政治的圧力のもとで、パキスタン首脳が核権限を移譲(Pakistan’s Leader, Under Pressure, Cedes Nuclear Office)

By SABRINA TAVERNISE and DAVID E. SANGER
Published: November 28, 2009,New York Times

イスラマバード、パキスタン= パキスタンのアシフ・アリ・ザルダリ大統領が、パキスタンの核命令指揮権限を、首相に委譲した。これは、オバマ大統領のアフガン、パキスタン地域戦略発表を前にして、政治的混乱状態を生々しく反映した突発的な政治工作とみられる。

金曜日の夜遅く、ニュースリリースで発表されたこの動きは、ザルダリ大統領の求心力が、この2年間で最低になり、その政治的圧力を逃れるための、一か八かの試みだった。 土曜日に政治的猶予プログラムが終わると、ザルダリ氏と彼の仲間は、いよいよ、収賄疑惑と刑事訴追に直面し、反対派が、多くの権限放棄か、辞職を要求することになる。

アナリストは、今回の核権限委譲がパキスタンの核セキュリティを侵害すると予想しないが、オバマ政権にとって、パキスタンの政局安定は重要である。オバマ政権は、今週にも、新しいアフガニスタン戦略を発表する予定である。 パキスタンはその戦略の中心部分である。そして、パキスタンはオバマ政権から、タリバンとアル・カイダ過激派に対する戦いを強化するよう物凄い圧力をかけられている。この2週間で、2人の高級な米国安全保障担当官がパキスタンの首都、イスラマバードを訪問している。

ザルダリ氏は、これまでは、パキスタンの核兵器備蓄のあらゆる部門を統括する国家指揮本部の最高シビリアンの地位を保持してきた。この機関は、パキスタン核兵器のあらゆる側面を管理し、60から200発の核兵器の移動、発射を決定し、国の核兵器備蓄を増やし、核兵器と原子力研究所のセキュリティを監督する。

パキスタンの前大統領、ペルベズ・ムシャラフは、軍司令官であった。それに比べて、ザルダリ氏の核権限保持はパキスタンの核資産の文民統制のしるしだと思われていた。しかし、実際には、パキスタンの核兵器備蓄を管理しているのは強力な軍部である。そして、パキスタン人の観測筋は、土曜日の、スエド・ユサフ・ラザ・ギラニ首相への権限委譲は、現実の核管理の権力構造に全く影響しないと指摘した。

核問題に関して語る権限がないという理由で、匿名を条件に語った、あるパキスタン官僚によれば、ザルダリは、核タカ派たちにつつかれるおそれを避けただけで、他には、なにも変わらない、という。

軍幹部は、ザルダリが嫌いで、パキスタン人民党とは険悪な関係にあった。党の首脳メンバーによれば、今回の動きが、ザルダリ氏が民主的な信頼を強め、ムシャラフ氏のやり方で崩壊した強い議会システムを復活させられるのが、望みだという。

ほとんどの核兵器国では、核管理の責任は、シビリアン主導であり、軍部主導ではない。しかし、62歳になるパキスタンは継続的に例外であった。軍部は弱い文民政府よりいつも強力だった。そして、これまで、常に軍が核開発計画のすべての要素を管理してきたという事実に、米国政府関係者は、いくらか安住してきたのだ。

ある現地の人々によれば、軍部は現状維持を欲している、という。 オバマ政権が、パキスタンの民主的緒制度を支持したいと語り、今秋、両国関係で始めて、大きな民間総合援助計画をパキスタンに供与したことに対し、パキスタン軍部は、声高に異議を申し立てた。

今回の核権限委譲は、備蓄核管理の問題というより、むしろパキスタン政治とザルダリの大統領地位保全の問題のように見える。ザルダリ氏は、政権発足後の最弱体状態になり、批判回避の方策を模索している。

しかし、多くの政治評論家によれば、ザルダリは、反対派の中心的な批判に対処しなければ、生き残れないと、いう: つまり、選挙で成立した政府を解任するなど、ムシャラフ氏から引き継いだ、パキスタン議会システムの異常な強権的権限を、放棄しないことが、批判されている。

金曜日の核権限委譲さわぎは、上に述べた強権的権限の放棄とは無関係で、そのため、パキスタンのニュースメディアはほとんど無視した。 しかし、ザルダリ氏が、来月に始める手続きで、強権の放棄を始めると、党の幹部メンバーは語った。 ギラニ氏への権限委譲で批判を鈍らせることに何か効果があるかどうかは、土曜日の段階で、はっきりしていない。

ギラニ氏は、パキスタンの最も人口の多いパンジャブ州の温厚な政治家である。 彼は、ザルダリ氏の党のメンバーだが、強力な国軍幹部に受けがいいと信じられている。 ほとんどのパキスタン人のアナリストは、軍事クーデターの可能性を除外するが、ニュースメディアは何カ月も「マイナス ワン」シナリオを話している。ザルダリ氏が辞任し、彼の党の別のメンバーが大統領に就任するというシナリオだ。ザルダリ氏の支持者によれば、それは、ありそうもないという。

また、野党党首、ナワツ・シャリフにも、重要な役割がある。彼の支持で、ザルダリ氏は政権保持ができた。 野党は繰り返しムシャラフ-時代の強権の放棄を求めた。そのことの遅延行為は、シャリフ氏をザルダリ反対に向わせることになるかもしれない。そうなれば、ザルダリ氏の辞職は確実だ。

ザルダリ政権成立の最初から、米政府当局は、パキスタン内部の人脈構築に努力してきた。そのなかには、シャリフ氏や、軍司令官アシュファグ・パルヴェス・カヤニ将軍などもふくまれる。この国の複雑で、たよりない政治状況を暗黙に了解したうえでのことである。

現実には、パキスタン国内で、核に関する決定の大部分を支配してきたのは、常に軍部であった。国家指揮本部とその主な決定を支配するのは、トップ軍幹部たちである。ワシントンの最も重要な関心事の、核セキュリティを含む、日常操作の多くが、イスラマバード空港近くの小さな施設にある特別計画部隊で決定される。指揮官は、カーリド・キドワイ将軍である。

キドワイ将軍は、その任務を、ムシャラフ氏から与えられた。ムシャラフ氏は、1999年にクーデターで国家権力を獲得したが、1年以上前に、圧力に負けて辞職した。キドワイ将軍は、二人の人物とともにパキスタンの核インフラストラクチャのほとんどを確立したと言われており、サルダリ氏が選挙で選ばれた大統領になった後でも、その地位に留まった。 機構図の名前だけでなく、現実にもほとんど変化がなかったことが示唆される。

そして、軍による管理によっては、パキスタンが、核拡散の近代史上最悪のケースの震源になるのを回避できなかったのだ: 金属技術者のアブドル・カディル・カーンが、核技術の闇市場を開拓し、イラン、北朝鮮、リビアと、および、おそらく他の国にも、核技術を販売したのだ。

パキスタンのすべての機関のなかで、オバマ政権にとって国家指揮本部ほど重要なものはない。 しかし、それはまた、ワシントンとイスラマバードの間の継続的な不信の源でもある。

ブッシュ政権期間中、合衆国は、パキスタンに、核兵器の安全管理を援助するのに、1億ドル以上供与した。 しかし、米政府当局は、その資金がどれくらい使用されたのか知らされたことはない: パキスタンは、パキスタンの核兵器についても、その所在についても、合衆国に知らせたくないのだ。それは、混乱事態が生ずれば、米国は、核兵器がテロリストの手におちるのを許すよりは、むしろ、それら核兵器を奪取しようとすることを、警戒しているからである。

Sabrina Tavernise reported from Islamabad, and David E. Sanger from New York. Sahar Habib Ghazi contributed reporting from Islamabad, and Richard A. Oppel Jr. from New York.

米紙核兵器関連記事一覧