ゼロへの障害 (Trouble With Zero)

By PHILIP TAUBMAN
Published: May 9, 2009, New York Times, Week in Review

最初の原子爆弾が1945年7月にニューメキシコ州で爆発したその瞬間から、核の時代の恐怖の臭いがたちこめた。それが、核兵器のない世界というビジョンを生み出すことになった。 現在ほどはっきりしたことはない。

今や、タリバンがいつかはパキスタンの核兵器を支配し、北朝鮮が核弾頭装備ミサイルを開発するかもしれない。そして、イランがすぐにも核兵器保有国になるかもしれない。さらに、テロリストが核弾頭を手に入れるかもしれない。

そのような核拡散が何時火を噴いてもおかしくないとの懸念が、核廃絶論者を増やした。彼らは、核軍縮を米国国防政策の中心にすえた最初の大統領、バラク・オバマに率いられて、運動を展開し始めた。

先週、オバマ氏は、パキスタンのアシフアリ・ザルダイ大統領とアフガニスタンのハミド・カルザイ大統領と会談し、両者が協力し、タリバンとアル・カイダに対する決然とした戦いをさせようと、砂をかむような努力をした。

政府職員の見通しは楽天的には聞こえなかった。そして、多分、ホワイトハウスのミーティングでは、核兵器からタリバンを遠ざけるためのもっと有効な長期的戦略が必要なことをオバマ氏に思い知らせたことだろう。

軍縮の期待が強まっているとはいえ、その障害も相変わらず圧倒的である。 核兵器の専門家が言うように、核をゼロにするというのは、信じがたく単純な意見である。核兵器を知るほとんど全ての人は、それを達成するのはとんでもなく困難なことだと、一致する。

何故なら、それは国防関係の目もくらむような諸事百版の根こそぎの変換を必要とするからだ。それには、基本防衛政策から非常に技術的な兵器開発計画まで含む。 政治的、軍事的に何が問題になるかを完全に分かろうとすれば、19世紀の強国が、火薬を廃絶する決めたらどうなるかを考えてみればよい。

オバマ氏は、核ゼロは容易ではないと認めた。 「この目標は直ぐに到達できるというものではないでしょう。おそらく私の生きている間には無理でしょう。忍耐に次ぐ忍耐が要るでしょう」と、プラハの大群衆に語りかけた。

しかし、他の核廃絶の唱道者と同じように、オアバマ氏は、核兵器の根絶を、それがいかに遠い将来であろうと、中心目標だと決定した。それを、世界中の指導者たちと市民の共通の道しるべとして提起したのである。

長い間ドンキホーテ的と見られていた古い考えが、新たにアピールされることになったのは、新たな核の脅威が生まれたからである。現在核兵器の数量は少なくなったにもかかわらず、核脅威の事情は、ある点では、冷戦時代に比べて、核の均衡をより不安定で不確実にしている。オバマ氏はプラハで、次のように語った。「歴史の奇妙なめぐり合わせで、世界核戦争の脅威は低下しましたが、核攻撃のリスクは上昇しています」

合衆国とソ連が核戦争をすれば、結果の予測は悲惨なもので、たとえ将軍たちがハルマゲドン計画を立てたとしても、両国の指導者には、それを支持することはないという認識が互いにあった。1980年代には、米ソには約7万発の核弾頭があったが、それらは安全にコントロールされており、どちらの側も先制攻撃を仕掛けて報復される危険を冒す勇気はなかった。恐怖の均衡が、結果的に、核兵器を無力化していた。

今日の動態は、はるかに不安定で、米国にとって、統制を取るのは至難の技である。パキスタンの混乱を見ればよく分かる。核クラブが拡大すれば、核弾頭と核技術のセキュリティは低減する。テロリストには、核兵器使用の呵責は全くないだろう。そして、その標的にされても、相手がとらえどころがなく、国家でないグループなのだから、容易に報復することもできない。

これらの脅威に直面し、オバマ氏は、ロシアのディミトリ・メドベデフ大統領、ゴードン・ブラウン英国首相などのリーダーと同盟し、近い将来の核の脅威を低減する一連のステップを前進させ、最終的には核兵器の廃絶に至る基盤を準備している。

オバマ政権とその支持者たちは、米国とロシアの備蓄核兵器削減を支持し、当然、中国などのより少数の核兵器を保有する各国との会談がこれに続くと期待している。彼らは、米国上院が1996年のCTBTを批准すること;1968年の核拡散防止条約を強化すること;核兵器に使用する意図の核分裂性物質の生産を検証可能的に禁止する協定を追及すること、などを要求している。

サム・ナン上院軍事委員会元議長は、「山頂が目に見えて、最終登頂が達成可能な有利な地点にベースキャンプを設営するようだ」として、そのような段取りを賞賛する。 それは大胆な方針だが、核の脅威に関するアラームが鳴り響いているのだから、成功するチャンスは上昇しているように思える。少なくとも何らかの中間の段階までは。

過去には、その努力は瓦解した。 米国人金融家バーナード・バルークにちなんで名付けられた1946年の計画は、失敗した。その理由は、強力な国際機関に核技術を管理させる方式で、国連安全保障理事会常任理事の5カ国に核関連の拒否権の放棄をせまる仕組みだったからである。核拡散防止条約は、すでに41年経過したが、世界を核軍縮に向かわせるのに効果がないことが判明した。

ロナルド・レーガンとミハイル・ゴルバチョフは、1968年に、アイスランドのレイキャビクの首脳会議で、ほんの少しの間、核兵器廃絶を念頭においた。しかし、レーガン氏が彼のミサイル防衛計画の中止を拒否したので、その考えは葬られた。

ゴルバチョフ氏は、23年後の先月、オバマ氏のプラハ演説数週間後に、ローマで核問題に関する国際会議を共同開催し、核軍縮に懸命に取り組んでいる。、ゴルバチョフ氏は、もし米国の通常戦力の圧倒的優位性が存続し続けるなら、多くの国家は、核軍縮を受け入れ難いことを指摘した。それは最大の難関の一つである。

また、核軍縮は過去何十年間の米国の防衛戦略を大転換させるだあろう。 冷戦初期には、合衆国に対する核攻撃、または、化学、生物兵器攻撃は、破壊的な核攻撃による報復応答を受けるという、戦慄すべきコンセプトで構築されたいた。

多くの国防専門家が、米国の核抑止力の放棄は、自殺的でないとしても、賢明ではないと受け止めている。 彼らは、核兵器が世界戦争を起きにくくしていると、狂信的に確信している。ハロルド・ブラウン元国防長官、および、ジョン・ドイチ元CIA長官は、両者とも民主党の大統領の閣僚だが、米国には長期にわたる強力な備蓄核兵器抑止力が必要だと主張する。

また彼らは、核兵器廃絶という目標を立てることは、核の脅威を低減する地味で確かなステップの推進力にはならず、むしろ横道にそれると、示唆する。この種の懸念に対応するために、オバマ氏はプラハで、核兵器が存在する限り米国は「どんな敵も抑止し、同盟国を守るに足る、安全で有効な核備蓄を維持する」と誓約した。

核廃絶に達する前に、抑止力を保持しながら、どの程度まで核兵器数を低減できるのか? 米国とロシアは、作戦配備している戦略核弾頭数を、それぞれ現在の2200発から1500発、できれば1000発まで削減すると見られる交渉をしようとしている。

大体においてこれらの数値は抑止力として十分と考えられる。 しかし、中国を含む備蓄核兵器数が小さい諸国に削減を開始させるのには、ぎりぎり500発まで削減せざるを得なくなるかもしれない。 そして、また、戦場使用のために設計された米国およびロシアの何千発もの戦術核兵器は、放棄しなければならないだろう。このレベルで米国の安全保障が激しく損壊しないか、激しい意見の衝突がある。

核廃絶支持者が提案する解決策の一つは、即発体制の核兵器ではなく、組み立て可能状態の核兵器による、潜在的仮想抑止力という方式である。、

核兵器備蓄数が劇的に削減されると、廃絶に向かう次のステップは、さらに扱いにくくなるかもしれない。 人類の記憶から科学技術知識を消去できないので、核兵器を組立てる可能性は何時になっても存在するだろう。核兵器を隠す努力がなされると、それを検出し阻止するのは難しいかもしれない。 そして、イランのように、原発用ウランを濃縮できる国なら、核兵器用の高濃縮ウランの製造能力を持っている。 核兵器の専門家たちは、これらの問題を集中的に分析して、対応する計画を思いついた。核廃絶に向うステップに、条約遵守の検証、確認に使用されるツールの改良と、不正行為を防止する新しい方法への改良を、含めるのである。それには、より強権的な査察方式も含む。

彼らは、濃縮ウラン問題は、その生産を国際的に管理された燃料銀行に限定することによって解決できるだろうと言う。そこから原発に燃料を供給すれば、たとえばイランのような国内濃縮工場は撤廃できる。

数年前に4人の冷戦時代のベテラン政治家、元国務長官ジョージ・シュルツとヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー、元国防長官ウィリアム・ペリー、そして、ナン氏が、政治的立場の違いを乗り越えて、ウォール・ストリート・ジャーナル特別解説記事として、核軍縮について同意した見解を発表した。その意見は信頼を獲得した。 その意見は、オバマ、メドベデフ両大統領によって受け入れられたので、物語りの領域から賽の河原のような政治の世界に移ったようだ。

どこまで到達できるかは、世界の指導者たちと民衆が、ナン氏がたびたび語った次の指摘を受け入れるかどうかにかかっている。「われわれは、協同と破滅との競争のはざまにいるのだ(we are in a race between cooperation and catastrophe)」

Philip Taubman, a former New York Times bureau chief in Moscow and Washington, is based at Stanford University, writing a book on nuclear threats.

米紙核兵器関連記事一覧