オバマ大統領インタビュー抜粋(Excerpts From Obama Interview)
Published: April 5, 2010, New York Times

オバマは、米国の核兵器使用時に限定条件を設定する(2010年4月6日) Obama Limits When U.S. Would Use Nuclear Arms (April 6, 2010)

以下は4月5日月曜日にオーバルオフスで オバマ大統領にDavid E. Sanger と Peter Bakerが核不拡散条約についてインタビューした内容の抜粋である。

Q. (核態勢)見直し報告では、大多数の国家が米国の先制核攻撃からまぬかれることになります。注目すべき例外があります。核保有国です。もっとも注目される新たな例外は、イラン、北朝鮮のような核保有国です。少なくとも世界中の多くは、とくにイランの場合は、NPTを順守していないと見ています。
もしイランか北朝鮮の立場なら、今回のドキュメントから、何を受けとることになるのでしょうか?

A. 皆さんに理解して欲しいのは、私は就任以来、包括的な戦略を 堅持していることです。そして、その戦略は、諸国に国際規約と基本的交通規則を順守するよう奨励するものです。
それで、プラハのスピーチで、私は、核兵器のない世界のビジョンについて概説しました。しかし、私の一生のうちに達成されそうにないとも、言いました。 しかし、私は次のように発言しました。つまり、核兵器の脅威を少なくする方向への動きを開始させる一連の特定のステップがあることです。

Q. 特にイランについてお聞きします。私たちは、イランがウランを再濃縮しているのは明らかだと思っています。この段階で、イランに具体的な核兵器開発計画があると信じておられますか?イランが、やはり、核戦力獲得を図っていると、信じておられますか?

A. 憶測するよりむしろ、私たちが知っていることをお話しましょう。 イランが国連安全保障理事会決議で明確に禁止されている核活動に従事していることを、私たちは、知っています。 つまり、彼らは、I.A.E.A.と関連国際機関に、自分達の活動を明示することに失敗したのです。 イランは過去に核兵器を追求し、現状が進行すれば、核兵器を獲得することを、われわれは知っています。
あなたがたは、これらの事実と、その振る舞いは容認しがたいという、われわれが発信するメッセージとを、同時に論じています。 国際社会が確認したのは、イランが交通規則に違反している事実です。 不心得なアプローチだと私には思えるそれらの行為を修正する機会が、彼らに与えられるということです。
どの国も平和な民生利用の原子力を獲得するのは制限しないと、われわれは明言してきました。 しかし、イランは、多くの側面でNPTの基本的原則に自分は規制されないと考えており、また、往々にして背反したのです。
そこで、その(NPTの?)アプローチの枠外で策動するなら、どの国でも、その国を孤立させる努力を続けているのです。

Q. 大統領、「核兵器獲得可能性」についてお話しになって、決定的に重要な問題を提起されました。あなたは以前、核兵器保有国イランとは共存できないとお話しになり、政権の多くのメンバーもそう語っています。大衆は、あなたが核戦力獲得可能イラン、つまり、ぎりぎりまで(核兵器に)接近するイランとなら共存できるのかどうか、それほど明確に知らされていません。

A. 私は、ここで、それを詳しく説明することはしません。 北朝鮮がI.A.E.A.を脱退し、核保有国自己宣言国家になるまで、核兵器獲得可能国家と呼ばれたことがあったと、言っておくのが安全でしょう。そして、したがって、この問題で頭を悩ませるよりはむしろ、私は、次のように考えています。つまり、国際社会は、平和目的の民生用原子力をめさすか、それとも、核兵器獲得を追求するか、いずれを選ぶかで、どういうことになるか、国際社会はそれを敏感に感じとるということです。
そして、核兵器獲得可能性とは、イランでも他の国家でも、どれだけ本気かをわれわれが判断して決定されるものです。

Q. イスラエルは、これに関し非常に明確な見解を示しています。つまり、ある核兵器獲得可能国家とは共存できないと言っています。 就任後15カ月間のイスラエルとの会話で、あなたは、イランが現在のコースを維持し、核兵器獲得可能状態に達すれば、イスラエルが、制裁以上の武力行使か何かを必要な措置を採る決断に踏み切ると、信じておられますか?

A. イスラエルの意志決定を憶測するつもりではありません。 米国、イスラエル、およびP5プラス1諸国、および、一般国際社会は、ここ数年間のイランの行為と声明を、深刻に憂慮していると、私は考えます。 そして、もしその振舞いを改めない場合イランが直面する結果がどうなるかについて、国際社会が真剣だという、強いメッセージを送りたいのです。それは、制裁、私が主催する核サミット、核態勢見直し報告の各表現、および、来るべき核不拡散条約再検討会議などを通じてなされるのです。

Q.あなたは、先日、サルコジ大統領に、数ヶ月でなく数週間以内に,、ある種の制裁が可能だと、語られました。数週間以内に可能だという楽観的見方をなさったのには、何があるのでしょうか?そして、これまでの3つの制裁が有効でなかったのに、今回の制裁セットは違うとお考えになったのは何故なのですか?

A. そうですね。まず明確ににさせてください。 私が数週間と言ったのは、春のうちにやってしまいたいと望んでいたのです。プロセスで いくつかの紆余曲折があるでしょうが、私たちは国連安全保障理事会の制裁を強力に追及しています。歯ごたえのある国連安全保障理事会決議です。 そして、秋はおろか夏まで論議を遅らせるつもりはありません。
この問題では平行的に複数の方途をとると、私は一貫して言ってきました。つまり、 私たちは絶えず、コースを修正する機会を、イランに提供するつもりです。 そして、テヘラン研究用原子炉への便宜供与の形で、事実上、イランが平和的民生用原子力のみに関心があることを証明する機会を、国際社会はイランに提供してきました。今までのところ、それは拒否されました。 そして、私は政権発足にあたって、その機会を提供するが、拒否されれば他の方途を追求すると、明確に言明しました。
今や、私たちはナイーブでなく、どんな単独の制裁でも、それで、自動的にイランの振舞いを変化させられると思っていません。 米国および同盟国の国家安全保障上の利益を追求するために、すべてのオプションを保持することを、私は一貫して言ってきました。 しかし、強力な制裁が強いメッセージになると、私は真剣に考えています。 そして、米国が北朝鮮に適用した制裁は、厳しく実施され、インパクトがあったと、私たちは考えています。

Q.しかし、北朝鮮に核兵器計画を中止させるほど強力ではありませんでした。イランでもその問題に直面するのではありませんか?

A. そのとおり。しかし、あなたがたもご存知のように、現実にこの過程では、スイッチをいれるとパッと明るくなるということはないのです。リビアは、長い間、核兵器を追求していましたが、それは、突然、カダフィ氏が、コストが利益より重いと悟るまでのことでした。 また、国際的な圧力に抵抗していた国が、ある時点で別の方向が良いと納得した端的な前例があるのです。
すべての国家がその種の決断をしたことがあると、指摘しておきます。振り返れば、それが正しい決定であったと分かるのです。イランも北朝鮮も、ある時点で、その同じ結論に到達することを願っています。

Q. あなたは「歯ごたえのある制裁“sanctions with bite.” 」と言われましたが、 クリントン長官は一度「強烈な制裁“crippling sanctions.” 」という言葉を使いました。「歯ごたえのある」は「強烈な制裁」と同じでしょうか?

A. 説明するつもりはありません。ここで、言葉の解説はしません。 意図は、彼らに重大な結果をもたらすような制裁を実施することだと、私は考えます。

Q. あなたは、次の水曜日に、メドベデフ大統領と核兵器条約を締結するために、プラハに飛ぶことになっています。 次のステップは何ですか? (これまでの交渉は)比較的容易なステップだと想定されていたのでしょうか?  私は、(今回の協定を)過小評価をするつもりはありあません。 明らかに、困難だったはずです。さらなる削減その他に向かう第一歩だった、と思っています。 あなたを何を期待していますか?次のステップで何が起こると望んでおられますか?

A. 重要だったのは、交渉のスタートが遅れ、全く協定が存在しないという、時間的に切迫していた事情だけでなく、米ロ関係が、冷戦後の最悪の時期だったことです。 だから、当面の目標は非常に現実的なものでした:オリジナルのSTARTの後継条約ができることを確実にし、その過程で、米ロ関係もリセットし、イランや北朝鮮の問題、または、拡散防止の課題で、ロシアが米国と国際社会のパートナーになるようにしよう、というわけです。
STARTに限定して見ると、核弾頭の30パーセントの削減、運搬手段の50パーセント削減をしたと、考えています。 これは成功です。

Q.上限の数値だけですね。具体的な削減兵器が決まったわけではありませんね。

A. そのとおり。数量的上限です。しかし、それでできることとは、米国とロシアが、冷戦体制を解消する一つの基準を提供することで、それは有意義です。
また私たちが言ってきたのは、ロシアと提携して、核態勢の一層の低減の機会を追求するつもりだということです。これには、全体としてNATOとも提携します。 NATO同盟諸国との関係で対処しなければならない課題もあり、完全に双務的に解決するのが適切でないさまざまな問題がありました。 それで、今後の数週間または何カ月も議論を積み重ねることになります。
そして、核態勢見直し報告が強調するのは、たとえ、強力な核抑止力を維持し、核兵器の安全性、保安、信頼性のインフラストラクチャ改良に投資しても、今後の数年間に、米国の先制または第一撃(lone or primary )抑止力としての核兵器使用については、多くのこれらの事情が、転換、変質( evolving and shifting)するだろうということです。そして、米国は、核兵器依存度をより少なくする方向に移動し続けることを確実にするよう願い、極限条件でない限り、通常兵器戦力が、すべての場合に効果的抑止力になることを確実にすることを望んでいます。だから、START条約は、ロシアだけでなく、核の傘の下にある私たちの同盟国とも討論し、長期ビジョンを追求するための基礎になります。

Q. あなたは、あなたの最初の任期終了までに、現在、ヨーロッパにある戦術核兵器を、撤収または統合、廃棄することを望んでおられますか? あなたはNATOとの討議についてお話になりました。 その目標はそれですか?

A. お分かりのように、NATO同盟国と話す前にニューヨーク・タイムズとその議論をするのは不適当でしょう。そうでしょう?

Q.まさにその議論をしたいのですよ(笑い)。

A. われわれは、NATO、その任務、その作戦など、すべてについて、包括的、戦略的見直しの最中です。そして、核兵器の課題を検討するのには、それが完璧な条件だと、私は考えます。

Q. あなたは、新世代通常兵器への新たな依存についてお話になりました。

A. そうですね。細かくならないようにお話ししましょう。明確なこととは、相互確証破壊を互いに確認し、世界中で低レベルの一連の代理戦争をするという特性を示した冷戦時紛争の時代は、多極間またはマルチラテラルな世界に置き換えられているということです。この世界では、米国が傑出した軍事力を保有しています。そして、ロシアとの関係はより良い方向に変化し、米国と他の核保有国との関係も、緊張が、通常は、有効に管理されています。 そして、現在の大きな脅威は核テロで、非対称的戦争形態、テロ支援国家です。それらすべては、核抑止力オプション以外の、現実的で、有効な抑止力オプションでなければ対処できないと、私は考えます。

さて、核態勢見直し報告は、次のことを明確に言明しています。NPTを順守する非核保有国に対しては、米国は、核兵器を使用しない、つまり、消極的保証をします。 それは、ある国家が米国の国家安全保障にとって極めて有害な活動に参加することはないだあろうと言っているのではありません。そうなれば米国が行動を起こすことになります。 そして、私は、アメリカ国民が確実に安全で、安心していられるのに必要なすべての手段を保持するつもりです。

Q. あなたが就任された時、ブッシュ大統領は、パキスタンの核兵器の保安管理のために、彼らとの共同作業に5年を費やしたところでした。その援助の米側のプログラムに、約1億ドルを使ったと思います。ブッシュ政権をカバーした私の印象では、あなたが就任するまで、結果について大方の満足はなかったと思います。 あなたは、何か特別になさったことがあると言えるのですか?

A.私がなにもやろうとしていないと?パキスタンの核の詳細について、私が何も語ろうとしていないですって?

Q. OK。では、就任された時より安全になっていると、つまり、アル・カイダ、タリバンから、より安全になっているとお感じになっていると、おっしゃるのですか?

A. 私は、パキスタンが核兵器の保安を確保したと確信できると感じています。 私はパキスタンだけでなく、世界中いたる所の核保安管理に関し憂慮しています。
そして、したがって、あらゆる国で、われわれは、さらに改良するアプローチを、絶えず見つけなければならないことを、私は知って(sense)います。 そして、ちょうど今言ったように、私の最大の懸念材料は、そのままになっている管理不十分核物質に関するものです。 完全に組立てずみの核兵器をテロ組織が入手する危険よりも、密売された高濃縮ウラニウムかプルトニウムに由来する脅威のほうがあり得るというのが、懸念材料です。
そこで、それに対処してきたのです。また、これがまさに核サミットが重要な理由です。

Q.あなたは特にサミットに期待するものは何ですか? つまり、皆が参加し、そして、彼らは皆、その線に沿って発言するでしょう、そして、皆、そうすると誓約(commitoment)するでしょう。一般的な、あいまいな誓約の他に、2日間の会議にあなたが期待するのは何ですか?

A. ピーター。実際には、参加者が到着する以前に、極めて特定なある取り組み(commitoment) がなされようとしているのですよ。 それらの取り組みの一部を文書にして説明するよう私のチームに依頼しておきましょう。一部はサミットが実際に行われる来週まで発表されないかもしれません。

しかし、米国の期待は、管理不十分核物質を放置しないという、単なる、あいまいで、実質的でない声明を出すことではあません。 米国が期待しているコミュニケは、明確に次のような文言が述べれているものです。つまり、次の4年間に、異なった諸国家で、その状況に応じて、すべての核物質を完全保安管理下におくことを達成する方法を明記します。それが完了することを保障するそれぞれ特定のステップを明記します。

その第一は、はるかに強いNPTを確保することです。 ケネディ大統領は、核拡散の可能性に関する有名なスピーチのなかで、数年で、数十の核兵器保有国が現れるとの懸念を表明しました。 彼の最悪の懸念は現実にならなかったけれど、それは、核拡散防止条約が現実に役立ったからでした。 しかし、私たちが目にしているのは、ここ数年間で、この条約が擦り切れ始めている事実です。 そこで、私の主たる関心事の1つは、核拡散防止条約の強化でした。

強化する方法の一部に、米国がNPTの義務を順守しようとしていたと、確実に言えることが含まれていました。 そして、それが、米国がSTARTを戦闘的に追及した理由です。米国がもう一方の核超大国のロシアと協力し、われわれの備蓄核兵器削減作業の最中にあるという明確なシグナルを、世界に発信するためでした。

また、米国が直面している最大の脅威は、おそらく、核兵器保有国からの攻撃ではなく、核テロと核拡散による脅威だと、語ってきました。 したがって、来週早々に計画されている核サミットは、次の4年間に、管理不十分核物質を厳重管理下におくことに、全員が同調するよう設定されています。

というわけで、核態勢見直し報告は、米国は強力なNPTにするつもりだという、明確なメッセージを送る戦略の一部なのだと、私は言いたいのです。そのメーッセージとはまた、誰でも皆NPTに加盟することで利益があり、NPTが定める義務を米国は順守しようとしており、核拡散を防止し、米国は核テロを阻止するためには、手にすることのできるあらゆる手段をつぎ込むつもりだということなのです。

そこで、核保有国だろうと、非核保有国だろうと、核兵器に接近中の国家だろうと、すべての国家は、米国のアプローチと戦略の何たるかを、明確に認識すべきだと、私は考えます。 そして、イランや北朝鮮のような欺瞞国家について言えば、最近の1年半分の経過で、彼らが国際社会のルールから外れて行動するかぎり、米国は、彼らをどんどん孤立させる政策を行使してきたことを、彼らは直視すべきだと、私は考えます。

Q. あなたは、北朝鮮核実験の後にブッシュ大統領が残した、ある発言を取り上げました。次いで、ハドリー氏が繰り返したと思いますが、それは、あの国家には「完全な責任がある」というものでした。 同時に、言明しているよりは信用度は低いと、主張することもありました。 北朝鮮が、明らかにシリアの完全原子炉建設を助けたことは、2007-2008年の振る舞いに、大きな害になりませんでした。 どうすれば、もっと確からしくなるでしょうか?

A. さて、これらの問題で、世界中の国家が私たちの信頼性のテストに興味がると、私は思いません。 私たちが今回発信するメッセージは、われわれの全体的アプローチに関する以前の発言に一致するものです。それは、テロ組織が核物質または核兵器を獲得するのを支援する国家、核拡散を活発に追及する国家は、米国の消極的保証の埒外に置くというものです。 米国はそのことについて真剣です。何故なら、その種の脅威が、米国にとって最も重大な安全保障上の課題として立ち現れるからです。

米紙核兵器関連記事一覧