人が核兵器でなければ破壊できないと結論を下している。

この結論は間違っている。 一般に、作戦計画立案者が、地下目標に対する核兵器の使用を考える場合は、3つのたがいにからみ合っている理由が存在する:目標の位置が不確実、通常兵器が無力なほどの深さに対する懸念、攻撃目標をほとんど瞬時に破壊する必要、である。これらのいずれもイランの場合にはあてはまらない。

地下研究施設が山中にくり抜かれているか、または迷路のようなトンネル・システムが構成されているなら、位置はよく分からないかもしれない。その場合は、作戦計画立案者は、1996年にリビアのタルヒュナの化学兵器施設を戦術核で攻撃することを考えたように、破壊を確実にするには、核兵器による広範囲爆破以外に手がないと主張するかもしれない。

しかし、ナタンツの地下施設の正確な位置はよく知られており、それらは露天掘りで建設されており、コンクリート、岩石、および表土で覆われる以前に、米国の衛星で観測されている。そして、これまでイランがウラン濃縮を行なったとわれわれが確認した唯一の建物は地上にある。ナタンツを爆撃するなら、目標位置は誰にでもわかる。

2番目の懸念は、地下施設が地中深く埋設されており、通常兵器では処理できないことである。 しかし、ナタンツの施設は、天井が地下およそ30フィートであり、通常兵器到達不可能ではない。米国のGBU-28兵器、いわゆるバンカーバスターは、およそ23フィートのコンクリートと100フィートの土を貫通する。ナタンツ施設の上の被覆がほぼ完全に岩石でなければ、バンカーバスターはそれに到達可能である。それでも、一発の攻撃では成功しないこともありえる。

そこで、第3の要素が問われる。核兵器の支持者は、普通は、時間が重要な意味を持つシナリオでの効果を重視して使用を計画する:敵がまさに合衆国攻撃を開始しようとしており、直ちにそれを止める唯一の方法は核兵器使用により一撃で敵基地を排除する。

これは一般論として弱い。そして、それはイランの場合は明らかに悪質(unsound)である。ナタンツはそんな差し迫った脅威を引き起こさない。最悪の予測でも数年後にイランが核爆弾のために十分な材料を作り出すかもしれないが、現在われわれを危険にさらすいかなる兵器も懸念する必要はない。 もし必要なら、米国は繰り返し爆撃し、地下施設に達するまで穴をうがつことが可能である。 何日かかったとしても、核攻撃によるのと全く同じ程度に決定的にイランの核開発プログラムを遅らせるだろう。

結局、核オプションはほとんど無意味であり、それをもてあそぶと核拡散に対する米国の姿勢を貶めることになる。 核兵器をテーブルから全面的に排除することが、核爆弾に対するタブーを強化し、核増殖に反対するアメリカの行動をより効果的にするだろう。

マイケル・レヴィは、Council on Foreign Relations のフェローで、"The Future of Arms Control"の共同執筆者。

米紙核兵器関連記事一覧