論説主幹 (Editorial Observer)

考えられないことを考える:核兵器のない世界(Thinking the Unthinkable: A World Without Nuclear Weapons)

By CARLA ANNE ROBBINS(タイムズ副編集局長、元ウオールストリートジャーナル記者)

Published: June 30, 2008, New York Times

1986年にレイキャビクの頂上会談でロナルド・レーガンとミハイル・ゴルバチョフが、10年以内のすべての核兵器の放棄について話し合ったが、それは、一つの欺瞞だとして無視されるか、あるいは、この米国大統領は、戦略的現実に疎いというもっと恐ろしい証拠だと看做されてしまった。この交渉は、リーガン氏が当時注目されていたミサイル防衛計画実験の制限を拒否するに及んで、砕け散り、それっきりになった。

その後数日間、ロシア側が会談記録を発表するまで、レーガン氏の補佐官は、大統領が真面目にそんなアイディアを考えたことを否定した。 英国のマーガレット・サッチャー首相は、そのような愚考をした旧友を叩くために飛んできた。ワシントンの代表的知識人の意見として、ジェームス・シュレジンガーは、Foreign Affairs誌で、レーガン氏の振る舞いを、「低俗なユートピア理想」「粗雑な準備」「戦略的緊急性の理解不足」から発した危険な結果だと、一喝した。

その後20年経って、国家安全保障の権威として知られるジョージ・シュルツ、ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー、ウィリアム・ペリー、およびサム・ナンが、合衆国に対し、核兵器の有用性を否定し、最終的には核兵器を世界から取り除くグローバル・キャンペーンを主導するよう呼びかけている。

これらの人物(二人の元国務長官、元国防長官、元上院軍事委員会議長)の誰一人として、低俗な理想主義、あるいは、そのたぐいを、受け入れているわけではない。彼らは、繊細な感覚に訴えている。

彼らは、ウォールストリート・ジャーナルの二つの論説で、とめどなく拡大する核への欲求をはらむ恐るべき世界について書いた。その世界では、伝統的な抑止力はもはや無効である。そのような危険に立ち向かうよう世界を結集するのに役立つ唯一の方法は、核兵器のない世界を目標とする明確な国際協定(a clear commitment) であると、彼らは主張した。

彼らはまた、タカ派に対し、彼らが長い間嫌悪していた政策を、支持するよう求めた: そのなかには、核実験の全面禁止、ロシアおよび米国のミサイル臨戦警戒態勢解除、および両国の核備蓄の実質的な削減の合意、が含まれる。

キッシンジャー氏は次のように言う。「核兵器を持つ国が、持たない国に対し、そのような要求ができると、私には到底考えられない」

彼らの提案が、ブッシュ大統領の失敗した核兵器政策の拒否以外に、何かあると看做すのは難しい。 ブッシュ氏の補佐官たちは、8年間も、兵器制限合意を「古臭い考え」と嘲り、アメリカが、自身に核兵器行使能力があることと、他国の振舞いを抑制できないということの、その明白な関係を、否認し続けてきたのだ。

ブッシュ大統領は、2002年に、いやいやながら唯一の兵器削減条約に調印した。両国はさらなる削減をするかどうか、夫々勝手に決めると定めていた。その間、ラムズフェルド時代の国防総省は、使用可能性のより高い新世代の核兵器への支持を求めて動いた。たとえば発見しにくい埋設大量破壊兵器を攻撃する地中貫通爆弾とか、低威力核兵器などである。 (被災者が少なければ、それだけ、大統領の「自己抑制」の度合いが低かろうと、彼らは主張する)

今日、ベルリンの壁が崩壊して19年経って、合衆国とロシアには、まだ2万発以上の核兵器があり、そのうち数千発は、数分以内に発射できる。 核兵器をあきらめるように、北朝鮮を説得できるかもしれないが、できないかもしれない。イランは自前の核兵器を作るのに必要な技術を手に入れようとしている。多くの外国が、燃料問題もあって、突如、原子力に対する熱意を見せ始め、それは、誰かが核兵器を造るのに役立つ。すべての条件は、テロリストが核兵器を購入したり、盗んだり、あるいは、作成したりする危険性をはらむ。これが、恐るべき現実である。

シュルツとその同調者たちのイニシアティブが、人々の関心をほとんど引かないのは、米国人がこれらのことにいかに無感覚にさせられているかという証左である。しかし、シュルツらの提案は、国内国外の国家安全保障の権威たちの注目をあびている。 14人の元国務長官、国防長官、安全保障担当大統領補佐官たちが、シュルツらの呼びかけに同意している(シュレジンガー氏はリストにない)。 ノルウェーの政府は、彼らの考えを発展させるのを助けるための会議を主催した。

シュルツ氏は、現在の政権が、私たちの活動と、「並行して進んでいる」と語る。 「彼らは否定的なことは何も言っていない。 私はそれに感謝しています」

目標は、次期大統領に、政治的スペースと、世界の核兵器備蓄を削減し究極的に全廃する主要なイニシアティブを立ち上げるための技術的支援を与えることだと、彼は次のように語る。「’そうすれば他国がどのように反応するだろうか?彼らは私が狂ったと思わないだろうか?’という疑問にますますしっかり回答できるようになっている」

オバマ上院議員は、彼らの提案を受け入れた。 ジョン・マッケイン上院議員は受け入れていないが、ロシア側との軍備制限交渉の再開と、両国核備蓄の大幅削減を求めている。 これらを8年間も無視あるいは拒絶した後だから、それは前進とも感じられる。

米紙核兵器関連記事一覧