核兵器のない世界を (Toward a Nuclear-Free World)

ジョージ・シュルツ、ウィリアム・ペリー、ヘンリー・A・キッシンジャー、サム・ナン

By GEORGE P. SHULTZ, WILLIAM J. PERRY, HENRY A. KISSINGER and SAM NUNN
January 15, 2008 Wall St. Journal, January 15, 2008

核兵器と核のノウハウ、および核材料の拡散の加速化は、中止反転不可能な核時代(nuclear tipping point = the levels at which the momentum for change becomes unstoppable)に突入しようとしている。今や、これまで開発されたことのない最もおぞましい致死性兵器が、危険な者たちの手に渡る可能性に直面している。

これらの脅威に対処するために、現在われわれが採用している手段は、その危険に適切に対応できない。 核兵器がこれほど広範囲に行きわたれば、抑止力の有効性は低下し、危険性が増大する。

1年前、われわれは本紙に論説を公表し、核兵器への依存を逓減し、脅威になりかねない者が核兵器を手にすることを阻止し、核兵器が世界を脅かすのを究極的に終結させようと訴えた。これに対する昨年一年間の関心と賛同、およびこれらの問題をとりあげた政治的領域の成長は、並外れており、世界中の人々から強い積極的な反応があった。

ミハイル・ゴルバチョフは、最初の現実的な核削減条約の調印者として、われわれの呼びかけを支持するのは緊急の任務と考えるとして、2007年1月に次のように述べた。「核兵器がもはや安全確保の手段になり得ないことは、ますます明確になっている。現実に、核兵器は毎年のように、私たちの安全を揺さぶっている」

6月には、英国のマーガレット・ベケット外務大臣が英国政府の支持を示して、以下のように述べた。 「私たちが必要とするのは、ビジョンと行動の両方である。一つは核兵器のない世界へのシナリオで、もう一つは、核弾頭の数を減らし、安全保障政策における核兵器の役割を制限する前向きな取り組みである。 これら二つの要素はそれぞれ別個ではあるが互いに補強しあっている。両方とも必要だが、現在、ともに弱過ぎる」

また、われわれのこのプロジェクトは、米国の前国務長官、国防長官として幅広い経験をお持ちの次の方々からの一般的な支持表明に励まされた。 これらは: マデリーン・オルブライト、リチャード・V・アレン、ジェームス・A・.ベイカー3世、サミュエル・R・.バーガー、ズビグニエフ・ブレジンスキー、フランク・カールーチ、ウォレン・クリストファー、ウィリアム・コーエン、ローレンス・イーグルバーガー、メルビン・レアード、アンソニー・レイク、ロバート・マクファーレン、ロバート・マクナマラ、およびコリン・パウエルの諸氏である。

これらの反応に鼓舞されたわれわれは、2007年10月に、過去の6つの政権のベテランと、多くの核問題専門家を、スタンフォード大学のフーバー研究所の会議に招待した。 この核政策考察の基調を、核兵器のない世界のビジョンの重要性と、核の崖っぷちから引き返すステップの重要性とすることに、全体の合意があった。

米国とロシアは、世界の核弾頭のおよそ95%を保有しており、リーダーシップを発揮する特別な責任、義務および経験があるが、他の諸国も参加しなけらばならない。

長距離ミサイル、戦略ミサイル、戦略爆撃機の装着された核弾頭の現行の削減など、いくつかのステップは現在既に進行中である。その他に、核の脅威を劇的に低下させるのに、米国とロシアが2008年から採用できる緊急のステップがある。それらは以下のようである:

・1991年戦略兵器削減条約主要条項の延長。これらの条項の適用により、検証の決定的役割について多くを学んだ。 条約は2009年12月5日に期限切れの予定である。この条約の目玉である監視と検証の義務を含む 主要条項の期間を延長すべきである。そして、戦略的攻撃力削減に関する2002年モスクワ条約で合意された一層の削減を、できるだけ早く、完成させるべきである。

・すべての核装着弾道ミサイルの発射前の警告と発射決定までの時間延長に取り組む。そのことが、偶発発射、または、非認可攻撃の危険を減少させる。 攻撃司令官が慎重で賢明な決定をするのに十分な時間的余裕を与えない現行発射手順に依存するのは、不必要かつ危険である。 その上、サイバー戦の進歩により、どの核兵器保有国でも、指揮命令系統が、悪ふざけまたは敵対的なハッカーによって荒らされることがあえる。そのような悲惨な結末に至る新たな脅威が生ている。相互に検証合意する指揮命令手順の物理的安全装置を米・ロが相互に公開すれば、双方の信頼が増し、次第に前進することは可能だ。

・ 冷戦以後も残存する既存のあらゆる大規模攻撃作戦計画の破棄。 核抑止には相互確認破壊(MAD)が必要と考えるのは、米国とロシアが、互いに敵対せず、同盟してテロと戦うと公式に宣言している今日、時代遅れの政策である。

・2002年モスクワ・サミットでブッシュ大統領とプーチン大統領によって提案された、弾道ミサイル防衛および早期警報多国間協調システム開発に向けた交渉開始。これには中東からヨーロッパ、ロシア、米国に向けられたミサイルに対抗する計画の協定を含める必要がある。同時に、共同データ処理モスクワ・センターの設立作業を完成させるべきでる。ミサイル防衛上の緊張を緩和すれば、われわれの安全確保に不可欠の核課題のより広範囲の前進の可能性を高めるだろう。ミサイルの脅威の緩和に失敗すると、核問題における幅広い協力が非常に困難になるだろう。

・テロリストによる核の入手を阻止するため、世界のいたる所で、核兵器と核兵器材料の保安管理水準を最高水準にさせる作業の、劇的な加速。 核兵器の材料は、世界中の40カ国以上にある。そして、最近も、東欧とコーカサス地方で、核材料密輸の企図が報道された。 国際原子力機関(IAEA)と提携してナン-ルーガー計画に参加した米国、ロシアおよび他の諸国は、国連の安全保障理事会決議1540号の実施を支援するために決定的な役割をはたさねばならない。この決議は、決議に拘束されるあらゆる国家に対し、これら核物質が適切かつ効果的に安全管理されるよう、共同支援するというものである。アーノルド・シュワルツェネッガー知事の、私たちの10月の会議への挨拶にあるように、「人間のあらゆる営みには失敗がついてまわる。核兵器の場合は大丈夫だと言えるのでしょうか?」  知事の指摘を証明するかのように、核弾頭を装着した6基の巡航ミサイルが、米空軍機に積み込まれ、2007年8月29日から)30日にかけて、米国上空を飛行した後着陸した。 36時間もの間、誰一人、核弾頭の所在を知らないばかりか、紛失それ自身に気づかなかった。

・NATO域内およびロシア内で前線配備用にデザインされた核兵器の保安を強化、慎重な安全管理の第一段階として、その統廃合についての会談開始。最終的には撤去を目指す。これらの、小さく機動的な核兵器は、その特性から、テロリスト集団の獲得目標となりやすい。

・先進核技術の世界的拡散に対抗する方途として、核拡散防止条約(NPT)の遵守を監視する手段の強化。この方向への前進は緊急課題である。NPT全調印国に向けてIAEAがデザインした監視規定(付属計画)を適用すれば、さらなる前進が達成されるだろう。

・包括的核実験禁止条約(CTBT)の実効化手続きの承認。これは、NPTを強化し、核業務の国際的監視体制強化に役立つ。 それには最初に、過去巣十年でCTBTに違反する地下核爆発実験を確認しその場所を特定した国際監視システムを検証するための超党派的検討会議が必要である。そして第二に、核実験禁止の条件下で、国家の備蓄核兵器の信頼性、安全性、効力を維持する技術の過去数十年の進歩を評価することが必要である。包括的核実験禁止条約機構は、核実験検出用の監視拠点を設置しようとしている。これは、米国が条約を批准前にでも緊急に支援すべき試みである。

米国とロシアによるこれらのステップと平行して、非核保有国、核保有国を問わず国際的な規模で広く会談するべきである。

その主な議題として、核兵器のない世界に向けた目標を、国際的にも現実的な計画に設定することになる。第一義的に重要な課題に関する国際合意を築きげるのに必要な政治的決意を示すことにより、それはなされる。この方向への歩みに寄与するべく、国際会議を、ノルウェー政府が2月に主催することになっている。

別の主題: 核燃料サイクルにおける危険性を管理するための国際的システムの開発。原子力開発への関心が地球規模で上昇し、核燃料濃縮能力の潜在的拡散にともない、先進的な核保有国と強化されたIAEAによって、何らかの国際計画が作成されるべきである。その 目的は、核燃料、備蓄濃縮ウラン、インフラストラクチャ支援、融資、および使用済み核燃料処理などに対する、信頼される支援提供であり、核兵器の材料を作る手段が地球上に拡散しないことを保証するものである。

さらに、米国とロシアは、米ロ戦略攻撃兵器削減条約に明記された水準を超えた一層の実質的核兵器削減に合意すべきである。両国の削減が進めば他の核保有国も参加することになるだろう。

レーガン大統領の格言、「信頼しても検証はする」を再確認するべきである。各国に核兵器用の核物質の製造をさせないための検証可能な協定は、核物質の安全、管理責任の一層厳格なシステム形成に寄与するだろう。

また、協定を破る秘密の計画を思いとどまらさせ、必要な対処をする国際的合意を築き上げるべきである。

われわれの究極の目標を明確に宣言するとによって、前進が促されるはずである。実際のところ、それこそが、今日の脅威に適切に対処するのに必要な国際的信頼と協調を形成するのに唯一の道なのである。ゼロに近づくビジョンがなければ、この負の螺旋を滑り落ちることを防ぐのに不可欠な協調はえられない。

ある意味では、核兵器のない世界という目標は、非常に高い山の頂上のようなものだ。今日の厄介な世界という現在地から頂上は見えず、ここからはとうてい到達できないと言いたくなる。 しかし、山を下り続けるか、立ち尽くすことによるリスクは、無視きない現実的である。われわれは、山頂がよく見える高い地点に至るコースを見つけなければならない。

シュルツ氏1982年から1989年まで国務長官だった。 ペリー氏1994年から1997年まで国防長官だった。 キッシンジャー氏1973年から1977年まで国務長官であった。 ナン氏は上院軍事委員会の元議長。

この声明の視点はフーバー-NTI会議の以下の参加者の賛同を得ている: ジョン・アビザイド将軍、グレアム・アリソン、ブルック・アンダーソン、マーチン・アンダーソン、スティーブ・アンダーセン、マイク・アーマコスト、ブルース・ブレア、マット・バン、アシュトン・カーター、シドニー・ドレルl、ウラジミール・ドヴォルキン将軍、ボブ・アインホルン、マーク・フィッツパトリック、ジェームス・グッドビイ、ローズ・ゴッテメラー、トム・グラハム、デヴィッド・ハムバーグ、ジークフリート・ヘッカー、 トム・ヘンリクセン、デヴィッド・ホロウェイ、レイモンド・ジーンロス、レイ・ユザイティス、マックス・カンペルマン、ジャック・マトロック、マイケル・マクファール、ジョン・マクローリン、ダン・オベルドルファー、パベル・ポドヴィック、ウィリアム・ポッター、リチャード・ローズ、ジョーン・ロールフィング、ハリー・ローウェン、スコット・サガン、ロールド・サグデーエフ、エイブ・ソーファー、リチャード・ソロモン、およびフィリップ・ゼルコウ。

The following participants in the Hoover-NTI conference also endorse the view in this statement: General John Abizaid, Graham Allison, Brooke Anderson, Martin Anderson, Steve Andreasen, Mike Armacost, Bruce Blair, Matt Bunn, Ashton Carter, Sidney Drell, General Vladimir Dvorkin, Bob Einhorn, Mark Fitzpatrick, James Goodby, Rose Gottemoeller, Tom Graham, David Hamburg, Siegfried Hecker, Tom Henriksen, David Holloway, Raymond Jeanloz, Ray Juzaitis, Max Kampelman, Jack Matlock, Michael McFaul, John McLaughlin, Don Oberdorfer, Pavel Podvig, William Potter, Richard Rhodes, Joan Rohlfing, Harry Rowen, Scott Sagan, Roald Sagdeev, Abe Sofaer, Richard Solomon, and Philip Zelikow.

米紙核兵器関連記事一覧