北朝鮮の最初の核実験 N. Korea Reports 1st Nuclear Arms Test

By DAVID E. SANGER
Published: October 9, 2006 NewYork Times

WASHINGTON

北朝鮮の核実験爆発は少なくとも3人の大統領がおかした20年以上にわたる外交的失敗の帰結である。 アメリカのスパイ衛星は、1980年代前半に北朝鮮がかなり大きな原子炉を建設するのを観測した。さらに、1990年代前半までに、CIAは、北朝鮮が1個か2個の核兵器を持てるだろうと推測した。 しかし、クリントン政権が調印した1994年の合意を含めて、核開発計画を「凍結させる」ための一切の外交努力は、双方の相互不信と悪意の応酬の中で、結局水泡に帰した。

3年前、まさにブッシュ大統領がアメリカ軍をイラクに侵攻させたとき、北朝鮮は、ニョンビョンの核施設に残留駐在していた2,3名の核査察官を追放し、彼らが封印管理していた8,000個の核燃料棒を移動した。 専門家によれば、それらの燃料棒は、5,6個の核兵器を生産するために十分なプルトニウムを含んいるという。北朝鮮が現在どれくらい備蓄しているかは不明である。

このところ、何人かの外交関係者は、北朝鮮はその不明瞭さを使って、西側との間で、核兵器開発能力と、北朝鮮体制の認知、安全保障、援助、および貿易関係とを取引きしようとしている、と推測してきた。しかし、この国でいまだに「偉大な指導者」と呼ばれている父の権威を引き継いだ「絶対権力者」のキムジョンイルは、彼が求めるものを獲得する最も確かな方法は、攻撃されるなら逆襲する能力があることを示すことであると結論を下したように見える。

北朝鮮の核開発能力の本当のところを判定するのは難しい。 北朝鮮が主張しているとおりに実験がなされたとして、それが実際の爆弾なのか、それとも原始的な装置にすぎないのか不明瞭である。何人かの専門家は、通常爆発物を使って核爆発に見せかけることもできたと警告した。確認するための唯一の手段は、北朝鮮の海岸をパトロールさせる米空軍の「空気捜査機」が核爆発による空気中排出物を採取してその証拠をつかむことである。

その場合でさえ、この国の数少ない輸出製品の一つであるミサイルに搭載できる弾頭を作れるかどうか明確ではない。

北朝鮮の恐ろしいところは、その核攻撃能力にあるのでなく、核を拡散させようとする傾向にある、と米政府当局者はこれまでずっと語っている。この国は、ミサイルと他の兵器をイラン、シリア、およびパキスタンに販売した; 過去数年間になされた6者会談において、北朝鮮の代表は、様々な機会をとらえて、核兵器を販売すると脅かした。 しかし、実験を開始するという先週の声明では、核製品を販売しないと言明した。

核拡散の恐怖があるので、ブッシュ大統領は、米国は、核武装している北朝鮮を決して「許容しない」と、2003年に宣言することになった。 大統領はその「許容」の意味するところを、決して明白にしていない。そして、日曜日の夜、ブッシュ政権の報道担当官、トニー・スノウはが、核実験報道が真実だと仮定して、米国は国連に「この非常に深刻なステップに対応したステップはどうあるべきか」を決定させると語った。

核実験は、兵器の信頼性を立証すると同時に、核兵器保有国を宣言するための必要なステップであるとしばしば考えられている。

米国の核兵器の大部分を設計したロスアラモス核兵器実験施設の元所長ハロルド・M.アグニューは、次のように述べた。「彼らがいったん核実験をすれば、それは深刻である。そうでないなら、北朝鮮はただ我々をからかっているだけなのだが」

地下核実験を検出する最も良い方法は、地の中のかすかな振動を検知し遠方の震源まで追跡する地震計のネットワークである。

問題は、核爆発の信号と地震波を識別することである。通常、核爆発の衝撃波は土壌と岩石が急激に圧縮されて生ずる鋭いスパイクで始まる。 次に、地表が鳴動し震動すると、信号はぼやけ、これがアーフタショックの地震計波形を形成する。

地震の場合はこれが反対である。緩やかな衝突が突然はるかに大きな激しい震動に転ずる。

核爆発を検知する世界の地震計ネットワークの大多数は、TNT1キロトンと同じくらい、つまり1000トンほどまでの小ささの爆発を検出するように設計されている。 地震を検出する計器では、この程度の爆発はマグニチュード4程度と算定される。これは小さな地震に匹敵する。

防総省の核実験元ディレクターで、核兵器を設計するローレンス・リバモア国立核実験施設元所長のフィリップ・E・コイル三世によれば、北朝鮮は、その核実験が世界水準からみて小規模であっても、また成功と言えない程度であったとしても、核実験から多くを学ぶことができた、という。

「たとえそれが線香花火よようだったとしても、彼らが何かを学んだからそれが成功であったと言ったとしても、全く驚くにあたらない。われわれも往々にしてそうだった。われわれもつい最近ミサイルテストに失敗したが、国防総省は、何かを学んだのだから成功だったと言った。私はそれに同意する。失敗によって大いに学べるのである」

William J. Broad contributed reporting from New York, and Thom Shanker from Washington.

米紙核兵器関連記事一覧