社説(Editorial)

(反核)ゲームのルール(Rules of the Game)

Published: January 29, 2009, New York Times

ジョージ・W・ブッシュ大統領およびその側近は、就任早々、気に染まないすべての軍縮協定の除去を待ちきれない様子だった。 彼らは、まだ空頼みだったミサイル防衛システムに道をあけるために、1972年迎撃ミサイル条約を葬った。 彼らは、包括的核実験禁止条約に反対し、また、核弾頭中心部を構成する核分裂性物質の生産禁止体制確立に、真剣に取り組むことを、決してしなかった。

ブッシュ氏は、いやいやながら唯一、2002年にロシアとの兵器削減条約を締結した。その条約が示しているのは、ベルリンの壁崩壊から20年後の今日、いまだに、米国とロシアに、それぞれ2万発以上の核兵器が存在し、そのうち数千発は、数分以内の発射が可能な警戒態勢にあるということだ。

悪いニュースはそれに留まらなかった。

ブッシュ氏と彼のチームが、軍縮条約と軍縮交渉は、「古臭い考え」とバカにしている間に、北朝鮮は核実験をし、イランは、原発にも核弾頭にも使用可能な核燃料の製造にはげみ、そして、他の多くの諸国が、その核ゲームに参加するかどうか、思案することになった。

オバマ大統領は、選挙キャンペーンで、これらの危険に対処すると、公約した。 ヒラリー・ロダム・クリントン国務長官は、最近の承認公聴会で、そのための、この国の最高の選択は、緒条約に復帰し、ルール本位のシステムを復旧することだと主張した。 今、彼らはその高潔な意図を緊急行動として実現させなければならない。

最初の相手はロシアである。ロシアは合衆国以外に、この惑星を吹っ飛ばすほどの核兵器を持つ唯一の外国だ。オバマ政権は、今年の12月に期限が切れる1991年START条約(戦略攻撃兵器の削減および制限に関する米国とソ連との間の条約)の延長交渉から始めてもよい。この条約には、唯一、どの核兵器合意でも通用する検証ルールを含んでおり、そして、さらなる大幅な削減の機会を与える。

両者は次の交渉で、2002年モスクワ条約合意の、双方1,700から2,200は発の配備核弾頭数を、容易に1000発まで削減できるはずだ。交渉しなくとも、双方は、それぞれの核弾頭触発警戒態勢を、直ちに解除できる。

包括的核実験禁止条約の上院批准を求め、核分裂性物質生産禁止に向けた交渉を復活させる努力をするという、オバマ政権の公約に、われわれは拍手をおくる。どちらも達成しやすくはない。しかし、核指向が限りなく肥大化するという、恐るべき未来世界の出現の回避に、オバマ氏が真剣に取り組もうとするなら、両方とも不可欠である。

オバま氏は選挙キャンペーンで、新型核弾頭計画に反対した。彼は正しい。 科学的にも、軍事的にも、その必要性はまったく存在しない。 ロバート・ゲーツ国防長官は、新型核兵器開発計画の強い支持者だ。オバマ氏は抵抗するべきだ。他者に核への野心の自制(restrain)を迫るために、米国の信用度を保持したければ、自らの野心も自制しなければならない。

ブッシュ氏は、核兵器がテロリストの手に渡る危険を、繰り返し警告した。 彼は正しかった。しかし彼は、そんなことが決して起こらないことを保証するのに必要な戦略を立てられなかった。 そして、わが国の最も基本的な防衛力を弱体化させた。そのなかには、米国の信用という防衛力も含まれているのだ。

オバマ大統領は、もっとましでなければならない。 (反核)ゲームのルールを復旧することから始めてもいい(He can start by restoring the rules of the game)。

米紙核兵器関連記事一覧