核の精神障害 (Nuclear Madness)

By BOB HERBERT
Published: March 6, 2006 NewYork Times

 ブッシュ政権とその政策を理解するためのキーは、広く引用されているニューヨーク・タイムズ・マガジンの記事、ロン・サスキンドの「ジョージ・ W・ ブッシュの信用度、確実性、および大統領適性(Faith, Certainty and the Presidency of George W. Bush)」に示されている。
 
 その記事のなかで、サスキンド氏は、ブッシュのシニアー・アドバイザーの一人が、いかに、私たちの大部分が住んでいるコミュニティーつまり、「現実に依拠した共同体」を、軽蔑し、ゴミ扱いしたかを描いている。

 時代は変わった。今や現実性は昔の姿ではない。そのアドバイザーが明かしたとおり、「われわれは今や帝国なのだ。われわれが、行動するとき、われわれ自身が現実を作り出すのだ」。

 この(不思議な国のアリスの)気狂い帽子屋的思考法が、先週、再び開示された。イラクの彼の悲惨な戦争を発進させるために核の脅威についてまことしやかに文句をつけたブッシュ大統領が、インドとの間で、核兵器の年間製造能力を倍増、3倍増させる可能性のある協定に合意した。これは、国際協定およびここ数十年間共和、民主両党が合意している米国の政策からのはなはだしい逸脱である。

  大統領は、核拡散防止条約に背を向け(つまり、現実に依拠した考えを、時代遅れだとして、放棄し)、アジアと他の地域での核軍備競争加速の世界へ近づく第一歩を踏み出した。 大統領による帝国依拠の、そして、別世界の思考基準によれば、これは良いことだったのだ。

 ここ何10年間にわたって、米国内法と拡散防止条約の当該条項は、インドに対する核燃料と原子炉の部品の販売を禁止してきた。インドは、核武装し、拡散防止条約調印を拒否している。 ブッシュ大統領は、先週、インドと原子力技術を共有することに同意して、これまでの政策を逆転させた。インドが、国際査察を回避しつつ、核兵器開発計画を継続することにさえ同意した。

 最初のいわゆる核クラブのメンバー、米国、ロシア、イギリス、フランス、および中国以外への核兵器の拡散を食い止めるという試みは決して満足すべきものではない。 しかし、それは悪くはなかった。 1960年代には、間もなく何十もの核兵器保有国が追加される恐れがあった。 しかし、今までのところ、核拡散は、 イスラエル、インド、パキスタン、およびたぶん北朝鮮の4カ国に留まっている。

 拡散防止戦略の基礎は、ある国家が拡散防止条約の各条項を受け入れないかぎり、原子力技術を共有することを許可しないことである。 先週、ジョージ ・W・ ブッシュは、インドに例外を適用することによってそのすべてを転覆させることを決定した。

 リチャード・ニクソンからビル・クリントンに至る共和、民主両党大統領は、30年間以上インドが求めていたこの取引を拒否した。

 カーネギー財団の核拡散防止委員長のジョゼフ・シリンシオーネ(Cirincione)は次のように述べた。 「これはひどい取引だ。めちゃくちゃだ。インドは自由に好きなだけの量の核の材料を生産できる。 その間、われわれは民間原発用の燃料を売り続ける。軍事用の材料に転用することを制限しないし、その匂いがぷんぷんだ。」

ブッシュ大統領による拡散防止条約の破壊に伴って、他の二国間で協定が作られのは、時間の問題だと、評論家たちは懸念している。たとえば、既にブッシュ氏にインドと同様の取引を求めて拒絶されまたパキスタンと中国との間の協定である。

「われわれは、インドのためにルール違反をして、同時に、他国がそのルールにしたがってプレーするのを期待することなどできない」と、マサチューセッツ選出民主党下院議員エドワード・マーキー議員は言う。この協定は下院の承認を必要とするが、彼はこの協定の主な反対者の一人である。

 現実性に依拠するコミュニティのよき体現者の一人であるジョン・ F・ ケネディ大統領は、1960年代前半に、核兵器によって人類にもたらされる脅威を伝えようとして、次のように述べた。 「今日、この惑星のすべての住民は、この惑星がすでに生息不可能になるかもしれない日のことを熟考しなければなりません。 すべての男性、女性、および子供たちは、核のダモクレスの剣の下に生きている。細いクモの糸にぶら下がっており、その糸は、いつ何時、事故や誤算それに狂気の故に断ち切られるかもしれないのです。私たちが抹殺される以前に、この兵器を廃絶しなければなりません」

2006年の今日、ならずもの政府もテロリストたちも、核兵器を手に入れる競走をしていると、マーキー下院議員は次のように言う。「1世代の間私たちには、世界は協力して、核兵器用の核物質の拡散を規制するという、共通認識があった。このコンセンサスが崩壊するなら、ケネディが警告した大惨事が起こる可能性は、本当に、指数関数的に高まるだろう」

米紙核兵器関連記事一覧