社説(Editorial)

パキスタンの核愚挙(Pakistan’s Nuclear Folly)

Published: February 20, 2011, New York Times


中東騒乱の最中、パキスタンの核戦力増強に関する警告的なニュースは、ほとんど注目されていない。パキスタンが、2年前には70発台だった核兵器を、95発から110発にまで増強したと、米国情報当局が確信したと、先ごろタイムズは報道した。


パキスタンは、外国からの何十億ドルもの援助なしには、国民に食事を与え、子供を教育し、そして、反乱勢力を討伐することもできない。それなのに、現在、中国の支援を受け、より多くの兵器用核物質を生産するために、4番目の原子炉を建設している。


専門家によれば、その原子炉がなくても、40発から100発の核弾頭を追加するのに十分な核燃料を、既に製造しているという。つまり、最低限の確実な抑止力を求めるとパキスタンは主張しているが、間もなく、英国、インドを抜いて、米国、ロシア、フランス、および中国に次ぐ世界第5位の核戦力を持つことになる。米国政府とロシア政府は、それぞれ圧倒的に多数の、何千発もの核兵器を保有する。しかし、米、ロ両政府は、少なくとも、真剣に削減をしている。


パキスタン政府が核戦力増強を抑制しないなら、米国政府は、何十億ドルもの援助を中止すると、脅すことはできる。 しかし、そうすると、アフガニスタンでの作戦計画に深刻な影響を与え、パキスタンを不安定化するかもしれない。


パキスタンの核戦力増強を停止させる容易な手段はないというのが真実で、これは、インドと中国についても同じだ。この核軍拡競争を減速し、逆転させることは、この地域および地球規模の安全保障に不可欠である。 米国政府は、問題の焦点を見つけ出し、それを国際戦略の最優先事項の一つにするべきである。


最悪の悲劇は、もちろん、過激派がパキスタン政府を倒し、核兵器を手に入れる事態である。 また、パキスタンの文民リーダーシップの弱点、軍部のパワー、および核武装インドとの厳しい対立姿勢を考慮すれば、まさに容易ならぬ事態である。

パキスタン軍部は、インドの優勢な通常兵器戦力を抑止するのに、より強力な核戦力が必要と、主張する。 本当の脅威は、タリバンや他の過激派によると判断するのは不可能のようである。


外交的、経済的両国関係の正常化が、パキスタンとインドには最大のゲーム切換器となるだろう。2008年のムンバイのテロ攻撃後に中断していた、二国間協議の再開に、最近両政府が同意した。だが道はまだ遠い。


インドは、第3者の仲介を受け入れないと主張する。アフガニスタンとカシミール紛争地域における利害の食い違いに決着をつける作業をするよう、両国に水面下で圧力をかけるために、オバマ政権にできることは、多いはずだ。 インドを標的とする反乱分子を阻止するため、パキスタンには、さらに多くの努力が求められる。


また米国政府は、印パ両軍部に対し、会談を開始するよう要求する必要があり、両国政府が、偶発核戦争の危険を認識する手段の開発を開始するよう申し入れる必要がある。それには、より効果的なホットラインとデータ交換、および、軍備削減交渉に至る長期目標の策定も含まれる。


また、米国政府とその同盟国は、核分裂性物質生産のグローバル禁止の交渉をパキスタンが妨害するのを止める方法を、引き続き、見つける努力が必要である。


今日、世界は、特にこの地域は十分に危険である。この地域に、これ以上核兵器は要らないことは、確かだ。

米紙核兵器関連記事一覧