オバマ政権国際政策変換の兆:軍事力依存から外交重視へ(Obama Signals a Shift From Military Might to Diplomacy)

By MARK LANDLER, Published: November 25, 2013 , New York Times.



ワシントン発:先週末に、30年以上敵対関係にあったイランと、核について交渉する最初の明確な表明があった。月曜日には、その後、シリア内戦を終結をまとめるための会議を1月に開催するという発表がなされた。

オバマ大統領が永らく求めていたこの交渉を成功させる保証は強固ではない。むしろ、その確率は小さいかもしれない。しかし、この2つの発表がほとんど同時になされたことは、外交という、尊重すべきだが多くの場合不満の残る作業が、再び、米国の外交政策の中央に据えられたという鮮明なステートメントであった。

ある意味では、これらの外交政策の突然の変換は、9・11後世界の決定的な終結を反映している。9.11後世界では、二つの主要戦争と、対イスラム・テロリズム戦が続き、米国をアフガニスタンに引きずりこみ、いまだに、無人攻撃機(プレデータ)が、パキスタンとイエメン上空を飛んでいるのだ。

しかし、この外交政策転換は、米国による武力行使(とくに中東における)の縮小を意味している。また、米国の価額感をより強く体現する外国の新しいリーダーの出現を要求するというのではなく、現行の政府と交渉する意欲も示している。イランまたはシリアの「政権交代」は要求から消えた。これまでの敵が存在する政府と厳しく取り引きすることを示している。

オバマ氏にとって、今回の外交重視への転換は、2008年からの選挙公約、つまり、米国の敵にさえ手を差し出し、いかなる外国のリーダーとも、無条件で会談するという、公約の実現である。しかし、それは彼に、かなりの政治的リスクをもたらすだろう。米国議会および中東同盟国からの、対イラン交渉に対する抗議がそれである。

オバマ氏は、月曜日にサンフランシスコで対イラン交渉を擁護し次のように語った。「私たちは外交交渉をテストしています」「私たちは、軍事的衝突に直ちに依存しません」「強硬な発言と虚勢は政治的には容易かもしれないが、それは私たちの安全保障に適切ではない」

そうは言っても、外交は、気の長い、薄汚れたビジネスで、多くの場合成果を生まない。米国市民の深い厭戦気分が、一極的行動でなく、外交交渉による合意を尊重するオバマ氏の感覚を助長したのだが、それでも、ミサイル攻撃ではなく、多国間交渉を、世論に呼びかけるのは、大統領にとって困難な仕事である。

大統領は、この瞬間が訪れるように、絶えず計画していたと、ホワイトハウス高官は示唆する。アフガニスタンへの軍事増強からオサマ・ビン・ラディン殺害のコマンド作戦まで、全ては、前任政権の遺産の後始末だったという。

ベンジャミン・J.・ローズ国家安全保障担当大統領補佐官は次のように語った。「2009年には、私たちは2つの戦争で180,000名派兵し、また、その関係のテロリズムの山ほどの遺産に苦しんでいました」「その多くを片付けたので、戦争は縮小たのです」「強力な軍事的性格の国際政策から、私たちは、優れて外交優先の国際政策に変換したのです」

外交努力の多くは、国務長官ジョン・ケリーの超精力的な外国訪問で、世間によく知られている。彼は、イランとシリアに対して働きかけたのに加えて、和平交渉を再開するようにイスラエルとパレスチナを説得した。ジュネーブで核の取り引きに署名した数時間後に、シリア会議に関する会談のためにロンドンへ飛んだ。

その一方、一部の重大な取り引きが水面下でなされた。政府関係者によれば、3月に、オバマ氏がホワイトハウスと国務省の上級職員の小さなチームを任命し、核交渉の可能性を探るべく、イラン政府関係者と直接会談するため、秘密裏にアラブの首長国オマーンに派遣した、という。

この政府関係者によれば、「外套と短剣」は、アメリカとイランが、詳細が漏れる恐れのない状況で、核交渉の輪郭について議論することを可能にするのに必要だった、という。他人を排除したことで、ジュネーブの公式会談参加の6者パートナーからの横槍を遮断した。

しかし、アメリカとイランが直接対話したことが暴露されるとた、フランスが怒った。2週前には、不快感を表明し。当時討論された提案を、軟弱すぎるとけなし、そんな子供だましは受け入れないと、警告した。


オバマ氏の外交重視の姿勢の全貌について、アナリストたちは、米国は、往々にして他国の事情に即応してイニシアチブをとると、述べた。イランの場合には、大統領選挙で、制裁緩和を希求したハッサン・ロハニが選ばれたことだった。

シリアの場合には、バッシャール・アル・アサド大統領に対し、ロシアが、譲歩と化学兵器の廃棄を求める提案したことだった。ホワイトハウスは、この提案を、オバマ氏が最初は実行すると威嚇した軍事攻撃を撤回する方便に、一つのオプションとして利用した。

「化学兵器廃棄交渉は、イラン外交を具体的にさせ、米政権にとって魅力的にしました」と、ジョンズ・ホプキンズ大学国際関係学部長で、オバマ政権元官僚のヴァリ・R・ナスルは語った。しかし、「シリアまたはイランでは、どちらについても、より大きな期待は出来ない」とも付け加えた。

オバマ氏は、アサド氏に対し、退陣を要求した。しかし、シリアに対するオバマ政権の外交努力はそれを達成するのにはほとんど無効である。また、来月のジュネーブの会議では、アサド退陣交渉どころか、アサド氏が地中深く隠れてしまうことが明らかになるだろう。

同様に、米政権は、対イランの特定の安全保障上の脅威に関する軍縮協定に類する交渉をする意志が堅い。イランへのより緊密な接近、シリアやアフガニスタンのような地域問題についてのパートナーになること、あるいは、その政治体制にっ接近することなどは、まだ道が遠いように見える。

9月の国連総会でのスピーチでは、オバマ氏はイラン、シリアおよびイスラエル・パレスチナ問題など中東の和平プロセスを優先事項とした。民主主義強調原則の重要性は失わないが、それはもはや喫緊の課題ではなくなった。

さらなるプラグマティックな姿勢は、今月、ケリー氏のエジプト訪問で示された。エジプトでは、軍が支持する政府が、追放したモハメド・モルジ大統領を訴追し、支持者のムスリム同胞団を弾圧している。ケリー氏は、エジプトの将軍たちの継続性を強調し、彼らの残忍なやり方に関しては口をつぐんでいた。

オバマ氏にとって、これらすべては、イランからの核脅威の解決に比して重要でないのだろう。イラン核脅威の解消こそが、米国が中東に対する没入から撤退し、もう一つの外交上優先事項であるアジアに向き合うことを可能にする成果なのである。

「この人物こそ、責任を持って2つの戦争を終結に導くと約束して選ばれた大統領なのです」と語るのは、ブルッキングズ研究所上級研究員、前政権官僚のブルース・O・リーデルである。「大統領は、今、第3次戦争を回避したと言明できます」

しかし、そのことを確信することができるまでには、オバマ氏には最終合意にたどり着くための危険な作業が待っている。これからは、オバマ政権は、パートナーと共に交渉を行わなければならないだろう。そうなると、イスラエルおよび議会メンバーからの懐疑的な雑音に悩まされる。

ブッシュ政権でイラン政策を調整した元国務次官、R.・ニコラス・バーンスは次のように語った。「対イラン会談は4つの舞台のあるサーカスです。今までで最も複雑で最も困難な外交交渉の一つでしょう」

バーンズ氏は、現在は、彼が外交プロジェクトを開始した古巣のハーバード大学で教えている。次のように付け加えた。「米国は、これまでと別な方法で、高度に狷介な国家と極めて困難な交渉をしようとしています。しかし、民衆はうんざりしています。みんな、戦いなしの解決を欲しています」

Michael R. Gordon contributed reporting from London.

米紙核兵器関連記事一覧