新型核弾頭,リバモア研究所のデザインに決定(New Design for Warhead Is Awarded to Livermore)

By WILLIAM J. BROAD
Published: March 3, 2007、 NewYork Times

ブッシュ政権は、昨日、今後約20年間の新たな核兵器を設計する競争の勝者を発表した。その後直ちに、この新型核兵器が製造されても、ロシア、中国に対して脅威とならないことを保証すると、取り繕った

ブッシュ大統領が、生産認可に踏み切り、議会が同意すれば、この核兵器研究は、今後数10年間ですべてのアメリカの核弾頭を新型弾頭に取り替えるという、長期の、高額な支出をともなう道程を進むことになるかもしれない。

最初に、高信頼性交換用核兵器(Reliable Replacement Weapon)に取り替えられるのは、潜水艦に装備されている核弾頭W-76であろう。

当局関係者によれば、カリフォルニアのローレンス・リバモア国立研究所は、以前にテストされた部品を基礎に交換用核弾頭を設計したので、新核兵器を配備する前の地下核実験は不必要だと、政府が主張できるのだという。

その一方、リバモアのデザインは、長年のライバルであるニューメキシコ、ロスアラモス研究所の斬新なアプローチ原案からも技術的な寄与を受けることになるだろう、と当局関係者は語った。

リバモア研究所単独のデザインを採用するという驚きの選択は、リバモアとロスアラモスの両方のデザインの要素を結合することになるという、1月に報告された仮の決定を破棄するものだった。この2ヶ月間の論争には、政府内外の核専門家が、ハイブリッドアプローチは、通常のやり方ではなく、技術的に危険だと批判し、"Frankenbomb"と呼ぶものさえいたという、内幕があった。

政府関係者によれば、リバモアのデザインが勝ったのは、第一に、主な部品が数十年前にネバダ砂漠地下実験で実験済みなので、米国が調印したが批准していない核実験禁止条約に適合しやすいからだという。

エネルギー省の国家核安全保障担当長官代理(acting administrator of the National Nuclear Security Administration at the Energy Department)、トーマス・P・ダゴスチーノ は、リバモアのデザインは「最も保守的なアプローチ」であると、筆者に語った。

政府当局者によれば、議員たちが、核実験が必要になると考えるのを懸念して、W-76弾頭の交換を管理する海軍の高官たちが、ハイブリッド案を拒絶したのだという。

研究の推進方向の発表は1月前半に予定されていたが、遅れた。最後になって、海軍が、科学的作業の財政管理よよびその分割を懸念したからだと、当局者は語った。

高額支出が見込まれるこの計画の将来は不確実で、多くの批判を受けることになるだろう。批判する意見は、核兵器装備に新型核弾頭は不要で、世界的な核軍拡競争の潜在的刺激になると主張する。

「これは問題をはらむ計画です」と、ワシントンのグループ、Arms Control Association の事務局長 ダリル・G・キンボールは言う。「これら核兵器を増加するのではなく削減するのが急務です。この計画は、中国、ロシア、その他に、核装備を改良する姿勢を固めさせるでしょう」

反対を表明した議員の一人は、カリフォルニア選出民主党上院議員ダイアン・ファインスタインである。

ファインスティン夫人は、次のように語った。 「私が心配なのは、より高性能の核弾頭を既存の艦隊に配備した途端に、本質的には新しい核兵器(時代)を作ることになるからです。そして、他の国が同じことをするのは時間の問題です」

ハイブリッドアプローチを批判する意見は、それが技術的な目的によるのではなく、核兵器研究所の存続を優先させた政治的妥協の産物である点を非難した。指導的な核兵器設計者が、異なる研究所の異なる設計を融合させるのは重大なリスクを招くと、公然と語ったのは、珍しい動きであった。

ロスアラモス研究所の設計チームの主任、ジョン・ペディチーニは、先月、公開ブログで次のように述べた。「委員会に管理された、経験不足の人員によるハイブリッドデザインは、最良のアプローチではない」

リバモアデザインには「私たちの設計より優れた特徴があり、われわれのものが採用されたら、彼らのデザインを取り入れるつもりだ。それをハイブリッドと呼ぶなら、その結果でも良い」と、ペディチーニは語っている。

目標は、老朽化している核弾頭備蓄を、頑丈で、より信頼性の高い、偶発爆発事故および盗難から安全性の高い、次世代の兵器に交換することである。

この交換は、現在の核兵器備蓄と同じ威力およびその他の軍事的特性を持続すると、当局の関係者は語る。新しい核兵器は、アメリカの核の拡大を意味しないと、政府高官がロシアに主張するポイントである。

ファインスティン夫人は、新型核兵器の必要性を疑問視する批判的意見に導く資料として、プルトニウム爆弾の寿命は少なくとも85年だという、昨年12月のレポートを指摘した。

David E. Sanger contributed reporting.

米紙核兵器関連記事一覧