イスラエルを宥めるためのイラン封じ込め、米国の提案(To Calm Israel, U.S. Offers Ways to Restrain Iran)


By DAVID E. SANGER and ERIC SCHMITT
Published: September 2, 2012, New York Times


ワシントン = イスラエルは、今後数か月以内にイランの核施設を攻撃すべきかどうか公然と討議している。オバマ政権は、戦争ぎりぎりの措置に踏み出し、それをてこにイスラルを押し留め、その一方、ほとんど行き詰まっている交渉に真剣に取り組むようイラン側に圧力をかけている。

既に計画されたのは、ペルシャ湾における海軍と新ミサイル迎撃システムの演習、およびイラン石油収入のより強力な圧迫である。オバマ政権は、さらに、予期される米側の軍事行動、および、かつて提案されたが拒絶した、隠密活動にまで言及する、大統領による新しい宣言を考慮している。

今月の終わりに、米国および25を超える諸国が、ペルシャ湾で史上最大の掃海演習を展開する。これは、ホルムズ海峡通過石油輸出閉鎖のイランの意図をくじき、団結を誇示するというのが、米国軍部の発言である。現実に、米国およびイランは、各々、相手の攻撃を断念させる意図で、この秋に防衛演習を展開すると発表した。


米軍当局によれば、今後数か月で、カタールに新レーダーシステムを急いで導入する。これは、イスラエルとトルコにすでに設置されているレーダーと結合し、広範な対ミサイル防衛網を形成する。これはイランへのメッセージとして、イランが核兵器を開発し、強化しつつあるミサイル戦隊の弾頭として装備したとしても、米軍側のミサイル迎撃システムが迎撃できるということだろう。


ここで、米国内の問題は、オバマ氏によるイランに対する警告がどの程度戦闘的であるべきかということである。これは、大統領選挙と密に関係する課題である。オバマ氏のアドバイザーのうちの数人は、イランが実際に核兵器を獲得する前でも、オバマは軍事行動をとる意志があるという公開の保証をイスラエルは求めていると主張してきた。しかし、他の高官は、それは、イスラエルが、オバマ氏を、不必要な軍事的介入をする窮地に追い込もうとしているのだ、と主張した。

日曜日に、ベンヤミン・ネタニヤフ首相は、イランがどの程度まで進むかについて、オバマ氏はあいまいだと、非難するような口調だった。「国際社会はイランに明確なレッドラインを設定していない。また、イランは、国際社会がイランの核計画を止めると決断したとは見ていない。イランは、明確なレッドラインおよび国際社会の意志決定を認識するまでは、核計画の進行を止めないだろう。イランに核兵器を持つことを許してはならない」と、閣議で語った。


オバマ政権による措置のいずれも、米国とその同盟国の当面の目標に的中していない:目標はイランの核開発を遅らせることだ。したがって、アメリカとイスラエルの情報機関の内部で、いわゆる「オリンピック競技」の有効な後継者についての議論がまだ続いている。これは、ブッシュ政権で始められ、オバマ氏の下で加速された、秘密のサイバー攻撃で、イランの核遠心分離機を感染させ、一時期、制御不能にした。この企画に精通しているエキスパートによれば、コンピューター・コードのエラーの故に、2010年に、このサイバー攻撃にイランが気づき、その時以来、イランの核施設の多くはそのような攻撃を防御する修正がなされた、という。


これらのオプションはすべて、時間をかせぐことを目指している。つまり、イスラエル政府当局に、軍事攻撃にかわる信頼性のある選択肢を提供するための時間をかせぐためであった。イスラエルの軍事行動は、ほとんど確実にイランの反撃を引き起こし、中東で新たな紛争が勃発する。それこそ、ホワイトハウスおよびペンタゴンが怖れる結末である。オバマ氏の国家安全保障チームは、ネタニヤフ氏と緊張した議論をしたが、それについて口を閉ざしている。しかし、統合参謀本部議長マーティン・E・デンプシー将軍は、木曜日にロンドンで懸念を表明した。


デンプシー将軍はすでに知られている米国の姿勢を繰り返した。「イスラエルの攻撃が、イランの核計画を遅らせるのは確かだが、おそらく、計画の破壊はできない」
しかし、その後、オバマ氏によるこれまでのイスラエルへの公的な警告を超えるデンプシー将軍の発言があった。つまり、イランに対する制裁の国際的連合に参加している諸国は、もしイランが「時期尚早に」攻撃されるようなことがあれば、イランに対する共同制裁を「取消すこともありえる」と語った。さらに次のように付け加えた。「私は圧力をかけていると非難されたくもありませんし、また、彼らがその選択をするならそれに加担したくもありません」


米国情報当局によれば、イランの最高責任者が核兵器への最終ステップに到達する決定をした証拠はない、という。イランの意図は不明瞭なままである、と情報当局は語る。
先週、国際原子力機関は、地下濃縮工場にイランが設置した遠心分離機の数の増加を報告した。それら大部分はイスラエルの攻撃に対しても安全である。さらに、イランが最高度濃縮ウランの一部を核兵器転用困難な燃料構造に転換したと、報告した。


討議に参加している数カ国の外交筋によれば、米国政府は、すでに、次のような静かな「時計を止める」協定を提案したという。すなわち、イランは、核弾頭級に近い核燃料の生産を停止し、国外に移送する。しかし、イランの政府当局はすべての制裁の撤廃を主張し、この呼びかけを拒絶した。また、より広い、より永続的な取り引きは話題にならなかった。


オバマ氏の対立候補者共和党ミトン・ロムニー氏は、強硬路線をとる。イランにいかなるレベルのウラニウム濃縮を容認することに合意しない、と言う。ロムニー氏の数人のアドバイザーを含む多くの共和党員でさえ、イランが核の平和利用の権利を有するのだから、ロムニー氏の路線の、イランに対するこの規制をイランが認めることはありえないと、語る。


米国政府が既に決定している一つのオプションが9月16日から27日に予定されいる軍事演習である。米国と同盟国は、艦艇、ヘリコプターおよび水面下無人兵器で、機雷を検知、破壊する演習をする。艦船はイラン海軍との直接遭遇を回避するために狭いホルムズ海峡の外に留まるだろう。


演習に先立ち、米国海軍は、この夏、この地域の掃海艇の数を2倍の8隻に増やした。この配備は、最近数か月のペルシャ湾における大規模な軍事的増強の一部である。米国はすべての軍事的増強を防衛的だと説明している。


それは、イランの攻撃から、湾岸地域全体の都市、精油所、パイプラインおよび軍事基地を防衛するミサイル防衛システムを構築する米国の努力を反映している。最新の装備要素はカタールの高解像度ミサイル防衛レーダーである。これは、近隣アラブ諸国がイランの軍事威力を懸念することではイスラエルと同様なことを浮き出させている。


軍事専門家によれば、イランの製油施設および送電網に対する攻撃などの積極的な軍事行動の選択肢があることを、イラン側が気づくように仕向けているかもしれないという。
戦略・国際問題研究所で、長く、軍事評論にたずさわっている、アンソニー・H・コーデスマンは、最近の論文「イラン:確実性確立による戦争防止」で、「米国は防御的に攻撃すると威嚇する必要はない。単に、広範囲の可能なシナリオで威力を明示するのがよいい」と述べた。
しかし、米国の戦略研究家のなかには次のような懸念が存在する。すなわち、イラン側がそれらの措置を包囲と解釈する可能性があり、それらの措置が、イラン国内の核指向勢力を後押し、たとえ核兵器そのものでないとしても、核計画指向を加速することがありえる。多くの民主党員および共和党員が主張するイランを揺さぶるオプションの一つで、中東地域の唯一のイラン友好国シリアのバッシャール・アル・アサド大統領追放でさえ、核指向勢力を後押しする、同じ作用を示すことがあり得る。

オバマ政権ホワイトハウス内部に、オバマ氏がイランに対する明瞭な「レッドライン」を設定する方向に交渉戦略を変更する必要があるかどうか討論がなされている。つまり、米国が、イランに超えることを許さないステップを明示するかどうかである。今年の初めにオバマ氏は、米国とその同盟国は、単純に、核武装イランを容認するはずがないと確信している、と語った。その理由として、他のアラブ諸国も核兵器保有指向する危険が高いからだ、と語った。
かりに、オバマ氏が、今、明瞭な「レッドライン」を設定したとしても、その有効性は疑わしいかもしれない。ハーバード大学の核兵器問題研究のエキスパート、グレアム・アリソンの計算によれば、米国およびその同盟国は、すでにこの18年間で、イランに7回も「レッドライン」を踏みこすことを許し、ほとんど何の決着もつけなかった。その結果、当局が議論するのを嫌がる、一つのオプションが残った。新しい秘密作戦である。


ブッシュ政権が開発した、イラン遠心分離機に対する「オリンピック競技」攻撃が、他に優先して選択された:核施設に供給する電力送電網を通して侵入した。しかし、オバマ氏は、近隣の町あるいは設備に影響し、普通のイラン人に被害を与えるかもしれないあらゆる攻撃を拒否した。過去に別のプランが考案され、いまや再考されている。標的を核武装計画の中の燃料製造からミサイル関係の施設へと照準を移すのだ。1つのミサイル工場が昨年爆破された。イスラエルの破壊工作が疑われたが証明されなかった。米国当局は、関与はないと言明した。


何人かの元国家安全保障高官によって主張され、ワシントンで流れている他の一つの提案は、「秘密」軍事攻撃である。2007年のイスラエルによるシリア原子炉に対する攻撃と同類である。そのサイトがイスラエルのジェット戦闘機により攻撃されたことが明らかになるのに数週間かかった。恐らく攻撃をイスラエルが公式に認めなかったのと、その成功がシリアを激しく驚愕させたからで、報復はなかった。


しかし、イランの核計画能力は、はるかに高度である。「(攻撃しても)せいぜい数年間の余裕が出来る程度でしょう」と、ある政府当局者が、語った。米国はそのような攻撃は考慮しないと語った。この高官によれば、イランの設備での爆発が偶然だったとしても、「イラン側は、イランへを攻撃する挑発行為と見なすこともあり得る」と語った。

米紙核兵器関連記事一覧