社説
オバマ大統領の核政策(The Nuclear Agenda)


Published: February 23, 2013, New York Times


オバマ大統領は,1期目で、究極的(eventual)に核のない世界を目指すという大胆なゴールを設定した。多少の成果、つまり、配備戦略核兵器の削減を決めた新スタート条約の後は、今月の一般教書演説で再びこのテーマについて意見表明するまでの2年間、実績は滞っていた。今、彼は誓約を持続的に達成すべきである。

一般教書演説でオバマ大統領は、核兵器依存を縮小し、核技術拡散を停止させるために、ロシアとの間で、双方の核兵器備蓄のさらなる削減について交渉すると、述べた。さらに、北朝鮮の核脅威に応じて「断固たる措置」を講ずる、イランの核兵器獲得防止に必要なあるゆる行動を行うと、誓約した。

冷戦終結から長い年月が経過し、脅威といえば、過激グループかイランや北朝鮮などの国々に限られているこの時期に、まだ、アメリカおよびロシアは、費用負担に耐えかね、必要でもない、何千発もの核兵器を保有している。オバマ氏は、2010年新スタート条約で決めた配備戦略核弾頭数1,550発を1000発まで、少なくとも3分の1削減するという、アドバイザーたちの助言の実施を躊躇した。

元統合参謀本部副司令官、元核戦力司令官、ジェームズ・カートライト将軍は、900発の核弾頭の半数常時配備で、核抑止が保証されると、主張している。それなら、配備弾頭を1000発に減らしても大丈夫なはずだ。常識的には、削減のための新条約を協定することが妥当だろう。オバマ大統領は、国家安全保障担当補佐官トム・ドニロンを会談のために、間もなく、モスクワに派遣する計画である。しかし、ロシアは、ヨーロッパのNATOおよびアメリカのミサイル防衛システムの制限を条約に盛り込むことを要求している。その一方、まだ冷戦妄想から覚めていない上院共和党は新しい核軍縮会談について、既に、ヒステリックに反応し始めた。

これらの複雑な事情をかかえて、オバマ氏は賢明にも、上院の批准を必要とせずに相互の核保有数をより多数削減するための枠組み設定を、ロシアとの間で非公式に協定することを考慮している。共和党が、大統領の越権だと非難するのは疑いない。しかし、ブッシュを含むこれまでの大統領は、核課題についてそれぞれ独自の政策を採用したのであり、オバマ氏もその可能性を除外するべきではない。

少なくとも、彼は、2018年のデッドラインを前倒しし、アメリカの核弾頭を現在の1,700発から、1,550発まで減らすよう、新スタート条約を加速させられるはずだ。それ以上の削減には、戦略核兵器に加えて、まず、予備備蓄弾頭、および短射程核兵器が含まれるべきである。

包括的核実験禁止条約は、世界の159カ国によって批准されているが、1999年にアメリカ上院で、批准が否決されたままである。オバマ氏は、上院の批准を勝ち取るよう再び努力すべきである。また、核分裂性物質生産禁止条約のジュネーブ協定基礎軍縮会議に向けた国際行動の阻害を中止するよう、パキスタンを説得するべきである。誤認(核攻撃)または偶発(核戦争)の危険性を減少させるため、オバマ大統領は、少なくとも、数分内に発射可能な臨戦態勢にある何百発もの核兵器の一部の警戒態勢を解除すべきである。

核兵器削減は、世界をより安全にし、イラン、北朝鮮の核計画を中止させようとするアメリカの力を強化するだろう。それどころか、政府と議会が財政危機の回避に真剣なら、膨張した核兵器備蓄に要する支出を継続できないはずだ。米国政府は、次の十年間に6000億ドル以上を核兵器に支出することを決めており、さらに数十億ドルを、核兵器の精鋭化のために、浪費することを決定する。オバマ氏は2009年にプラハでの軍縮スピーチの中で次のように述べた。「私たちは、世界は変わることなどなどできないと唱える声を無視しなければなりません」その道へ導くのに彼に残された時間は限られている。

米紙核兵器関連記事一覧