米国のリーダーシップの欠如が核軍縮を阻害している(Lack of U.S. Leadership Slows Nuclear Disarmament, Report Says)

By WARREN HOGE
Published: June 2, 2006, NewYork Times

国連、6月1日発

ハンス・ブリクス元主任国連兵器査察官が、木曜日に、米国が国際軍縮協議に協力的でないことが核兵器制限の努力を阻害していると、語った。

ブリクス氏は、彼が核軍縮の停滞と呼んでいる事態を終わらせるためには、米国政府の行動が不可欠だとして、次のように述べた。「米国政府が(核軍縮を)主導するなら、世界はそれに従うだろう。米国がリードしないなら、多くの核実験と新しい核軍拡が出現するおそれがある」

ブリクス氏は、米国のイラク侵略直後2003年に兵器査察官のポストを去った。彼は、スウェーデンの援助による国際委員会の225ページのレポートの序論で、この意見を述べた。このレポートは木曜日にコフィ・アナン事務総長に送付された。

ブリクス氏が議長になり、1ダース以上の国のメンバーのこの委員会は、核軍縮のための60の提案をしている。

次のように結論している。条約ベースの核軍縮を停滞させているのは、「国際機構と国際手段に対する米国の増大する否定的態度と、兵器と運搬手段の世界的な絶対的優位性を保持するための行動の自由の欲求」である。

77歳になるブリクス氏は、1981年から1997年まで国際原子力機関事務局長だったスウェーデン人憲法学者で、彼がイラクで国連査察団主任であった3年間に、非通常兵器を見つけなかったといって、ブッシュ政権がこきおろした人物である。

レポートによれば、個別行動の増加と国際協力の低下とが直結しているという。 「過去10年間、核軍縮と拡散防止の意欲と指向に深刻で危険な欠如が認められる。条約作成と協定遵守は停滞し、核増殖のニューウェーブの脅威が生まれ、一方的な強制行動が喧伝されるようになった」

委員会は、すべての国家が包括的核実験禁止条約に調印し、批准することを求め、核保有国に対しては、核兵器を削減し、さらなる核兵器生産のためのプルトニウムと高濃縮ウランの生産を中止するよう呼びかけた。

米国は、核実験禁止条約を批准していないし、2002年に、1972年のABM条約から離脱した。

ブリクス氏は次のように述べている。「条約違反に対して、ほとんどの国家は、既存の条約と国際機構を強化しようとする反応を示すのに、米国だけが唯一の軍事超大国として、対策として自身の武力への依存を強める姿勢を示す」

その1つの結果として、「核兵器保有国が、核軍縮の責任を真剣に果たそうとはしなくなる」と、彼は述べた。

委員会によれば、世界には27,000 の核兵器が存在しそのうち12,000 が配備されている、という。

より精巧な新しい核兵器を開発し、それらを宇宙に配備することで、核兵器数が上昇しすることをブリクス氏は懸念する。 彼は、また、合衆国が計画するミサイル防衛計画がロシアと中国に対抗措置を取らせることを恐れている。

生物化学兵器でなされたような方法で核兵器が禁止されるべきであると、委員会は言う。報告書は、次つぎのように指摘する。「大量破壊兵器の開発はなくならない。しかし、生物化学兵器が既にあったにもかかわらず、それらを禁止し、使用が考慮されなくなったように、核兵器も非合法化できるはずだ」

核拡散防止条約の未来について1年前の国連再検討会議の不調と、昨年秋の国連首脳会議で、非通常兵器への言及に失敗し、アナン氏が「恥辱だ」だと語った事態は、二大警鐘だと、報告書は判断した。

報告書はまた、核兵器の誤発射のリスクを取り除くために、核兵器の非常警戒態勢の解除をすべきで、核兵器先制不使用を誓約するよう呼びかけた。

また、非通常兵器地帯の宣言を求めたが、 「特に中東地域で最も緊急である」と述べている。

米紙核兵器関連記事一覧