核実験で試される、オバマの少ない選択肢(Tested Early by North Korea, Obama Has Few Options)


By DAVID E. SANGER
Published: May 25, 2009, New York Times

今や核保有国として立ち現れようとしている国家の最初の直接的挑戦に直面して、オバマ大統領は、米国と同盟国は北朝鮮に「立ち向かう」と宣言した。北朝鮮が、国際的制裁をあざ笑うように、2回目の核実験実施と見られる行為に踏み切った数時間後のことである。

ホワイトハウス担当官たちが、北朝鮮の核能力に対する対応の国際的調整に乗り出すのと同時に、オバマ氏はその地下核実験に反応した。米国前任政権のいずれもが北朝鮮の核能力を後退させそこなったのであった。

中国との国境から遠くないキルジュ山中の核爆発に対する米国の反応を引き出して、オバマ新政権を早々にテストしようとしていると、直ちに悟ったので、2006年10月の北朝鮮の1回目核実験に際しブッシュ政権がとった反応より、強硬な姿勢をとることを決めた、とオバマ氏の補佐官は語った。

キャンプデービットからホワイトハウスに戻って、大統領執務室で主席補佐官と会談した後、ローズガーデンで、オバマ大統領は、北朝鮮の核実験は「国際法上甚だしい違反」であり、核開発計画から撤退するという過去の誓約を反故にする北朝鮮の宣言に対し、行動をとると約束した。

しかし、月曜日の晩のシチュエーション・ルームでの長時間の会議や、それ以外にも数時間ごとのミーティングによって、オバマ氏の補佐官たちは、政権の選択肢は限られていることを認識した。

対策は、ロシアと中国に対する新大統領の説得力に大きく依存すると、補佐官たちは語った。つまり、北朝鮮に対し月曜日に発した強い非難をかなり上回る措置をとるよう、北朝鮮の昔の同盟国のロシアと中国を説得するのである。中国とロシアにとって北朝鮮は冷戦時代共産主義の痕跡なのだ。

「私たちはみな、ロシアと中国がこれほど強く北朝鮮を糾弾したという事実に感動したと思う」と、オバマ氏の首席補佐官、ラーム・エマヌエルは電話で語った。

それでも、非難を有効にするのには困難が伴う。

北朝鮮に重油と原子力発電所を提供して、兵器開発計画を止めるよう要求したクリントン政権の努力も、この国を崩壊に向わせ、指導者の資産を取り上げようとしたブッシュ政権の努力も、いずれも失敗した。

そこで、ブッシュ氏の第2期政権では戦略転換し、北朝鮮の主な原子力施設の解体交渉をし、昨年、北朝鮮は少し前進した。しかし、米国政権内の強硬派を離反させることになった。

最近の数ヶ月、北朝鮮は協定を廃棄し、爆弾用のプルトニウム増産作戦に踏み切った。

今、オバマ氏は、彼が言うところの「強力な国際的圧力」と、新しいやり方の外交交渉とを、一瞬に融合させる手段を決めなければならない。それは、イランや他の国々が、米国の北朝鮮との対決姿勢を、来るべき自分たちとの対決でオバマ氏がどう振舞うかを調べる物差しにすると、補佐官たちが鋭く意識しているからである。

オバマ氏はメモリアルデーの演説をした後、午後はゴルフを楽しんだが、補佐官たちは、とぼしいデータを精査して、北朝鮮が見せびらかした核能力を正確に突き止めようとした。

政府高官の一人によれば、今回の初期地震波記録で、2006年の核実験とちょうど同じキルジュで数キロトンの爆発だったことが分かった、という。その判断が正しいなら、今回の核実験は、後に線香花火程度と判断された2006年の核実験より、いくらか大きい威力だったことになる。

しかし、大気中に放出された放射性粒子を検査し、核兵器のサイズを算定するのには数日あるいは数週間かかる。いわんや、標的に運搬できるミサイルに搭載する弾頭までコンパクトにする工学的技術能力が、北朝鮮にあるかどうか、長々と検討が続くだろう。

月曜日に、オバマ大統領は北東アジアの二つの最強同盟国のリーダー、韓国のリーミュンバク大統領および日本の麻生太郎首相に電話して、「北朝鮮を封じ込める具体策」を追求すると約束し、両国の防衛の「無条件の任務保証」を誓約した、とホワイトハウスは声明した。

予期しないわけにいかないくらいのものだが、その声明は、アイゼンハワーが大統領執務室にいた時代以来、米国政府を侮ってきた国家体制と、まだ試されてない新大統領が、事を構えるつもりかもしれないという、アジア同盟国の神経過敏を鎮めようとする、米当局の重要なサインであった。

しかし、日本と韓国の当局に確認したところによれば、米当局は、北朝鮮の直接攻撃を懸念してはいない。米国の反撃で間違いなく北朝鮮の壊滅するからだ。より懸念されるのは、北朝鮮が、中東にミサイルと原子炉の技術を売却したように、2回の実験済みの核兵器技術を闇市場に売却するこだという。

ある情報関係当局者は次のように語った。「私たちはブッシュの場合と同じ問題に戻った。核弾頭が発射される脅威ではなく、北朝鮮がそれらを売却する惧れだ」


月曜日に、北朝鮮が国連代表部を通じて1時間以内に核実験をすると通告してすぐに開かれた緊急会議で、オバマ氏チームはある予備的戦略で一致した。

ある政府高官によれば、北朝鮮が核能力を放棄しないかぎり、北朝鮮を外交的に完全に容認したり、正式に戦争状態を終結する平和条約に調印することは絶対にない、と言う。

広くうけ入れられる(common)対応を探り出すために、政府当局は、アジアのリーダーたち、とりわけ外交ドラマの主役になる中国の指導者との会見を計画している: ロバート・M・ゲイツ国防長官は、今週、以前から計画されていた年次国防会議で、その努力を開始する。スポークスマンのジェフ・マレルは次のように語った。「核武装した北朝鮮以上に、アジアの平和への脅威は存在しない。ゲイツ氏は、それが現実化するのをいかにして集団的に阻止するかを考案することになる」

外部のある専門家は、たぶん既に現実だと言った。 あるCIAの検証によれば、北朝鮮は最初のブッシュ大統領政権期に1,2発の弾頭を組み立て、2003年の春、米国がイラクに焦点を合わせていた頃に、査察官を追放し、さらに、弾頭6発以上の兵器用核燃料を回収した、と見られる。第2期ブッシュ政権は、核武装北朝鮮は決して「許容しない」と言ったが、政権交代までに北朝鮮の核分裂性物質が元に戻されることはなかった。

おそらくオバマ氏と同盟国が利用可能な最も強力な制裁は、2006年の北朝鮮核実験の後に国連安全保障理事会で採択された決議に含まれている。 それは、積荷の密輸のミサイル部品または核物質を調べるため北朝鮮に出入港する船舶の停船、臨検を、米国および他の諸国に許可するものである。この制裁が発動されることはなかった。それは、北東アジアでもっとも貧しい、予測困難な国家、北朝鮮と戦争状態になる懸念からであった。

オバマ氏は、北朝鮮の貿易を麻痺させる船舶の停戦を指向するだろうか、と聞かれたある高官は、「そりゃ先走りというものだ」と答えた。

しかし、別の高官は、「中国がオイル供給を停止すること以外には、それが、われわれが真剣なことを示す唯一のステップだろう」と語った。

北朝鮮にどれくらい強力な圧力をかけるかの算段は、誰が平壌政権の決定権を握っているかが疑問なので、ややこしい。 北朝鮮人が偉大な指導者と呼ぶキムジョンイルは、昨年心臓発作を起こし、衰弱しているようだ。 キム氏は、再登場したが、やせていて、細くなり、かなり年をとったように見えた。しかし、情報当局職員によれば、日常業務をこなしていると信じられるという。それでも、後継者争いが始まったとも言われる。

過去には、北朝鮮の指導者に方向転換を迫ることにもっとも慎重だった二つの国家は中国とロシアだった。だから、4月の北朝鮮のミサイル実験のときは制裁へのステップを妨害した両国が、今回、月曜日に新たな決議案作成作業が安全保障理事会で始まったとき、より厳しい制裁を支持したのは、重要なことだ。

ロシアは驚くほど強硬であった。 ロシアのビタリー・I・チュルキン国連大使は、次のような発言をした。世界は、核拡散防止条約(NPT)に対する脅威と対決しなければならない、多くの人がNPT崩壊寸前だと見ている。まだ承認していない包括的核実験禁止条約もあやうくなる。

Reporting was contributed by William J. Broad from New York; Thom Shanker and Mark Landler from Washington; and Neil MacFarquhar at the United Nations.

米紙核兵器関連記事一覧