オバマは核兵器先制不使用宣言をしない見込み
(Obama Unlikely To Vow No First Use of Nuclear Weapons)

By DAVID E. SANGER and WILLIAM J. BROAD. NewYork Times SEPT. 5, 2016

武力衝突における核兵器の先制不使用を重視していたオバマ大統領は、国家安全保障アドバイザーのトップが、その政策が同盟国を危険に陥れ、ロシアと中国を勇気づけると主張したので、その考えを放棄したもようである。何人かの政権幹部がそう伝えた。
オバマ氏は、遺産として、危険な核兵器の役割の縮小を考えている。しかし、彼は、何人かの前シニア補佐官を含む人々から、第2次政権が計画した何十年間で1兆ドルに及ぶ核新鋭化計画が、2009年にオバマ氏した誓約を蝕んでいると、聞かされて、落胆したようだ。

この数ヶ月の間、軍備制限支持者は、「核兵器のないの世界」を追及するために彼が行った誓約を進めるために、一連のステップに賛成を唱えた。明白な核兵器先制不使用誓約はそれらの手段の中で最も大胆なものだと言えるだろう。それらは多くの他のオプションがあれば現実にどのアメリカの大統領も核兵器を使わないという挑戦である。

前国防長官ウィリアム・J・ペリーは、最近のインタビューにおいて、数十年の間アメリカの無言の方針だったものを明文化するだけだと留意しつつ、「それは正しいタイミングである」と、最近のインタビューで語った。

しかし、結局、オバマ氏は、この夏に集中したミーティングにおいて、核兵器の先制不使用宣言が日本と韓国のような同盟国に波紋を立てると警告した現在のアドバイザーに同意したようである。それらの国家は、共和党の大統領候補に指名された人物、ドナルド・J・トランプが言い出したアジアからの撤収というコメントを懸念している。

国防省および国務省の上級補佐官によれば、国防長官アシュトン・B・カーターと国務長官ジョン・ケリーは、ロシアと中国が、バルト海や南シナ海で新たな動きを示しているので、宣言を出すにはまずいタイミングだと懸念しているという。保有核兵器を監督する部門のエネルギー省長官アーネスト・J・モニスも反対だと、省当局が認めた。

ニューヨーク・タイムズは、核の討論に関係するか、また発言した約6人の政権幹部にインタビューした。、核戦略について政権内部論議の報道にはすべてが、匿名を要求した。


米国は、1945年に第二次世界大戦の終わりに核爆弾を日本の広島と長崎に投下した−−歴史上最初の唯一の先制使用例、使用例、または実戦核兵器使用であった。ハリー・S・トルーマン以来のほとんどすべての大統領は、核兵器は最後の手段としてだけ使用されることを鮮明にしてきた。従って、核兵器先制不使用誓約は、明文化されない国家合意政策である。

政府高官によると、先制使用に関する方針を変更する問題が、この夏に、再三生じたのは、オバマ氏が、アメリカの戦略における核兵器の役割を低減するという彼の誓約を示すためだと確認された。つまり、核兵器攻撃の応酬のリスクは、物語りのレベルを超えるというわけだ。


しかし、大統領自身への直接の議論は比較的短かかったと、当局は語った。極めて多くの高級補佐官たちが反対したからであった。こちらの意図がなくても、北朝鮮のリーダー、キム・ジョンウンやロシアのウラジーミル・V・.プーチン大統領が、先制不使用誓約をアメリカの弱さサインと解釈するかもしれないと、カーター氏は主張した。


国防長官の姿勢は、ケリー氏とモニス氏という、イラン核取引の2人の立役者に支持された。二人は、そのような宣言は、すでに、アメリカの核のかさが頼りないことを心配しているアメリカの同盟国を不安にさせると警告した。トランプ氏は、インタビューで、もっとあからさまに、東京とソウルが、駐留の代金をもっと払わなければアジアから軍隊を撤収する、3月には、ワシントンの核に依存せずに自前の核兵器保有構築をするのが見たいと語った。

ある上級政権幹部によると、ケリー氏は、オバマ氏に、核兵器先制不使用誓約により、ロシアのヨーロッパの爆撃能力、中国の南シナ海の拡張行為に対する間核的抑止力も弱まると語ったという。

オバマ氏および彼の国家安全保障チームは、2番目のオプションを拒絶した:警告後短時間で発射可能な「不警報発令」核弾頭ミサイルである。危機勃発時に再警告は、紛争をエスカレートさせることが恐ろしい。


先に、オバマ氏および彼の補佐官たちは、地上、空中、潜水艦から発射する核兵器「トリアッド」の1つの要素を取り除くことを中止した。元のアイデアは、旧式で、先制攻撃に対して脆弱であると考えられるアメリカ西部にまたがるるサイロ基地ミサイルを取り除くことであった。しかし、国防総省は、陸上発射ミサイルは、最も確実な通信機能を持つシステムの一部であり、それらを取り除くことが危険すぎると強く主張した。


昨年には、核軍縮支持者〈オバマ氏の以前の補佐官のうちの何人かを含む〉は、オバマ氏に、まだ、核の理想主義者として評判を回復する時間があると主張していた。
米紙核兵器関連記事一覧