社説

トランプ氏よ、何故核協定を足蹴にするのか?(Why Mess With a Nuclear Treaty, Mr. Trump?)

By THE EDITORIAL BOARD, NewYork Times MARCH 6, 2017.



大統領切り札の様々な無責任な大多数のステートメントのうちのいくつかが、核兵器に関している。そこには無責または間違いではすまされないものがある。彼の最新の衝撃的発言は、新スタート(the New Start Treaty)を、ロシアを優越させ、米国を不利にする協定だと中傷しているコメントであった。

トランプ氏は、彼が発射ボタンを握っている、巨大で、運命的に致死的な備蓄核兵器保につい十分理解しているとは思えない。先月始めロイター通信が伝えたところでは、 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、電話会談で、協定の延長の可能性を取り上げたら、トランプ氏は会話を中断し、補佐官んにそれは何か?と聞いたという。いったん教えられると、伝えられるところでは、彼はプーチン氏を条約について弾劾し、それから、2週間後ロイターとのインタビュー において、それを「まさに別の悪い取引だ」と語った。彼は誤っている。


バラク・オバマ大統領の交渉により、2011年2月以降、新スタート協定は、米国およびロシアは、それぞれ配備核弾頭の上限を1,550発とし、配備、大陸間弾道ミサイル、潜水艦発射弾道ミサイル、および爆撃機の核弾頭を700発以上のうちわけと定めた。この合意の完成期限は、2018年2月である。米国は、配備弾頭を1,367発まで削減したが、、プロセスが完成される時までに上限に接近する;ロシアは1,79発保有している。1,550発でそれぞれが完結すると期待されている。

この協定には重要な査察要件がある。、2つの核兵器保有国は、ほぼ毎年核兵器システムについてデータを交換する。一定の核関連の行動をお互いに通知すると両者は合意し毎年、他の戦略的軍事力を、最高18回査察できる。オバマ氏はこの協定の必要性を認識していたし、また上院もそうで、71対26で批准した。それは、統合参謀本部、および戦略核戦力をコントロールした7人の元軍司令官の満場一致の支持を得ていた。


もし、トランプ氏が十分に愚かで、協定を放り投げれば、米国とロシアは、1960年代の終わりから数千発も減少した核兵器を自由に製造する。それは、高価で、不安定な軍拡競争を開始させる。そして、査察と透明化要件を失い、アメリカはロシアのプログラムに関する洞力を失う。


トランプ氏は、新スタートの制限規定を馬鹿にする傾向にあるだけでなく、アメリカの備蓄核兵器が、「軍備のトップ」であることを保証したい、と語った。づでに十分以上の核兵器があり、通常兵器に援護されて、国を安全にしておくために、アメリカの軍事力はぬきんでている。


備蓄された弾頭が加算されれば、米国とロシアは、約4,500の弾頭をそれぞれ持ち、両者は新鋭化プログラムに従事するる。次に大きい核兵器備蓄は、フランスの300発の弾頭、および中国の 260発である 。2013年に国防総省研究が、アメリカは、1,000発の弾頭で、強く、信用できる抑止力を維持できると伝えていた。


オバマと新しい核交渉に取り組むをのを断った後に、2021年に核協定」が期限切れになる時には、ロシア側は新スタートに入りたい意欲を示している。何人かの共和党員が、軍事的な規制が嫌いだというイデオロギーか、モスクワの新しい核搭載巡航ミサイル配備が、他の協定違反なので、その報復だとして、協定の延長に反対しいぇいる。


そのミサイル問題は、トランプ氏が、新スタートの延長を協議することに集中し、それから、さらなる削減を考慮しながら、別に考えればよい。新しい核兵器開発競争、または、饒舌で無知な 「軍事力のトップ」の話から得られる物は何もない

米紙核兵器関連記事一覧