秘密核兵器デザインの漏洩は偶然だった、ロシアが言明(Russia Says Leak of Secret Nuclear Weapon Design Was an Accident)

By ANDREW E. KRAMER NewYork Times, NOV. 12, 2015



クレムリン主席報道官が、今週、ロシアのテレビが報道した、海岸線を攻撃できる核兵器システム、無人潜水艦のデザインの存在を認めた。


ロシア当局は、まだ生産されていない潜水艦デザインの漏洩は偶然だったと言う。しかし、ロシアのメディアは、クレムリンは西側に報せたかったと示唆
している。

中立的な軍事解説者によれば、この種の潜水艦のデザインは数十年前考案されたが、これまで明らかにされなかったという。それは、長期活性型魚雷とし
て機能し、海洋の海面下を巡航しミサイル攻撃を避ける。

この デザインのニュースは、月曜日に、 ウラジーミル・V・.プーチン大統領と軍需産業役員および軍人とのミーティングを伝える普通の公式テレビ放送
の一場面が放映されてから表面化し始めた。

ある場面で、カメラは、軍人の一人が読んでいたバインダーの兵器のデザインを示すページが開かれている箇所にズームインした。


「海上多機能システムステータスー6」の太字の表題の下に、潜水艦の絵と、その兵器の効果の説明が容易に判読できる大きい文字のテキストが写しだされ
た。

それには次のように書かれていた。潜水艦は海岸ゾーンの敵の重要な経済的オブジェクトを破壊する。広範な汚染領域を出現させ、いかなる軍事的、経済
的その他の活動が長期に不可能になり、耐え難い損害を与えることを保証する。

水曜日にプーチン氏のスポークスマン、ドミトリ・S・ペスコフは、記者たちに、テレビカメラが、間違って秘密文書を写したと語った。


インターファックスニュースの記者によれば、ペトコフは、{実際に機密データがカメラの視野に入った。文書は正真の秘密だからビデオは直ぐにウェブ
サイトから削除された。このようなことが二度と起きないよう願っている」と語ったという。



しかし、エコー・オブ・ラヂオの解説者は、木曜日に、国家ニュースの放送は厳重な管理下にあるので、テレビ報道で偶然に事故が起きることはありえな
いと示唆した。彼は、この放送は、むしろ、西側との核緊張を高めるロシアからの最新の威嚇だと語った。


公式な発表ではなく、そのように考えれば、潜水艦の暴露は、プーチン氏とのミーティングで、軍人が常に潜水艦のデザインを追及しているという威嚇の
効果が増強されるよう、仕組まれたことになる。



昨年のウクライナの危機の頂点で、 クレムリンと直結している解説者、ディミートリ・キセリョーフは、ロシアには米国を核の灰にする能力がるとまで言
及した。後に駐デンマークロシア大使は、デンマークが米国のミサイル防衛網にあることにより(ロシアの)核攻撃に直面すると警告した。


ロシアの新聞の一つ、RBKは、1960年台に初めてソビエト連邦のデザイナーが無人潜水艦を考えたという未確認専門家の話を引用した。それは核兵器を浅い
海岸水域に輸送し、放射性津波を発生させるのだという。この新聞は、無人核潜水艦をソビエト連邦の物理学者にちなんで「サハロフの魚雷」と呼んだ。
だが、これはまだ建造されてない。


ロシアの事件をカバーしているラトビアベースのニュースポータルのMeduzaは、ロシア軍歴史研究家のブログを引用し、この兵器のデザインは、1980年代
にコードネーム「Skif」とされたのが、再編成されて、また現れたと認定しておる。


今日、そのほこりを払い、このデザインんついてプーチン氏が何かを考えてりるのは、漏洩の経過およびペスコフ氏の話から、あきらかである。


プーチン氏は、米国のミサイル防御計画に鋭く反対している。米国当局者はイランが標的だとしているが、ロシア側は、ミサイル計画がモスクワの報復的
第2撃能力を損ね可能性があり、ロシアと米国の核のバランスを壊すと主張している。
(邦文文責 渡植貞一郎)


ニュース見出し
米紙核兵器関連記事一覧