社説(Editorial)

新思考と旧兵器(New Think and Old Weapons)

Published: February 27, 2010 New York Times

ホワイトハウスは4年毎に、「核態勢再検討」を発表する。 時代錯誤のようにみえるかもしれないが、 そうではない。 合衆国とロシアはまだ2万発以上の核兵器を保有し、そして、イラン、北朝鮮、その他が、核の食欲を、あからさまに示している世界では、合衆国の核兵器に関する言明は、かぎりなく、重要である。

議会に向けたオバマ統領のレビューは12月になされるはずだった。 それが、一部は政権内論争のため、遅れている。大統領はそのことを活かす必要がある。 つまり、イラン、北朝鮮その他の核拡散主導者たちに圧力をかけつつ、最終的には、冷戦思想に決別し、アメリカの信頼度を高める好機なのである。

オバマ氏は、既に、核兵器のない世界のビジョンを、名演説で公約した。 しかし、彼の何人かのアドバイザー、特に米国国防総省のアドバイザーたちが、彼の大胆な指向に抵抗しているのではないかと、われわれは懸念していいる。 オバマ大統領は、昨年のプラハのキャンペーンと国連のスピーチで明確に語った思考に忠実である必要がある。

再検討が取り上げるべきいくつかの重要な問題がある。

目的(THEIR PURPOSE) 現在の理念では、核兵器は、合衆国とその同盟国を防衛する「決定的役割(critical role)」を担うとされている。 そして、それらは(米国の核兵器)は、核兵器だけでなく、化学兵器、生物兵器、もしくは通常兵器で攻撃してくる敵に対しも使用する可能性を残している。 オバマ大統領の補佐官たちは、核兵器の「基本(primary)」目的は、合衆国かその同盟国に対する核攻撃の抑止に変更するよう提案した。 それでは、米国政府が、非核標的に対する攻撃に核戦力を使用し、その意義を認めるのかどうか、疑問として残る。

アメリカの通常戦力軍事優位性を考えれば、広い範囲の使用は、現実的でなく、また必要ではない。 他国には彼ら自身の核兵器を開発するどんな戦略的理由もないと、米国が主張する場合、いかなるあいまいさも、米国政府の信頼性を損ねることになる。 アメリカの核戦力の唯一の目的は、わが国か、その同盟国に対する核攻撃の抑止でなければならない。

何発 (HOW MANY) ジョージ・W・ ブッシュ大統領は、兵器の制限を旧思想だと軽蔑し、2002年以来ワシントンとモスクワは兵器削減条約に調印していない。 オバマ大統領は、米、ロ両者が、それぞれ2,200から1,500と1,675の間の個数の配備核弾頭数まで削減する、新しい協定の協議を開始した。 会談は長引いているが、間もなく合意する望みがある。 双方ともホームランを打つべきである。

再検討では、次のステップとして、合衆国は、1000発まで配備核弾頭を低減する用意があることを明確にすべきである。軍事専門家によれば、すでに敵国ではないロシアの核軍事施設を消し去るのには、その半数で十分だという。中国は、核兵器備蓄を増加させている唯一の主要核保有国だが、100から200発の核弾頭を保有すると推定される。現在交渉中の条約は、合衆国とロシアがバックアップとして保有する核弾頭、いわゆる保険予備(hedge)弾頭、全部でおよそ1万5000発に関しては、触れていない。 そして、安全保安管理が十分な米国の500発の短距離核兵器、および、盗難に対しぞっとするほど脆弱な、ロシアの3,000発以上の短距離核弾頭も、全く取り上げていない。

莫大な数量の保険予備(hedge)弾頭は全く不必要で、戦術核兵器は、戦略的価値が皆無なことを、これらを削減する前触れとして、再検討は明確にすべきだ。われわれの知るかぎり、戦場で核弾頭を爆発させることを想定した将軍は一人もいなかった。 今日の最大の核の脅威は、テロリストが核兵器を盗むか、または組立てることだ。それに対抗する最善策は、核拡散阻止、核備蓄と核兵器資材の低減、その安全保安管理である。

新型核兵器 (NEW WEAPONS) 合衆国が最後の新核弾頭を開発製造したのは1989年であった。 ジョージ・ W・ ブッシュ大統領の補佐官たちは、新設計と新能力の新型核兵器の組立てを求め。そこで、北朝鮮とイランに対する核開発計画停止を要求したとたんに、わが国は、偽善とダブルスタンダードの汚名を着せられることになった。

オバマ氏は、わが国には新型核兵器を必要としないと言明した。 しかし、備蓄核兵器を維持するためのオプションとして、新型核兵器のデザインを含む研究をするよう、研究室に指示することによって、再検討が、新型核兵器へのドアを開けることを、われわれは懸念している。 政府には、備蓄核兵器の安全性、信頼性確保のための、強力で高額な財政支出システムがある。 オバマ氏は既に莫大な研究室予算を計上した。再検討は、新型核兵器が全く不必要なことを明確にすべきである。

警戒態勢 (ALERT LEVELS) いまだに合衆国とロシアは、それぞれ、約1,000発の核兵器を、瞬時発射警戒態勢においている。 オバマ氏は、正しく、これを危険な冷戦遺物と断定した。再検討は、できるだけ多くのこの触発警戒態勢弾頭を解消することを公約し、ロシアも同じ措置を取ることを促すべきである。

4月に、オバマ氏は、テロリストからの核兵器資源保安管理の必要性に関する、非常に重要な、首脳会議を主催することになる。 5月に、米国政府は、核拡散防止条約を強化する国連主導の会議を支援するはずである。この条約は、核兵器の拡散を防止する基盤となり、長く頼りにされ草臥れてきた協定である。

また、オバマ大統領は、START後継条約を批准するよう、上院を説得しなければならないだろう。そして、包括的核実験禁止条約を批准するよう、速やかに上院に圧力をかけることを、われわれは望む。 また、彼は、同盟国と共に、北朝鮮との核会談を復活させ、より厳しい制裁をイランに課す方向に動いている。 これらすべてを前進させるのに、正しい核態勢再検討をなし遂げることが不可欠である。

米紙核兵器関連記事一覧