社説 (Editorial)


核のタイムワープ (Nuclear Time Warp)


Published: June 10, 2012, New York Times


共和党下院議員たちは、どうやら冷戦の終結を見逃したようである。安全保障と財政健全化の両方のために、この国が核兵器保有量を削減すべきこの時期に、下院は、核兵器の数を現在のレベルに凍結するのさえ危うくし、不必要な支出と核計画のために、今後、数百万ドルを浪費する2013年度国防予算案を承認した。

有難いことに、この予算案が法案化される見通しはない。しかし、状況に注目すべきである。何故なら、共和党の錯誤した戦略上の優先事項と、それに加えて、オバマ大統領が、その錯誤を正す姿勢から、すでに、どれだけ遠く離れてしまったか、その両者を示しているからである。

米国およびロシアは、各々1,500発を超える核兵器を配備している、そしてその上数千発が、バックアップとして、または、弾頭撤去の準備状況で、保有されている。統合参謀本部の元副司令官で、核戦力部隊指揮官だったジェームズ・カートライト将軍は、900発の弾頭、および、その半数の常時配備で、抑止力の維持は可能だと、最近、語った。

米国が、さらなる削減を追及し続けること、あるいは、現在の核の対峙状況を問題にする姿勢を中止するなら、イラン、北朝鮮、その他の核武装指向を封じ込める世界的圧力を結集するのがさらに困難になるだろう。条約(新START)に対するジョージ・W・ブッシュの侮蔑的態度が思い出されるではないか。

6420億ドルの下院国防費案は、オバマ大統領の要求に40億ドル上積みし、2011年予算制限法合意を80億ドル上回った。予算制限法はもともと共和党が要求したのだが、今やそれを転覆しようとしている。10億ドル以上の上積みが核関連である。以下にこの予算法案の最悪の部分のいくつかを示す:


*2010年新START協定は、2018年までに配備戦略核兵器を2,200発から1,550発まで低減することを米国およびロシア政府に義務づけている。法案の1条項は、次の状況が生まれると、その低減を中止すると決めている。その状況は、核兵器研究機関のアップグレードに880億ドル、老朽化した爆撃機、潜水艦、陸上ミサイルの更新に1250億ドルを支出するという、オバマ大統領の約束を、オバマ大統領またはその後任者が果たさなかった場合である。オバマ氏は、新STARTの批准を獲得するために過度に寛大な約束をしてしまっていた。この法案で最も無茶なのは、予算制限法を撤回しなければ、米国は核兵器低減の継続が不可能だと明言していることだ。

*この法案は、ヨーロッパの戦術核兵器の削減、統合あるいは撤退を、いくつかの面倒な条件が満たされなければ、禁止しようとしている。ヨーロッパの戦術核は信じがたく不必要な兵器である。法案は、韓国への戦術核兵器の再導入の可能性に関する報告書の提出を命じている。

*予算法案は、核兵器の新たな芯を作るために、ニューメキシコ州に新しいプルトニウム・プラントを建造する1億6000万ドルを含んでいる。エネルギー省によれば、既存の設備で、今のところそのニーズを満たすことができるという。この計画のコストは、ほぼ60億ドルまで増加した。予算には、弾道ミサイル潜水艦を開発するのに、来年度、ほぼ5億ドルを追加する。政府はこれを先送りしたがっており、私たちは、もともと不必要だと信じている。

ホワイトハウスは、もし最悪の指定条件が削除されなければ証人を拒否すると脅した。上院では、委員会で、そうなった。しかし、プルトニウム・プラント・プロジェクトを活かすなどの厄介な様相を呈している。

カートライト将軍は、顕著な核兵器削減を後押しする最近の唯一のヘビーウエイトである。元大使トマス・ピカリングおよび元上院議員チャック・ヘーゲルは、グローバル・ゼロによる報告書で彼に加わった。それは、核弾頭900発など、核政策の大転換を目指す政策集団である。これとは別に、ヘンリー・キッシンジャー、ジェームズ・ベーカー、ジョージ・シュルツおよびサム・ナンは、核兵器のない世界という究極目標を支持した。オバマ大統領もそうであった。

冷戦時の妄想に、信じがたく、しがみついている下院議員のメンバーを押し返し、大幅な核兵器削減の主張をサポートする梃子を大統領は必要としている。

米紙核兵器関連記事一覧