Op-Ed Contributor


11月4日に9・11を思い出せ(On Nov. 4, Remember 9/11)

By JEFFREY GOLDBERG
Published: September 9, 2008, NewYork Times

次期大統領は、一つのことを行わねばならぬ。次期大統領が成功するかどうかは、ひたすらその一事で判定されるのだ。つまり、 アル・カイダ、またはアルカイダ模倣者が、核装置の操作能力を獲得し、米国で核爆発を起こすのを阻止せねばならない。 その他の何か、つまり、ファニー・メイ、保健医療制度改革、エネルギー独立、ワシラ(アラスカ)の予算不足などは、ものかずではない。 ロワー・マンハッタンまたはワシントン・ダウンタウンの核爆発は、数千、数十万の死者;壊滅的なデフレ;グローバル化の逆行;西側社会で永遠に続く恐怖の潮流;そして、市民的自由というアメリカ文化の全面的な拒否、をもたらす。

私が話を聴いた多くの核拡散問題専門家が、その核爆発が次の10年間で起きる確率は、50パーセントに達すると判断している。私は楽観論者だから、10パーセントから20パーセントと見積もる。核技術の複雑さだけが、今日、アル・カイダが核攻撃を実行するのを防いでいる。(彼らにとって)困難な局面は、核分裂物質の取得である;容易な局面はその密輸である(噂では、核兵器部品をアメリカに運び込む一つの方法は、コカインの積荷に隠すことだという)。

9・11以後の7年間、われわれは、超能力信仰と終末論信条のテロリストと同じ時代を生活している。 彼は、国家主義的な苦悩というよりむしろ革命的かつ神学的執着心によって動機づけられている。そして、彼は、西欧的技術を、その開発を主導した者に向けて操作することに長けている。 冷戦下では、ソ連は何回もアメリカを消滅させる技術的能力を有していたが、踏みとどまった。それは、合理的な自己保存、固有の保守主義、および恐らく世界の終焉をまねく恐怖の核戦争という認識によるものだったろう。 アル・カイダは世界を破壊できないが、彼らが破壊できるものを、可能な時に、破壊するだろう。

だから、バラク・オバマが、6月のABCプログラム「ナイトライン」で、1993年の最初の世界貿易センター攻撃に対する連邦の対応の尊厳さを称えたのを聴いて、困惑させられるのだ。彼は次のように語った。「われわれは実行犯を逮捕し、投獄することができた。現在彼らは、無力化され連邦刑務所にいる」

これは全くそのとおりだ。しかし、それでも、今日の効果的な対テロ作戦として、何故法による強制が不適当なことを示す実例として、あの1993年の爆破犯人の検挙以上のものはない。テロリストの逮捕と犯罪実証は完全に実行された。 F.B.I.は、陰謀の首謀者、ラムジ・ユセフを捕らえようと、はるばるパキスタンに至った。彼はは今日、コロラドの「スーパーマックス」連邦刑務所で完全無力化されている。

そしてしかし、世界貿易センターが消えた。 最初の試みの8年後に、ラムジ・ユセフの叔父、ハリド・シェイク・モハメッドが、もっと成功した攻撃を仕組んだ。一回目の爆破犯たちの検挙に成功したので、この国は、まやかしの平穏に酔っていたのだ。 法による強制は、明らかに2回目の世界貿易センター攻撃を防ぐことができなかった。 わが国益にかけて、われわれは次のように想定しなければならぬ:今日、陰謀情報を捕捉する体制はできていない。その陰謀は、非通常兵器を使うと思わなければならないのだ。

私は昨年の初めにオバマ上院議員と話をして、彼が、その脅威を理解しているように思えた。彼は、党の左翼のサポートを確保しようとして、テロリスト集団が核兵器を入手する可能性がアメリカが直面する「No.1の脅威」だと私に語った。 しかし、彼は、脅威は、主に法の執行で無害化できるようなしろものでないことを理解しているのだろうか? つまり、核テロ情報を探り出し、軍事的に根絶しなければならないのだ。究極の目的は検挙ではなく、先制制圧(pre-emption)なのだ。

[先制制圧」と言う言葉を使った。それは公然とそう名乗らないドクトリンだ。ブッシュ政権は、全く実効の無かったイラクの大量破壊兵器計画を先制制圧することによって、わが国に何の奉仕もしなかった。もちろん、危険は近づいたり遠ざかったりする、永遠に触れる振り子である。その動きが、情報機関(intelligence)によって提示されれば、民主党の大統領でもたじろぐことになりかねない。(「情報」は往々にして大統領にこんな風にささやかれる。大統領、私たちは本当のところ何が起こっているか分からないのですが、しかし・・・、あの船、あの港、あの原子力発電所が緊急事態またはそれに近い危険に曝されています)

上に述べたことは、オバマ氏が相手側が描いた風刺漫画にそっくりだと言おうとしているのではない。彼は実際には、この問題に関して積極的な2重志向であある。 彼は、今やブッシュ政権の方針のようなパキスタンにいる目標に対する一方的な攻撃行動提案に、苦情を言う。彼の言葉にはトゲがあり、往々にしてそれが多すぎる。 民主党大会のピーチで、彼はこう述べた。「マケインは、ビン・ラディンを地獄の扉まで追い詰めると、言いたがるが、ビン・ラディンのいる洞窟にさえたどり着けないだろう」。彼が何を言いたいのか、私には確かではないが、とにかく、かなりいさましい(muscular)。

また、バラク・オバマは、核分裂物質に関して有益な提案をした。大統領1期目で、世界の管理不十分な核分裂性物質の保安体制確立を目指す。 これは理想を超える目標である。何故なら、北朝鮮、イラン、パキスタン、それに、特にロシアなどの諸国の協力を必要とするからである。それでも、ロシアとの交渉では、オバマは、から威張りしているジョン・マケインより有利な立場である。

ワシントンで、ジョン・マケイン以上に深刻に、この問題(核テロリズム)に、心を痛めている人物はいないだろう。しかし、彼は、彼自身の一連の反テロリズム闘争政策に問題を抱えている。かれの過剰な発言にとどまらず、彼には、この課題と関係のある(認めうる)前歴があるのに、副大統領候補として、アラスカ州兵陸軍の公式指揮官を選ぶという奇妙な決定をした。それが問題である。マケイン上院議員が言うように、イスラム教徒のテロは、事実上、この時代の「超絶的」脅威かもしれないが、イスラム教徒に、本当に、文明の衝突に参加しているのだという実感を与え、われわれの敵の、既に巨大になっている、自己満足を構築させるのは、戦術的に無思慮である。

何年も前、9・11以前のアフガニスタンで、美徳教育宣伝・悪徳抑制委員会、つまり、宗教警察のリーダーに、私は質問されたことがある。ビル・クリントンがどのくらいタリバンを怖がっているか?というのである。私は、全然と、答えた。 本当は、たぶん、クリントン氏は多少怖がっていたが、私はそれをもらさないつもりだった。 この男がガックリするのを見たのは、カンダハルでのまれな喜びだった。

マケイン上院議員には、注意すべき他の問題がある: 恐らく、先制制圧に関する目に余る無思慮ぶりである。(イラク侵攻では様々な予想違いがあったが、そのことは、予期的防衛いついて、彼の見解を修正することがなかったことが、彼との対話で分かった);そして、さまざまなイスラム教徒テロリストの区別が、見たところ彼には出来ないか、またはその気がないか、いずれかなのである。

私はつい先頃、彼に次のように尋ねた。アメリカは米国自身のイラン問題とスラエルのイラン問題を統合するべきかどうか?彼は、イスラエルの存在は米国の道義的、国家安全保障的至上命題である、として次のように語った。「イランが支援するテロ組織、ハマスとその他は、少なくとも長期的には、アメリカ合衆国の破壊に向うことになる、と信じている」そして、彼は言い足した。 「イラクが主戦場だ。何故ならシーア派武装勢力が特殊部隊を送り、彼らが叫んでいるように、…米国の影響を取り除き、イラクからわれわれを追い出そうというのだ」

彼の答えの中には、さまざまな事柄が出てくるが、そのすべてが相互に連結しているのではない。 ハマスは、アメリカが体現する主要なものを、イデオロギー的に嫌悪する不快なグループだが、シーア派民兵との戦いには無関係である。特にこの点での混同は、イデオロギーと動機に関する真剣な会話を排除してしまう。

というわけで、われわれの前にいる大統領候補は、(核テロリズム対策に)一人はまだ大雑把な戦略を模索しており、もう一人は、誰と戦うのかが、はっきりしないのだ。 われわれは、絶望的であっても、次のことを願わずにいられない。それは、何人かの核不拡散問題専門家が、ほとんど不可避だと信じている事がらからアメリカを救う最善の方法について、二人が完全に自由に、包括的に討論することである。現実問題として、われわれはそのような会談がなされることを要求すべきである。何故なら、それ以外のことは問題でないのだから。

Jeffrey Goldberg, a national correspondent for The Atlantic, is the author of “Prisoners: A Story of Friendship and Terror.”

米紙核兵器関連記事一覧