原子力空母原子炉事故第一報

The San Diego Union-Tribune
Silt sidelines nuclear aircraft carrier
AROUND THE REGION

December 2, 1999 Page(s): B-2
Edition: 1,2,7,8
Section: LOCAL
Dateline: CORONADO
Length: 178 words
Index Terms: ACCIDENTS ATOMIC MILITARY PROBES SAN DIEGO SHIPS
Record Number: 335060

________________________________________________________________________________

Copyright 1999 Union-Tribune Publishing Co.

サンディエゴ・ユニオン・トリビューン紙
1999年12月2日
 

原子力空母ステニスはノースアイランド埠頭に明日まで停留されることになった。艦の動力装置が火曜日にヘドロで汚染された。


クルーが艦の2つの原子炉を停止させ、空母は、およそ5分間動力停止状態だったが、海軍当局は、事故が核関連でなく、乗組員または住民へ危険は全くなかったと言明した。


艦の大きなスクリューが湾のヘドロを激しくまきあげ、それが主エンジンとジェネレータの復水器を汚染した。 乗組員が「困難で、手間のかかる作業」で(冷却海水)取入口と装置を清掃していると、海軍のスポークスマンは述べた。巨艦が湾の海底にぶつかったわけではない、と海軍のダイバーは語った。


ステニスは4日間空母発着訓練を行う予定であった。海軍はこの事故を調査中である。

コピーライト ユニオン・トリビューン、1999年

米紙核兵器関連記事一覧