パキスタンの核戦力が米国世界政策の難題となる(Pakistani Nuclear Arms Pose Challenge to U.S. Policy)


By DAVID E. SANGER and ERIC SCHMITT
Published: January 31, 2011, New York Times


ワイントン発 = 米国情報機関の最新調査で、オバマ大統領の就任以来、パキスタンの核兵器戦力の着実な増強が結論された。パキスタンは、核兵器材料の生産量を一気に引き上げる能力を獲得し、英国を抜いて世界5位の核戦力保有に向かっている。


オバマ政権にとって、この調査結果は、大統領の国家安全保障戦略の中心課題、つまり、世界の保有核兵器の低減のとって、直接的難問を提起したことになる。核兵器戦力をかな増強するというパキスタンの決定は、そのほとんどは、対インド抑止が目的とはいえ、米国政府とパキスタンとの間で頻繁に生ずるまさつに、新たな火種を加えることになる。特に、核兵器用核分裂物質生産の世界的禁止条約の交渉を目指すオバマ氏の新たな努力を妨害するからである。


米国は、外国の核兵器戦力の推定数を秘密にしている。そして、パキスタンは、核兵器数量と核兵器所在位置の両方を秘匿するのに懸命である。特に米国に対し用心深く隠している。パキスタン核兵器が過激派の手に渡る危険があると判断されると、核兵器を奪取する米軍の計画を、パキスタン軍は警戒して。その計画を怖れての核兵器の秘匿の故に、正確な推定は困難である。


しかし、米国調査機関の職員、および、消息通の部外者によれば、最近の推定数量として、パキスタンの配備核兵器数は、現在、90代の中間から110発以上の範囲だとされる。オバマ氏就任時に、補佐官が、パキスタン備蓄核兵器数は、「70台中間か後半」と報告された。しかし、当時報告を受けたある当局者によれば、推定数は60発から90発の範囲だった、という。


ある米軍高級官僚は、「彼らが核戦力を、常時、着実に増強しているのを観察していました。急増したわけではありません。彼らが何をしているか、明瞭に、きわめてよく知っています」と、語った。


ホワイトハウス職員も、増強が「ゆっくり、着実に」なされている、という見方に同調した。


しかし、より深刻な懸念は、核分裂物質生産である。世界の核分裂物質生産を算定している第三者機関、International Panel on Fissile Materials、の最新の推定値に基づき、ある専門家は、現在パキスタンは、40から100発の核兵器を追加するのに十分な材料を生産したと、語る。その核兵器には、新型のプルトニウム爆弾も含まれる。これらの推定が正確なら、(数人の当局者もその程度の数量を考えている)パキスタンは、これまでの伝統的核大国と同等の位置を占めることになる。


「死の抱擁:パキスタン、米国および世界的聖戦“Deadly Embrace: Pakistan, America, and the Future of Global Jihad”」の著者、元CIA職員のブルース・リーデルは次のように語った。「今すぐでないとしても、いずれ、パキスタンは英国を抜いて第5位の核大国になるでしょう。新たな原子炉が計画され、その生産速度を考慮すれば、パキスタンはフランスを抜いて第4位の核大国になる道を進んでいます」。米国、ロシア、中国が3核大国である。


リーデル氏は、2009年始めに、オバマ大統領のために、パキスタン、アフガン政策再検討を指揮した人物である。


パキスタンの核兵器の新たな推定数量についての質問の回答を、ホワイトハウスは、先週、拒否した。その一方、パキスタンの配備核兵器の保安管理は安全と考えているの一点張りだった。パキスタン核兵器施設のフェンスの建設、センサーシステムのインストール、核兵器取扱い要員の訓練、などを援助するのに、米国は1億ドル以上を費やした。

しかし、米国の高級官僚たちは、核兵器に使用可能な核燃料は、研究所や格納センターに保存され、より弱体な保安管理のもとで、パキスタンの広大な核複合施設の内部要員により横流しされかねないと、懸念している。


昨年末ウイキリークスが暴露した国務省の通信では、アン・パターソン(当時の駐パキスタン米国大使)が、パキスタンの研究機関の核兵器用材料は、部内要員による緩徐な窃盗の被害を受け易いという懸念を送信していた。また、その通信は、核兵器戦力をプルトニウム兵器にアップグレードするのに使用できる技術を同盟国に移行させないための、米国の努力も明らかにした。


ハーバードの研究者で、Nuclear Threat Initiative という団体の「爆弾の安全管理(Securing the Bomb)」という年次報告の編纂をしているマシュー・バンは次のように語った。「大量生産でもっとも懸念されることは、核分裂物質を大規模に取り扱う現場、つまり核分裂物質を生産し、メタルに転換し、爆弾部品に成型する工場で、盗難にあうことです。現実に起きた、高濃縮ウランまたはプルトニウムの盗難は、1回を除いてすべて、大量取り扱い現場の内部要員によるもので、そういう場所では、損失の検出をまぬかれて、少量づつくすねることが可能なのです」


今週月曜日に、ワシントン・ポストは、政府の分析を引用して、パキスタンの核兵器戦力は、今や、配備数100発を超えたと、報じた。この3週間のインタビューで、インドを含む数カ国の政府当局者は、パキスタンの核兵器能力への警戒感の上昇に関心を示し、自分たちが推定している数量をもらした。


しかし、ほとんどすべてが、彼らの本当の懸念は核兵器そのものでなく、兵器用核分裂物質、特にプルトニウムの生産増加だと語った。パキスタンは、プルトニウム生産用の新大型原子炉建設を完了しつつあり、それは、新世代核兵器製造能力を大きく増強する。その上、オバマ氏の核兵器仕様核分裂物質の生産禁止イニシアティブに逆らうものである。


パキスタンの核計画は、軍部が握っている。だが、表向きは、二人の民間人指導者が核計画の命令系統に参加することになっている。昨年、首相がクスハーブの新プルトニウム原子炉を訪問したので、少なくともある程度、計画の知識があるはずだ。オバマ政権のある高官は、「民間人が正式に参画していると思っている」と語った。

それでも、国内財政状況の極端な悪化時期に、パキスタンがどのようにして、新核兵器生産費用を捻出しているのか不明である。核計画に詳しいある外交官は、匿名を条件に、機密計画について論議することを承諾し、次のように語った。「特に、国の経済状態を考えれば、パキスタンがそんなに多くの核兵器で何故必要なのか?パキスタンは、インドを効果的に抑止するのには十分な核兵器を保有しています。将軍たちが、インドより多いと言いたいためなのです」

米国当局者は、パキスタンの核戦力について公開の席で議論することに慎重である。それは、緊急時、または政府崩壊時の核兵器保安確保策を米国が検討するのを嫌うパキスタンを刺激したくないからである。しかし、昨年11月、オバマ氏の主席核問題顧問、ゲーリー・セイモアーは、核分裂物質製造禁止条約、カットオフ条約についての討議を、パキスタンが妨害しようとしていると、非難した。この交渉が成立すると、パキスタンの核計画は脅かされる。


昨年のインタビューで、パキスタンの高官が、米国政府が民生用核燃料をインドに供給する取引を成立させたことに激怒したと、語った。新しく核兵器を製造するために自前の核燃料を流用する余裕をインドに与えた。その結果、インドの核戦力に対抗するために、パキスタンは、自身の生産量を増加させる。その能力を低下させる条約に反対せざるを得ない、というのである。


12月の声明で、核戦力を管理するパキスタン国防総省は、次のように述べた。「パキスタンの戦略的抑止力を損なういかなる策謀も拒否する。パキスタンの安全保障上の固有の権利に不利ないかなる仕組みにも参加しない」

国家安全保障委員会のスポークスマン、トミー・ヴィーターは、金曜日に次のことを述べた。オバマ氏は、パキスタンの核兵器の保安管理を「信頼」しており、「カットオフ条約の交渉開始を支持してくれるよう、すべての諸国に要請する」と語った。他の当局者によれば、パキスタンの影響に煩わされず、新たな枠組みで交渉を開始する方途を見出す努力が進行中だという。

パキスタン軍高官は、月曜日に、パキスタンの核兵器数量と生産速度を確認することを拒否し、その情報は機密だと語った。公式に語る資格のないこの高官は次のように語った。「みんなが、わが国の核戦力について過度の懸念を抱いている。われわれが保有しているのは、信頼性のある、最小の抑止力だ。掛け値なしの最小限度だ」

米紙核兵器関連記事一覧