盗難核を使われなくする米国のこころみ(U.S. seeks to make stolen nukes useless)

ブッシュ、核兵器研究所に核兵器に対テロリスト抵抗性をもたせるよう指示。専門家は、盗難のリスクは低く、より緊急な問題が放置されていると指摘(Bush has told weapons labs to render bombs terrorist-proof. But critics say theft risk is low and more urgent issues are being ignored.)

By Ralph Vartabedian, Times Staff Writer
December 5, 2006, Los Angels Times.

カリフォルニア州、リバーモア

ブッシュ大統領の秘密命令に従い、国立核兵器研究所は、悪者の手に落ちた核兵器を、現実には使用不可能にする技術を開発しようとしている。
この安全管理システムは、先週、国防およびエネルギー省の特別委員会で公式に承認された新世代核兵器計画の一部である。

そのような安全装置を装備した核爆弾は、理論上は、ロサンゼルスかマンハッタンの路上に放置して、それをテロリストが手に入れ、何ヶ月もかけてしらべたとしても、爆発させるのは不可能である。研究者たちによれば、誰かが不正操作で開錠すると、プルトニウムとウランを含むあらゆる部品が破壊されるような技術開発に取り組んでいるという。

しかし、大統領国家安全保障指令第28号として知られているこの3年間の取り組みは、多くの核兵器専門家から強い批判に曝されている。批判的な核兵器専門家たちは、絶対的安全装置の必要性にも可能性にも疑問を呈している。連邦政府は、そんなことでなく、核兵器研究所と工場ですでに知られている保安上の弱点を修復すべきであると、彼らは訴える。

米国は、テキサス、ノースダコタ、およびヨーロッパなど広い地域に散らばったミサイル基地や兵器庫に6,000 発の核弾頭を配備している。これらすべてには発射規制装置として知られている電子ロックその他の安全装置が装備されていて、テロリストが解除するのをきわめて困難にしている。

しかし、新しいプランはその劇的な改良を目指す。

大きい飛躍は、放射能の拡散や爆発を引き起こさずに、核兵器を自滅させることだ。新しいシステムでは、電子装置と機構部品を破壊し、ありあわせのどんなに粗大な装置を使ってもプルトニウムとウラン材料を再利用することを不可能にさせる。

どのようにするのか? それは機密である。1つの可能性は爆弾に強力な酸かその他の化学物質を入れておき、それでウランとプルトニウムを変質させることだ。その結果生じる核物質は、理論的には、非常に専門化した化学処理工場なら再処理可能である。

この考えでは、その場合、そのような再処理工場を利用できるテロリストなら、たぶん初めから爆弾を盗む必要はないだろう、ということになる。

米国の2つの核兵器研究所、カリフォルニアのローレンス・リバーモアとニューメキシコのロスアラモス研究所は、競い合って、高信頼性代替核弾頭として知られている新世代核兵器の開発をしている。国防省とエネルギー省のトップ職員で構成される核兵器委員会は、今週にも、勝者を選ぶことになりそうだ。

核兵器の使用規制装置は、多くの最高秘密計画のなかでも飛びぬけて機密性の高い部分であり、 科学者はそれらを「銀行金庫室内作業」と呼ぶ。

2003年にブッシュがサインした国家安全確保指令は、その内容は公表されていないが、そのなかに唯一機密でない唯一の文は以下のとおり: 「再構築remanufacture」以外にテロリストの手では起爆不能にする指示。この文章には、テロリストが破壊残渣を集め、時間をかけて新しい核兵器に組み立て直す可能性を除外していない。

リバーモアの核兵器設計主任のブルース・グッドウィンは、「テロリストが核兵器を使用するのを確実に不可能にすることが絶対条件だ」と語った。冷戦期に生産された兵器はテロリズムの時代向きに設計されてはいないと、言う。

グッドウィンによれば、「ソ連軍が、米国の核兵器を盗むために決死隊を送り込む動機は全くなかった。彼らには、多数の自前の核があった。核兵器を持たないある種の人々には、わが国を脅かす(terrorize)ために核兵器1個を盗みたいという物凄い渇望がある」

9月11日以前には、核兵器を奪って爆発させるテロリスト決死隊に対抗する役割を研究者が担うなどと、安全保障専門家は考えなかった。

しかし、評論家によれば、将来、テロリストにより米国の核爆弾が奪われることは、ほとんどありえない、という。もっと可能性の高いシナリオは、高濃縮ウランかプルトニウムを盗み出して原始的な核爆弾を作るか、完成した核爆弾を米国にひそかに持ち込むことだという。

政府監視プロジェクトは、エネルギー省の施設の保安状態を長い間批判しているワシントンのグループだが、その事務局長ダニエル・ブライアンは、次のように言う。「本当の脅威は、国中に散らばっている完全に不適当な場所と不十分な施設のウランとプルトニウム材料だ。自分達が抱えているそれらの問題を解決しないで、まだ到来しない問題を修復しようとしている」

エネルギー省は多くの施設に核兵器製造可能品質の核兵器材料を格納している。それらは、リバーモア、ロスアラモス、テネシーのY-12プラント、ラスベガスの北のネバダ核実験場、それにテキサス州アマリロのパンテクス工場などである。エネルギー省は、保安防御体制を改善しようとしているが、いくつかの施設は9・11以後の保安基準に達していない。

サンディア国立研究所副所長を退官したボブ・プールフォイ(Bob Peurifoy)は、冷戦時代に核兵器使用規制装置のパイオニアーだったが、次のように語った。「核兵器の不正無権限起爆を防ぐ秘訣は、核兵器の厳重な保管を維持することだ。保管の何らかの欠陥の故にテロリストが核兵器を入手するなら、断言してもいいが、遅かれ早かれ核爆発が起きるだろう」

事故は起きる

米国の核兵器が盗難にあったことはないが、保管に失敗した事故はある。1966年にノースカロライナのゴールズボロの事故、1966年のスペイン、パロマレスの事故、1968年のグリーンランド、チュールの事故、1980年のアーカンソ、ダマスカスの事故では、核爆弾が落下し破損した。これらは回収されたが、海中で失われたものもある。

リバーモア研究所の元所長代理、フィリップ・コイルは、米国の最高技術をもってしても、開錠完全防止は存在しないと、懸念する。「バグダッドの路上に核兵器を放置しても、どうすれば操作できるか誰にもわからないようにするなどと言うが、それは全く違う。逆転技術が成功した多くの例があるのだ」

そして、これまでにも核兵器の施錠を憂慮していた軍は、使用規制装置の不調で核兵器の正式認可使用が阻害されることを懸念している。

サンタモニカのシンクタンクのランド・コープのデヴィッド・モーシァーは、核兵器のエキスパートだが、次のように言う。「核兵器使用規制装置を改良することに反対すれば、核兵器への信頼が揺らぐことになる」その点で技術的な懸念があると、軍は地下核実験の再開を要求するだろう、と語った。

核兵器研究所の研究者たちは、核兵器の完全保安装置を目指すのは正しいばかりでなく可能だとしてつぎのように語る。「どうすればいいか判っている。工学的、物理学的、化学的観点から緻密である。全く素晴らしいものだ」

個別の保安管理装置

既存の備蓄核兵器は精巧な電子的、物理的なシステムによって保安管理されている。その一部だけが周知である。すべての核兵器が等しく保安管理されているわけではない。或るものには、比較的あまい規制があり、他のあるものは非常に高度なシステムで保護されている。

ブッシュの指令は、この個別式保安管理を終わらせることをねらっている。将来の核兵器ではすべての既存のシステムが改良され統一されることになる。 さらに、新技術は「不可能な」基準に達するために開発されるという。

1962年までは、どの核兵器にもロック(使用規制装置)はなかった。ヨーロッパ中に配備された核もそうであった。ケネディ大統領が始めて、核兵器に機密起爆指令つきの施錠を提案した。作戦指揮系統における「精神異常人物」が核戦争を始める可能性があった当時の安全管理体制を懸念したのであった。

プールフォイは、1962年にトルコに配備されていた核弾頭に最初にロックを装着する秘密任務を思い出した。装填機構に取り付ける機械的組み合わせ錠であった。

核兵器が拡散するにつれて、外国の核のあまい起爆規制装置が懸念されることになった。プールフォイと、ロスアラモスの前所長ハロルド・アグニューは、インド、パキスタンなどの他の核保有国にも、米国の核弾頭ロックのノーハウを提供することを提案している。しかし、エネルギー省と兵器研究所の職員たちは、この提案を拒否している。米国が、核クラブへの新参者が核兵器を改良するのを助けるべきでなく、この種の技術の機密解除は、米国のシステムを侵食しかねないという。

アメリカのシステムは精緻な使用規制多重装置に進化している。装填発射機構の多くの部分に、順次承認式(permissive action links)電子ロックがかかっており、 核弾頭の深い奥にあるチップ(回路)に、12桁と考えれている暗号を送信する必要がある。間違ったコードは核弾頭の装填、発射メカニズムを作動不能にすると想定される。
さらに、少なくとも他の二つの使用規制装置が存在する。最近の核弾頭には標的に向かって正しい予測軌道にあるか否かを判断する環境センサを備えている。センサーが特定の加速と気圧の変化を確認しないかぎり、弾頭起爆メカニズムが作動不能にされる。

使用規制装置の最高機密は、核反応を開始させるプルトニウムとウランにかかわる。 適切な発射起爆系列が実行されないかぎり、内部のあるコンポーネントが変形したままで、それによって核分裂と核融合が遮断されている。 その部分で酸か他の材料により核分裂物質を変質させると、核爆弾はテロリストにとって実質的には無価値になる。

リバーモアの設計技師、グッドウィンは、米国の核兵器が不適正な者の手に落ちた場合、弾頭のらゆる部分を作り直さなければならないほと徹底的に破損した状態にしたい、と語った。

「それこそが、保安対策の要です」

核攻撃開始の許可

いかにして米国は核攻撃を公式認可するか:

1. 大統領は、核攻撃を命令する必要がある場合に、保安管理ライン上の自分自身の身分証明をするために、認証コードを常に携えている。大統領に同伴するブリーフケースには盗聴防止機能付き電話と最高機密の核戦争計画が入っている。電話は、ペンタゴンか、飛行中のジェット機か、軍事基地のいずれかにおかれている軍総司令部の一つにかかる。

2. 大統領は、あらかじめ設定されている戦争計画のなかから選択し、30ケタ文字数字に暗号化してある作戦発動命令を発する承認を軍指揮官たちに与える。この暗号には、命令源、選択した作戦計画、作戦開始時刻および核兵器使用規制を開錠する8桁のコードがふくまれている。

3. メッセージが潜水艦、発射コントロールバンカー、または空軍基地に到着すると、核兵器発射操作員は、発射命令の合法性を確認するために、8桁の開錠コードが収めらている金庫を開錠する。陸上基地のミサイルは60秒以内に発射準備ができる。潜水艦から発射されるミサイルは、誘導システムを始動させなければならないので、もっと時間がかかる。

4. 2人の発射要員将校が、特別な鍵を使ってコンソールを開き、同時に同じ発射命令をミサイルに送る。 その発射命令には、どの戦争計画が選択されたかを特定してある。 ミサイルの誘導コンピュータには標的とそれらの座標があらかじめプログラムされている。

5. ミサイルが発射された後に、核兵器はそれ自身で装填、起爆準備する。 ミサイルに搭載されているセンサは、予定どおり加速しているかを確認する。 スイス製腕時計に似た機械的な自動装填装置が、起爆装置に一片の高性能爆薬を装填する。こうして核弾頭は標的の頭上で爆発する準備が整う。

Sources: Bruce Blair, World Security Institute; Lawrence Livermore and

Los Alamos national laboratories; John Pike, GlobalSecurity.org

米紙核兵器関連記事一覧