社説
テロリストに核兵器を渡さない

  編集主幹委員会  2916年3月27日、ニューヨークタイムズ


ベルギー、その他の最近のテロリストの攻撃で、もし彼らが核兵器、または、核物質を普通の爆弾と組み合わせた原始的な「汚い爆弾、ダーティボム」を持っていたら壊滅な事態だったろう。この種の兵器へのテロリストのアクセスを防止する国際的な努力は、近年重要な進歩がされたけれども、まだ、先に は長い道のりがある。


2010年にオバマ大統領により始められた核セキュリティサミットは、核兵器使用可能な核物質の安全確保と、それらを除去するよう各国政府に勧告してこ の問題に対処することを目標にしている。4回目のミーティングは、木曜日に、ワシントンで50人を超える世界的リーダーが参集して始まる。この中には中国 の習近平主席も含まれると予想されるが、ロシアのプーチン大統領は参加しない。


最近6年間で、このミーティングは、14の国と台湾を説得し、核兵器使用可能なプルトニウムおよび高濃縮ウラニウムを放棄させた。フランス、ロシア、お よび米国を含む他の12カ国が、核物質の貯蔵を低減した。多くの国が、核関連施設の安全確保を強化し、核の盗難防止協力体制を強化した。核の検出機器は、300を超える国境、空港、および港湾に設置された。



しかし、核物質の安全確保強化の必要性が急務になっているにも関わらず進歩はのろい。たとえば、テロリストグループは、核兵器テクノロジーを狙っている懸念がある。前上院議員で、非営利的な活動グループ核脅威イニシアチブのサム・ナン共同議長によると、24の国で、1,800トンを超える核物質が窃盗 に対して脆弱な状態で貯蔵され続けているという。核兵器ではなく原子力計画をの安全確保を保証する法的、常備安全確保フレームワークがないまま、核エネルぎー計画を追及する国が増えている、と彼は語った。

軍事専門家は、多くの官僚は核のテロは重大な脅威だお思っていないと言うかもしれない。たとえテロリストが核兵器を獲得する確率が低くても、その潜 在的な結果が破壊的であるという事実をにより、サミット参加者は精力的に、核物質の安全確保の穴を埋めるべきである。


核の脅威に注意の焦点を合わせる別の努力は、強烈ではないが、それでも重大である。数十年前に米国により67回の核実験が行われたマーシャル群島が、 ハーグの国際司法裁判所に、核保有国がNPTおよび国際法一般で求められている核軍縮に向かう姿勢を示していない、という訴訟を起こした。


この訴訟は、最初、NPT加盟の米国、ロシア、フランス、中国、および英国および未加盟のインド、パキスタン、イスラエル、および北朝鮮を含む核武 装9カ国すべてに対して起こされた、しかし、英国、インドおよびパキスタンは、法廷の裁判権を認め、訴訟に応ずる姿勢である。国際司法裁判所は今年末 に訴訟を進行させられるかどうか決定することが期待される。裁判所が核保有国に核武装放棄させられると誰も期待していないが、判決は核保有国を抑制 するプレッシャーになりえるだろう。

冷戦終結以来、米国とロシアは、それらの核兵器保有量を激減させたが、モスクワはさらなる交渉を拒否し、両国は、高価な新しい新鋭核兵器プログラムを追求している。インド、パキスタン、および北朝鮮は、それぞれ核兵器計画を拡張している。全体に、核兵器備蓄および核武装資材はふたたび増加しそうである。このような懸念される傾向は是正されるべきである。
ニュース見出し
米紙核兵器関連記事一覧