核密売組織高度核兵器設計図所有説(Nuclear Ring Reportedly Had Advanced Design)

By DAVID E. SANGER
Published: June 15, 2008, New York Times

ワシントン

アメリカおよび外国の複数の捜査当局者によれば、パキスタンの悪徳科学者、アブドル・カディル・カーンが立ち上げた核密輸ネットワークのコンピュータの中で、高度な核兵器の電子設計図が発見された、と言う。しかし、それが、イランまたは、この密売組織の他の顧客に販売されたかどうか、判断できなかったと言う。

この設計図は、丁度10年前に、パキスタンが製造し、最初に実験した核兵器に類似しているように見える。 しかし、昨年、この設計図をIAEAの職員が見つけると、パキスタン当局者は、次のように言い張った。カーン博士は、2004年以来の軟禁状態から釈放されるよう、この数ヶ月運動しているが、パキスタンの核兵器の設計図に接近していない。

昨年の、ウィーン、イスラマバード、およびワシントンでのインタビューで、複数の当局者は、今回見つけた核兵器設計図は、ムアマル・カダフィー大佐が核兵器計画を放棄した2003年に、リビアで発見された設計図より、はるかに洗練されている、と語った。 リビアの設計図は、1960年代半ばの、中国の核兵器のものであった。捜査官たちは、リビアがそれらを、カーン・ネットワークから入手したことをつきとめている。

しかし、今回、スイス、バンコクおよび世界中の他のいくつかの都市の、カーン・ネットワークのコンピュータで見つかった最新のデザインは、中国型核兵器に比べ、サイズが半分で、パワーが2倍で、はるかに現代的に電子化されていると、捜査当局者は言う。 設計図は、デジタルファイル化されており、コピーは容易である。そして、今のところ、どれだけ多くのコピーが出回っているか、見当がつかないとも言われる。

捜査当局者によれば、実験済みの、コンパクトで効率的な核爆弾デザインを、カーン・ネットワークが、闇取引していた証拠は、特に警告的だという。どこかの国、または、グループが、爆弾デザインを入手すると、その技術情報は、核兵器製造に要する時間をかなり短縮する。 何人かの兵器専門家によれば、その小型の核兵器を運搬できるミサイルの中には、イランのシャハブ IIIも含まれているが、それは北朝鮮のデザインに基づいている。

最近の数日間で、アメリカ情報機関の複数のトップ職員は、機密情報を理由に、今回の発見記録について語るのを拒否したが、イランまたは他の国が、その核兵器デザインを入手したかどうかは判断できないと、明かした。 パキスタンは、開発計画の父として当地で英雄視されているカーン博士に対する、アメリカ捜査官による直接インタビューの容認を拒んだ。 ここ数週間の、合衆国とパキスタン新政府の間の、カーン博士に関する唯一のコミュニケーションは、彼の釈放を許容しないようにという、ワシントンの警告だけだった。

カーン博士の、犯罪的な核ネットワークは、2004年前半に崩壊した。 ブッシュ大統領は、企みを粉砕したのは、合衆国にとって情報戦の大きな成功だったと宣言した。 それ以来、カーン・ネットワークがイラン、北朝鮮、およびリビアにウラン濃縮技術を販売した証拠が見つかったが、捜査官は、カーン博士が、他の諸国と取引した可能性の線も、さらに追求している。

コンパクトな核兵器の設計図の存在が、この数週間の間に公表されたのは、核兵器設計図を含む大量の文書を破壊したと、スイスが発表してからだった。それらの文書は、スイスに住むある家族、チンネル家(Tinners)のコンピュータで見つかった。この家族は、カーンの作戦で、長年、決定的に重要な役割を果たしていた。

スイス・ニュースの解説によれば、スイスのパスカル・クシュパン大統領が、5月に次の発表をした。3万個以上のドキュメントをシュレッダーにかけたが、それは、「テロ組織や、資格のない国家」の手に落ちるのを防ぐための政府の行動だった

しかし、アメリカ当局者者とI.A.E.A.職員によれば、デジタルファイルを破壊したのは、それを安全保管するより、スイスにとってよかったと言う。他の国で、同じファイルがI.A.E.A.捜査官によって発見されたことを、スイス側が知っていたかどうか、不明瞭である。

スイス政府の行動と核兵器デザインの詳細は、最近のスイスの新聞とロンドンのガーディアン紙および日曜日のワシントンポストで報道された。

スイスは、何を破壊したのか詳細の情報をほとんど提供しなかった。しかし、I.A.E.A.検査官が破壊に立会い、米国の情報当局者が深く関係していた、という。金曜日に、ある諜報機関高級職員が、「私たちはそれらが破壊されたのを非常にうれしく思いました」 と語った。しかし、「他に何があるかどうか」謎が残っていると付け足した。 スイスによる記録機器の破壊は、ウルス・チンネルの起訴事案から発している。彼は4年間以上拘留されているが、まだ出廷させられていない。

2人のブッシュ政権元高官によれば、チンネル氏は、まだカーン博士のために働いていた時期に、情報を中央情報局に提供していたと信じられる、という。そのなかには、2003年に、米国および英国当局がリビアへの遠心分離機の出荷を阻止するのに役立つた情報が含まれていた。

その阻止行動に関するニュースが公表されて、リビアは、、アメリカ当局者とI.A.E.A職員に1億ドルのプログラムを引き渡した。パキスタンのペルベズ・ムシャラフ大統領は、カーン博士にあいまいな自供をさせて、彼を軟禁状態においた。 カーン博士は、その後、パキスタンと西洋のメディアに対し、その自供を取り消し、パキスタンの重大な困惑を避けるためだった、と語っている。

2005年になって初めて、ウイーンに本部のあるI.A.E.A.職員が、世界中から回収したカーンのコンピュータのハードディスクを最終的に破壊した。ハードディスクのファイルとイメージを残らず調べ、おびただしい資料を発見した。つまり、装置の発注書、カーン・ネットワークの活動場所と名前、古い恋文などである。結局彼らは、数テラバイトに達する膨大なデータを調べるつくす羽目になった。

調査にたずさわったある当局者によれば、「2003年にイランと取引した内容や、いかにスパイを避けるかに関するもの」があったという。とりわけ重要なドキュメントは、核爆弾のためのデジタル化した設計図で、捜査官はすぐにパキスタン製だと認識した。 「どこから来たかは明瞭だったが」と、あるI.A.E.A.の高官は次のように語った。 「しかし、パキスタン側は、カーン事件は集結したと言い張り、ほとんど何も語っていない」

パキスタン当局は公式の声明で、カーン「事案」は今や歴史だと主張し、その捜査はおよそ2年前に終結したと公式宣言した。

4月にイスラマバードでインタビューしたパキスタン高官は次のように語った。I.A.E.A.により提供された情報は「あいまいで不完全かもしれない」。そして、カーン博士研究所はウラン濃縮装置の製造が専門で、「彼は兵器のデザインにはかかわらなかった」と主張した。

しかし、捜査官たちは、デジタルファイル化した核爆弾設計図の源がカーン博士なことに疑問を持っていない。 「誰かが、電子回路を改良し核爆弾をモダーナイズしようとしたのは明らかだ」と、ある人物は断言した。 「エレクトロニクスに関して手書きの書き込みがあり、問題は、誰がそれをやったかだ」

その当局者によれば、設計図の一部は、部品の自動製造システムに容易く移せるよう、コード化されていた、という。

米紙核兵器関連記事一覧