核について議論沸騰:イランは核弾頭を開発するのか?(Nuclear Debate Brews: Is Iran Designing Warheads?)

By WILLIAM J. BROAD, MARK MAZZETTI and DAVID E. SANGER
Published: September 28, 2009, New York Times


ワシントン:先週、オバマ大統領が、イギリスおよびフランスのリーダーの立会いで、イランの秘密の原子力発電所建設を糾弾した際、全ての西側勢力が、同調しているかのようだった。

しかし、イランの核燃料製造の秘密計画に関する意見の一致を示す、その演出の背後で、米国、ヨーロッパ諸国、イスラエルの各国スパイの間では、イランの核開発計画の他の側面、つまり、核弾頭開発の努力に関して議論が続いているのだ。

イスラエルのスパイは、これまでも、イランの隠された軍事攻勢の脅威を発信してきたが、イランは「兵器化」を再開しており、これは核兵器製造の最終段階を示すものだと、語る。 ドイツのスパイは、イランは兵器化計画を中止したことはないと、信じているという。 フランスのスパイは、中立の国際査察官たちは、イランの(核)兵器事業に関して、公表済みのものより多くの情報を持っていると、強く示唆した。

一方、スパイたちの秘密会議では、アメリカの情報機関は、イランは最終的には核爆弾を欲しがるもしれないが、2003年に核兵器開発作業を中止し、たぶんその努力を再開していないという、意見を貫いた。これは、2007年の国家情報評価で最初に公表された判断である。

基本的には、この論争は、イラク戦争前夜の情報当局間論争のミラーイメージである。

今回は、イランの秘密計画について、米国が、ヨーロッパ各国よりも慎重な判断を示している。

この意見の相違は、イランの脅威の緊急性の認識および今後数ヶ月間のイランとの交渉の取り組みに、反映することになる。今週、米国はジュネーブで、およそ30年ぶりの直接対話に臨む。

(最近明らかにされた)聖都クム市郊外の秘密ウラン濃縮工場について、何人かの核専門家は、より大きな計画の一部だと推測する。しかし、その情報に接した、ある米高級官僚によれば、 その秘密工場は、それ自体が「巨大な施設」と信じられるという。「でもイランは大国なのだ」との注意も付け加えた。

この暴露は、大きな政治的な結果をもたらしている。 もしオバマ氏が、クム施設を暴露したことで、イランの核開発計画に重要なブレーキがかかると、イスラエルに納得させられるなら、オバマ氏はいくらか時間稼ぎができるかもしれない。

米政府当局は、秘密の判定情報をディスカスしているという理由で、匿名を条件に語った。

ウラン濃縮とは、未精製のウランを、原発原子炉あるいは原子爆弾燃料に変える作業だが、核兵器製造工程の一部にすぎない。ただし、それは最も難しいステップだ。 残りの2ステップは、核弾頭の設計、製造と、弾道ミサイルのような信頼できる運搬システムの構築である。

米政府当局は、イランは2003年に弾頭の製造努力を中止したと語った。イランのコンピュータネットワークに侵入し、政府内部のコミュニケーションにアクセスして得た結論だという。 この判断は2007年の情報報告書の基礎になり、ヨーロッパおよびイスラエルから猛烈な批判を浴び、激しい議論の種になっている。

アメリカ側に反発するイスラエルの情報機関職員は、イランがアヤトラ・アリ・ハメネイ最高指導者の命令で、2005年に核兵器開発を再開したと信じられると言う。 アメリカ側は、イスラエルの言い分は根拠薄弱で状況証拠だけで、証明できないと、反論する。

ドイツの情報機関職員は、イランに対し、さらに強硬である。イランは核開計画を中止したことはないという。この判断は、輸出禁止技術のをテヘランに送ろうとした裁判で昨年明らかにされた。 最近のインタビューでは、ドイツの情報当局エージェントは、コメントするのを断った。

ロルフ・モーワット-ラーソンは、元エネルギー省の情報部長で、CIA支援の核専門家だが、彼によれば、世界の情報当局エージェントの意見の見掛け上の相違は、結局は、解釈スタイル、あるいは、いわゆる「スパイ技術」と呼ばれるものの違いに帰するのかもしれないという。

「スパイ技術は往々にして混乱をまねく」と、彼はインタビューで語った。 「同じデータを異なった方法で解釈し、同じ情報から異なった結論に達するだ」

イスラエルとヨーロッパの当局者は、アメリカ側は、イラクにおける情報活動の失敗に懲りて、過剰に慎重になっている、と言う。アメリカ側は、それを否定し、虚心坦懐だと主張しする。あるアメリカ人情報職員は、イランの核兵器製造プログラムの把握について、「あらゆる分析と同様、絶えず入ってくる新情報の分析、再評価をしている」と語った。

各国の判断は、衛星イメージ、人間のスパイ、および電子盗聴の組み合わせに基いている。そして、各国のスパイ同士および国連の調査機関の国際原子力機関との間で、必ずしも情報を共有しているわけではない。

これは国連機関との間で多くの不協和音引き起こした。 I.A.E.A.を退任するモハメド・エルバラダイ長官は最近、イランに対する緊急対処の案件は、「過剰反応だった」と主張した。 しかし、彼は、イランが、核兵器製造計画を示す証拠に関する査察官の質問に返答を2年間も拒否していることは認めた。

イラクの非通常兵器関する証拠に関してジョージ・ W・ブッシュ大統領と争い、後に、それらが発見されなかったことで面目をほどこしたヨーロッパの諸勢力は、今や、エルバラダイ博士に対し、彼のエージェントが、イランの定期査察で収集した内容を吐き出すよう、圧力をかけている。

「彼(エルバラダイ)は何故彼のレポートの付属書類をわれわれに提供しないのか?」と、 フランス政府外務大臣、ベルナール・クシュネルは、先月、要求した。内部討議のために国連査察官が作ったと信じられる資料のことである。クシュネル氏によれば、それらの付属文書に、「原子爆弾の実現性に関して分析を可能にする資料を含んでいる。弾頭の運搬問題もある」と、語った。

西側の情報機関当局は、現在、秘密のウラン濃縮サイトがあるかどうか判断したがっている。 ロバート・M・ゲイツ国防長官は、週末のテレビの出演で、別の濃縮サイトがあるかどうかに関する質問をはぐらかした。 米国政府は、核開発計画にかかわる1ダース以上のサイトがあるるかもしれないと言っている。しかし、それらが何に使用されているかに関しては、公式見解は述べられていない。

「核テロリズム」の著者で、核拡散に詳しいグレアム・アリソン、ハーバード大学教授は、イランが一個だけ濃縮サイとを作るとは考えられない、と語った。

「クム施設が全てだということの確からしさはゼロだ。重大なプログラムの慎重なマネージャなら、多くのサイトを持つに違いない」と、彼は言った。

アリソン氏によれば、25年以上前にイスラエルがイラクの原子炉を破壊したことから教訓を得て、イランは、結局、国中に施設を分散することになった、という。

Souad Mekhennet contributed reporting from Frankfurt.

米紙核兵器関連記事一覧