社説

パキスタンの核の悪夢(The Pakistan Nuclear Nightmare)


By THE EDITORIAL BOARD. NOV. 7, 2015, New York Times.

120発もの核弾頭を保有するパキスタンは、10年で、中国、フランス、英国をぬいて、米国およびロシアに次ぐ世界第3の核大国となる。その核軍事力増強 速度はどの国より速く、最近、破滅的危険性を示すに至った。インドを攻撃できる小型の戦術的核弾頭および、さらに遠方に到達するミサイルを保有した からである。

これらの事実だけが不安材料なのではない。パキスタンはそのうえ、多くの過激派グループの拠点であり、その一部はインド憎悪に執りつかれている偏執 病的安全保障高官の保護下にある。これは南アジアの危険を増強するだけでなく、実は世界全体の脅威である。。

パキスタンを説得してその核武装プログラムを減速制御させることは、国際的な優先事項であるはずである。主要な世界強国は2年を費やして、まだ1発の 核弾頭も持たないイランの核への野心を制限する協定について交渉してきた。それなのに、インドを含めて、これまでに、パキスタンとの交渉にイランに 対するのと同様の努力をすることは、これまで、考慮すことさえ、全面的に拒否されてきた。。

オバマ政権はこの複雑な課題に、より高度の緊急性と危険性を見出し、 たとえ成功の確率が低くても、対処することにした。最近、10月22日のオバマ大統 領とパキスタン総理大臣ナワズ・シャリフの会談は見送られたようである。しかし、それをトライし続けないのは、よくない。特にパキスタンとインドの 間でカシミールとテロの問題で緊張が高まっている時期にそれを怠るのはよくない

オバマ政権の新しいアプローチの仕方は、状況を本質的に絶望的だとみなすのではなく、現在は、たがいにに望むものが得られそうな交渉の要点を見つけ ようとしている。西側にとっては、パキスタンの自制と核技術拡散防止の国際ルールのより強い尊重である。パキスタン側は核保有国ファミリーとしての 待遇と核技術への接近である。

現在のところ、パキスタンは中国と別扱いの、核兵器仲間のはみ出し扱いである;インドの例にならって1998年に核実験をした後、国際的に罰せられてい る。パキスタン自身は西側に、いい振る舞いをせず、核拡散防止条約に参加するのを断り、かつ、核兵器技術を北朝鮮のような悪者に与えた。それでも、 西側がインドに与えているのと同じ待遇を求めている。

数十年の間、インドもまた、核兵器開発ついてペナルティを課された。しかし、この姿勢は、2008年 に変わった。中国との平衡関係から世界で最も経済成 長速度が高い国との関係を重視し、アメリカはインドにパスを与え、アメリカの核エネルギー技術の購入を可能にする寛容な核協定に調印した。

(邦文文責 渡植貞一郎)


ニュース見出し
米紙核兵器関連記事一覧