アメリカ、核兵器大規模新鋭化を加速(U.S. Ramping Up Major Renewal in Nuclear Arms)

SEPT. 21, 2014、New York Times.

By WILLIAM J. BROAD and DAVID E. SANGER 




ミズーリ州カンザスシティー発:以前は大豆畑だったこの地に建設された新プラントが、アメリカの核弾頭の主要な機械部品を製造する。ペンタゴンより も大きく、何千人もの従業員と超新鋭機器をそろえたこのプラントは、ミサイル、爆撃機、潜水艦に搭載する核弾頭が老朽化したとして、それらを新鋭化 するために、先月完成した。


これは、核戦力再構築の全面的なうねりの一環で、この政策には、新世代の核兵器運搬手段計画も含まれている。連邦政府の最近の試算では、今後30年間 で1兆ドルの支出が見込まれるという。

この膨張は、まさに「核のない世界」キャンペーンを展開し、軍縮がアメリカ防御の最終ゴールだと宣言した大統領によってなされたのである。当初のアイディアは、次のようなものであった。老朽化した核関連施設群を適当に再建すれば、核兵器の更新を加速し、核兵器の信頼性を高め、新たな核協定への道筋が生まれ、核弾頭数の著しい削減に至る、というのである。

ところが、政治的なかけひき、および、国際政治の危機のために、オバマ政権は広範囲な核戦力再建に進み初め、その一方、核軍縮は些細な進展段階に留まっている。


核軍縮の支持者たちも、また、オバマ大統領の最も親しい何人かのアドバイザーも、すでに核兵器新鋭化が自己目的化してしまったので、オバマ大統領の(核廃絶指向)ビジョンに対する共感は、裏切られ、失望に転化したと、語る。


核軍縮論の著述で、強くオバマ氏に影響を与えたサム・ナン元上院議員は次のように語った。(この状況を)説明するのはとても難しい。大統領のビジョンはもともとまるきり違う方向を目指した。しかし、政治経過は現状維持のまま継続した。」


アナリストたちによれば、ロシアが好戦的になり、中国が領有権主張を強め、パキスタンが核戦力を増強するなどの理由により、オバマ氏の核軍縮指向の全体的な展望は急速に小さくなったという。議会は、核兵器削減に冷淡で、政府のモスクワに対する強硬な対決姿勢のほうに注目する。


一期目のオバマ大統領のトップ核アドバイザーで、現在はハーバードの研究者のゲーリー・サモーアは次のように語った。「最も重要な転換要因はプーチ ンによるウクライナ侵略です。それが一方的な備蓄核兵器削減のすべての手段を不可能にしてしまった」


それが(核)タカ派にとって絶好だった。彼らは、投資対象を見出した。つまり、アメリカをより強固にするという、新たな核軍拡競争の開始である。事実、オバマ氏が承認した、より確実で信頼性の高い小型の核兵器のための新プラント計画は、政権が変われば、急速な核戦力拡大につながりかねない。


核軍縮派は、ホワイトハウスがオバマ氏の広いアジェンダのうち、いくらか推進させたと言う。ナン氏は、大統領が、各国の指導者を説得して、テロリストの手に渡る危険のあった管理の悪い核物質を一掃したことで、世界的な核安全保障を改善したと、評価する。しかし、結局のところ、予算編成の現実は 、核兵器手直しという程度の考えを吹き飛ばすなことになりかねない。モンテレイ・国際関係研究所の核兵器新鋭化問題のエキスパート、ジェフリー・ルイスは次のように語った。「資金は不足です。みんな、これから(暴走)事故を起こす列車に乗り合わせたのです」

カンザスシティー・プラントは成功したと思われているが、(スケジュールどおりに予算内に収まった)、他の更新計画は、遅滞し予算オーバーのぬかるみにはまっている。それでも、議員たちは、重要な地区の目玉プロジェクト推進のために必死に戦う。


懐疑論者によれば、保有核兵器は既に信頼性が高いという。高価なオーバーホールは、核軍縮のためというよりは、票の獲得のためで、人寄せのトップ・ タレントである。これがなければ人々が他のフィールドに流れてしまうというのだ。


しかし、オバマ政権は、備蓄核兵器の改良は、核兵器をより小さく、よりフレキシブルにすることによって、オバマ氏の本来のビジョンを完成するのに不可欠だと主張する。

エネルギー省が老朽核兵器新鋭化コンプレックスを主導する。エネルギー省副長官を退任するダニエル・B・ポーネマンは、「核兵器新鋭化全体のデザインは、(核 兵器の)削減を可能にするものだ」と語った。

武器よさらば(A Farewell to Arms


2008年の秋、バラク・オバマの大統領選挙キャンペーンの際に、平和グループ連合がカンザスシティーの核爆弾更新プラントの作業中止を要求する訴訟を 起こした。1人の訴訟当事者の訴えにあるように、新政権ができれば、2,3ヶ月以内にプロジェクトは消滅する見通しだった。


オバマ氏は核軍縮支持を宣言していたから、ブッシュ時代の産物であったカンザスシティー・プラント計画は、(平和運動グループにとって)当時、格好 の攻撃目標であった。


7億ドルの核兵器工場は生き残った。しかし、2009年4月に、新大統領、およびその相手のディミトリー・A・メドベージェフは、新スタートと呼ばれる軍縮条約を早急に締結すると誓い、それぞれの国民に「核のない世界を作り上げる」と誓約した。


5日後に、オバマ氏は、プラハで演説し、アメリカには、「核兵器のない安全な世界」を求める道義的責任があると謳いあげ、群集の喝采を浴びた。

彼はこう付け加えた。「私はナイーブではない。この目標は容易には達成されないかもしれない。もしかすると私が生きている間にはむりかもしれない。 辛抱と粘り強さが必要だろう」

その10月、ノーベル賞委員会は、オバマ氏の核軍縮に向けた努力を賞賛し平和賞を贈った。


モスクワとの合意は素早く作り上げられた。両国は、7年間で、戦略略兵器を、およそ30パーセント、2,200発から1,550発に削減すると合意した。それはささやかな前進だった。ロシアでは備蓄核兵器は崩壊しかかっており、今日すでに、削減合意した数量以下に落ち込んでいると、軍事専門家はみている。


たとえそうであっても、上院の条約承認を得て、それを、今後数十年間の国家の核兵器政策に定着させようとして、オバマ氏は、2010年に、共和党と取り 引きをした。

共和党は、大統領がアメリカの核戦力および核兵器製造現場の革新的な再構築に同意しないかぎり、条約の批准に反対だった。アリゾナ州選出のジョン・ カイル共和党上院議員が、条約反対をリードした。政権の何人かそのとおりだと認めた表現を使うなら、彼は核兵器製造施設を潰れかけた自動車工場と同 列視した。

追い詰められた政府は、核兵器修復用に10年間で140億ドルを加えると約束した。それでも、カイル上院議員は、取り引きの締結を拒絶した。

最初の主要条約が不承認になる事態に直面して、オバマ氏および当時議会運営を担い、現在は国務長官のジョン・ケリー上院議員は、作戦司令部をセットし、共和党の支持を広げる交渉を行った。12月の後半に、5週間にわたる運動が成功した。それでも71票対26票というのは、ワシントンとモスクワの間の核兵器条約としてはこれまでの最小票数差であった。


地元に核兵器製造施設のある上院議員たちを含め、民主党議員は一致して条約に賛同した。民主党に賛同した共和党員の中には、ボブ・コーカーおよびラマー・アレキサンダーがおり両者ともテネシー州選出で、核兵器新鋭化計画の強い支持者だった。アレキサンダー氏は、最近、新工場の予算計上を報告し、「何千人もの雇用ができて嬉しい」と語った。


核兵器支出(Nuclear Spending)

議会に対するする、秘密または公開の報告書で、オバマ氏は核兵器の刷新計画を詳説した。議会予算事務局によれば、次の十年間の支出は、3550億ドルに達するだろうと今推測している。しかし、それは単にスタートである。10年後には、前世紀に建造されたミサイル、爆撃機および潜水艦の耐用年数が終了し、更新装備が建造されるので、費用が急上昇するだろう。


アシュトン・B・カーター前国防副長官は、そうなると全体で莫大な金額になるから、比較すると、現在行っているやり方が安価なのだ」と、語った。

(核戦力)新鋭化の波(A Wave of Modernization)



資金は、核弾頭製造施設に投入される。主に、40,000人以上を雇用する8工場および研究所である、最も古い施設は、1943年に建設されたが、火災、爆発および労働災害に、長い間悩まされている。この5月にも、テネシーで、コンクリートの屋根が崩壊した。最近、天井の一部が、階段の吹き抜けを落下し、従業員は、安全帽をかぶるよう命じられた。


チャック・フライシュマン、テネシー州共和党下院議員は、4月のヒアリングで、「それは悲惨だ。毎日のように損壊している」と語った。設備が「一日ごとに故障する」と彼は付け加えました。


いくつかの点で、問題は、デトロイトの自動車工業が直面している事態に似ている:老朽化施設へ資金をつぎ込むか、より安全で、完全にコンピューター化され、現代の環境基準に適合する、新しいものを構築すべきか?

また、政府が後者を選べば、核兵器を世界から除去するという、大統領が誓約した政策に照らして、その(核兵器新鋭化)資金投入投資を、どのように正当化するのか?


カンザスシティーの老朽化核弾頭プラントはジレンマを内包している。それは航空エンジンを生産するために第二次世界大戦中に建造され、1949年に、核弾頭の機械的構造、電気部品製造のための核兵器製造施設になった。

しかし、繰り返し川の氾濫に見舞われ。また、去年、徐々に閉鎖された。今日、ビジターは、汚れた備品、古い機械類、床が泥で覆われているのを目の当りにする。


更新施設は、8マイル南の高台に位置する。5つの建物が、古いプラントと全く同じ2,700人の従業員を収容する。しかし、諸費エネルギーは半分で、約1億5000万ドルを毎年節約するとされる。ぴかぴかなロビーおよびカフェテリアからフィットネスセンターに至るまで、すべてが明るく現代的である。繊細な組み立てクリーン・ルームは病院の手術室以上の清潔さである。


それは、放射性ダストを都市に散布しそうな核兵器製造工場とは違い、大学のようで、国家安全保障キャンパスと呼ばれそうである。リック・レイブロック工場長は、7月の見学ツアーのおりに、従業員は、核兵器製造工場を安全に、信頼できるように維持するという、非常に強い使命感を持っている、と語った。


彼らの主な業務は、W-76と呼ばれる、ほぼ40才になる潜水艦搭載核弾頭の寿命を伸ばすことだ。何千もの部品を分解して、最初に想定した寿命を3倍、つまり最低60年に延ばそうとしている。

核弾頭の新しい中身、多彩な類類の器械装置、電子部品が、組み立てホールの外側の金属テーブル上に、光るノーズコーンのそばに並んでいる。


ツアーの最後に立ち寄ったのは巨大な貯蔵庫だった。レイブロック氏は、60,000の平方フィートで、フットボールのグラウンドより大きないと語った。

彼は、笑いながら、映画インディ・ジョーンズ「失われた聖蹟」のシーン、永久に繋がっているように見える倉庫にたとえた。

カンザスシティー・プラントが核兵器新鋭化事業の飾り窓だというのなら、他のプロジェクトでこれから何十億ドルもの資金がどのように支出されるか懸念せざるを得ない。また、見事に完成した施設も、ねじれた方向に向かうかもしれないことが、懸念される。


原子爆弾の出生地、ニューメキシコ州ロスアラモス国立研究所で、10年前に、プルトニウム燃料を作る予算6億6000万ドルの計画が出現した。しかし、反核 団体は、建設予定地の下で断層が発見されたと、否定的な事実を公表し続けている。予定支出は58億ドルまで急上昇した。2012年に、オバマ政権がこのプロジェクトを保留にした。


軍事的配備(The Military Deployments)



アメリカの核戦力複合体の再建と、核兵器に依存しない世界を構築するという大統領の誓約とは矛盾しないと、オバマ政権は言う。



「私たちが核兵器を保有しているかぎり、最も重要なことは、それらが安全で、信頼できることを確認しておくことだ」と、ポーネマン、エネルギー省副長官は語った。アジアと中東の同盟国のアメリカの核の傘に言及し、これらの国々の軍事的安心感を確保し、自前の核兵器製造を抑制しているとし、「核兵器改良によって同盟国を安心させる。拡大抑止力にとって重要だ」と彼は語った。


政権は、12隻の新ミサイル潜水艦、100機に達する新爆撃機および400基の新型または改良地上ミサイル建造計画を立てるようペンタゴンに命じた。

モンテレー研究所のルイス博士その他にの最近の分析によれば、これらの戦力の建造費は、もし承認されると、2024年と2029年の間にピークに達するという 。


次の30年間に核兵器産業に投入される全資金はおよそ9000億ドルから1兆1000億ドルと見積られた。政策決定者は、「最近になって初めてこれらの調達費の全容を評価し始めた」と報告書は述べている。



それにもかかわらず、新戦力のためのロビー活動がヒートアップしており、軍当局は、老朽化した装備を目立たせることに躍起になっている。4月には、「60ミニッツ」番組で、老朽ミサイル基地のツアーを特集した。軍の担当士官は、古風な電話、故障したドア、水漏れで損傷したミサイルおよびおびただしい数のディスクを使う古くさいコンピューターなどを公開した。




1兆ドルの軍備計画と緊縮財政の間に次第に現れてきた亀裂に、政府は注意を向け始めてはいる。核戦力新鋭化の遅れが積み重なると、費用見積額は上昇する。専門家研究集団は無遠慮に、現在の動向は許容しがたいと評する。


下院および国防省に委任された超党独立委員会は、7月に、新世代ミサイル、爆撃機、潜水艦建造の費用負担不能(unaffordable)を宣言した。元国防長官ウィリアム・J・ペリーを含む10人のエキスパートは、支出が1兆ドルに達するという他の推定を発表した。


(核戦力新鋭化への)投入予算総額には、通常兵器の改良に必須の費用が振り向けられるに違いない、と委員会は言明した。


ホワイトハウスは、2016年度の連邦支出を準備する。議会への次年度予算請求に備えて、核兵器用費用の見直しをすると、ハワイトハウスは7月に発表した。

「これはオバマの遺産的予算だ」と、話題が政治的に微妙だという理由て、匿名を条件に、ある政府高官が語った。「これが困難な決断を下し、独特の優先性を示す彼の最後の機会だ」

既に、政府は、海軍の新型潜水艦、新型爆撃機の核装備(?atomic certification)および複数運搬手段搭載可能な新世代核弾頭の計画を遅らせた。また、爆撃機用の新しい核兵器、空中発射巡航ミサイルの生産を中止するべきかどうか、議論を始めた。その費用は、約300億ドルと見積もられている。


最も劇的な削減要求の一つは、昨年国防長官になる直前に、チャック・ヘーゲルからなされた。将軍ジェームズ・カートライト前統合参謀本部副司令官が座長の研究報告書は、3500発の備蓄核兵器を300発に削減するよう提案したが、これにチャック・ヘーゲルは署名している。この研究報告は、国の軍備計画は、核抑止力に必要以上の核戦力を、恣意的に維持するものだ、と結論を下した。

William J. Broad reported from Kansas City, Mo., and David E. Sanger from Washington.

米紙核兵器関連記事一覧