米共和党による軍縮協定反対メモの詳細(G.O.P. Senators Detail Objections to Arms Treaty)


By PETER BAKER、Published: November 24, 2010、New York Times

ワシントン発= 米国の核兵器戦力構造(nuclear weapons complex )の新鋭化計画はまだ不十分で、ロシアとの新核軍縮協定を批准するには、さらなる練り直しが必要と、上院共和党の指導的交渉担当議員が、水曜日に語った。

 新STARTと呼ばれる核軍縮協定に関する共和党の交渉担当議員で、上院共和党のナンバー2の、アリゾナ州選出ジョン・カイル議員は、同僚議員に配布したメモのなかで、今年中に協定について考慮する時間的余地はないと、先週来初めて、反対意見を詳しく公表した。

  カイル氏は、もともと自分は明確だったと、次のようにの述べる。「米国の核戦力の新鋭化およびそれを支援するインフラに適切な配慮がなければ、米国核戦力削減を支持できない」。 政権はその目的にもっと予算を使うと誓約している。だがしかしと、メモは続ける。「提案された予算の妥当性について2,3の重要な懸念がある」

 新鋭化提案に言及して、次のように付け加える。「これらの問題が解決されないと、予算増額を歓迎したとしても、更新1251プランの適切な検証作業は難しいだろう。はっきりしていることだが、実効予算が大統領の要求を反映していることについて、適切な専門家と実施担当者による保証を取り付けねばならない」

 水曜日に共和党の上院議員に個人的に配布されたこのメモを、ニューヨークタイムズが入手した。それには、テネシー州選出のボブ・コルカー共和党上院議員のサインがあった。彼はこの討論におけるもう一人の大物である。コルカー氏は、9月に新STARTが上院外交委員会を通過したときに賛成投票したが、現在は、カイル議員に同調して、下院が機能不全に陥っている間は、評決すべきでないとしている。

 ホワイトハウスは、この問題は、オバマ政権以前に起きていたと主張した。ホワイトハウスのスポークスマン 、ボブ・ジェンセンは次のように語った。「私たちはカイルおよびコルカー議員に同意します。新鋭化が必要です。このメモが指摘するとおり、核兵器複合体は財源不足になっていました。オバマ大統領が就任してこの問題に取り組む以前の数年間、財源不足の時代でした。オバマ大統領には、これを解決する計画があります。」

 先週のカイル氏の声明以来、ホワイトハウスは、年内に条約を承認するよう、上院に要求するめざましいキャンペーンを始めた。条約の批准は、民主党が下院の支配を失った後での、大統領の国内政治力の象徴的テストであり、国際的には、ロシアとの関係を再建するうえで、彼の信頼性が試されることになる。

 ウォールストリートジャーナルの水曜日の意見記事で、ジョゼフ・R・.バイデン・Jr.副大統領は、条約の価値は高いと述べた。 「米軍の制服組軍人が支持している。ヨーロッパ同盟国が支持している。米国の安全保障がこれにかかっている。今や、上院は、新STARTを承認するべきである」

 ホワイトハウスは、何カ月もカイル氏と作業し、核兵器複合体の新鋭化に関するカイル氏の懸念を取り込んだと、訴える。政権は、核戦力複合施設に10年間におよぶ800億以上の予算を提案し、先週、11月12日に41億ドルとさらに僅かな上乗せを追加要求した。 ホワイトハウスの担当者は、条約批准で妥協するのに十分ではないというカイル氏の声明に、困惑を隠せない様子である。

 7ページにわたる水曜日のメモで、カイル氏とコルカー氏は、政府の努力は歓迎するが、さらなる追加保証が欲しいと述べた。当初予算の800億ドルは、いずれにせよ、核兵器研究施設の安全確保、保安管理、維持、および弾頭メンテナンスの日常業務など、経常費用に消える。100億ドルだけが核兵器活動の費用だという。この点に政府は抗弁する。 11月17日に送られた政府の最新の計画では、10ケ年計画の金額を854億ないし862億ドルにまで増額した。

 新予算の大部分は、ニューメキシコ州ロスアラモス複合体の新しいプルトニウム加工工場の設計、建設、テネシー州オークリッジ複合体の新しいウラン加工施設を設計建設に使われる。 新設備は、最初の核爆弾が開発されたマンハッタン計画時代から残されてきたビルを更新する。

 しかし、これらの施設は、2020年までに部分的な操業を開始するでれども、2023および2024年までは、完全に稼動するわけではないだろう。 共和党のメモには、「スケジュール通りの完成を確実にするように、これらの施設の建設を加速するために、追加予算が求められる」と述べている。

 メモは次のように記す。国際情勢によってはさらに巨大な核兵器備蓄が求められるかもしれないのに、それに十分対応する核兵器を製造するには能力を新施設は持たない。 そして、政権は、核の三本柱、つまり、爆撃機、ミサイル、および潜水艦が米国の核戦力だというビジョンを、もっと明確にすべきだと、述べている。

 ホワイトハウスは、意見の相違を軽視しようとする。 「このメモに概略書かれているかぎりでは、彼らの懸念は、計画の詳細に関するものです。私たちは、議会で議論できるし、そう続けるつもりです」と、ジェンセン氏は語った。

このメモは、新条約のメリットに触れていないし、また拒絶を主張しているのでもない。そのかわりに、国家の核兵器施設を、30年間保存していたフェラーリを維持しようとしている潰れかかった自動車修理工場と同列にあつかった。 「これが、今日の米国核抑止力の実態である。車の話ではない。人類が発明したもっとも複雑で、もっとも危険な兵器について論じているのだ」

米紙核兵器関連記事一覧