ドナルド・トランプは、先制核をしかけるつもりなのか?確信があるようにはみえない (Would Donald Trump Ever Use Nuclear Arms First? He Doesn’t Seem Sure)

By DAVID E. SANGER, NewYork Times, SEPT. 27, 2016

ワシントン発:しばしばドナルド・J・トランプは、敵国に、最高司令官として何をするかを決して知らせない、と語っている。つまり、戦争と同じくらい古い概念の「戦略的あいまいさ」を信奉している。


しかし、月曜日のヒラリー・クリントンとの討論会では、米国が、核兵器の先制使用をいつの日かおこなうかどうかという厳しい質問に対し、彼は矛盾と混乱のただなかにあることを曝した。


トランプ氏自身が提起した関連する関連した問題、つまり、米国が計画と資金についてまだ議論している間に、ロシアが核兵器の新鋭化をしていることについては、彼は要点をついていた。彼の観測が意味するのは、米国が、ロシアがおこなうことと対抗する必要性で、新しい核軍拡競争の悪夢の再現である:クリントンも同じようなことをほのめかしたが、それはサイバー兵器の分野だった。


核兵器の使用についてのトランプ氏の哲学についての問題は、キャンペーンを通じて影をなげかけている。その一部はクリントン氏がたびたび、トランプ氏が、世界の最も強力な軍事力行使の唯一の権限を持っている仕事だという信念を持っていることへの疑念を呈しているからである。


モデレータのレスターホールトによって、オバマ大統領"が、核兵器先制使用について国家の長年の方針を変更することを考慮したと指摘されたことで、核兵器の問題が浮上した。核兵器の先制使用は71年前に米国がヒロシマで行使したような、紛争中の核兵器の第一撃という選択である。政権内の長い討論の後に、オバマ氏は、オフィスを去る前に方針を変更することはありそうにないようである。

「現在の政策を支持しますか?」と」ホルト氏が聞いた。


過去には、「核」という言葉は、トランプ氏から多くの反応をひきだしている。それらは、米国の核戦力老朽化状態に関する言及から、イランとの核交渉の非難、トランプ氏に数十年前に、核兵器の威力について警告した、マサチューセッツ工科大学で教えいた以前に亡くなった叔父の話などである。


トランプ氏は、月曜日の夜には、叔父の話を除く、それらのほとんどに触れたが、核兵器先制使用の議論では、両面に批判的な様子であった。


「私は確かに、先制核攻撃はしない」と、トランプ氏は最初宣言し、トルーマン政権時代のアメリカの方針転換を支持している風であった。

しかし、彼はそれにこだわらなかった。「私は、いったん核の他の事情が起こったら、その方針を終りにする」「同時に、私達は準備しておく必要がある。私は手持ちの手段の何も取り除きはしない」と、トランプ氏は語った。


それは、トランプ氏を、7年半経過した後のオバマ氏よりかなり強力にした。大統領は、アメリカ戦略的計画での核兵器役割を減らすことを誓い、そして実行した。


トランプ氏が核兵器先制使用について尋ねられたのは、それがはじめてではなかった。または彼が、判りにくい返答したのもこれがはじめ
てではない。7月のインタビューで、この主題が問われた時に、彼は次のように語った。「協定にサインされているように、私はその約束を果たすだけである」彼がどんな協定を想定しているのかクリアではなかったけれども。「私は私のカードを見せたくない。私はそれを言いたくない」

追及されて、彼は追加した:「私は、我々が核軍事力を使用しなけれればならないようなことに決してならないように、力の限りをつくす。私にとってそれが重要だ。私達が原子力を使う必要があるポジションにないように、私のパワーのすべてを使う。それは私にとって非常に重要である」


トランプ陣営は、討論の時のトランプ氏の反応を明確化するよう求めたいくつかのEメールに反応しなかった。民主党の相手候補クリントン氏は、トランプ氏の回答への反応を要求されたが、その質問になにも言及しなかった。


トランプ氏は、核兵器の使用を嫌っていると主張するが、、彼がその構築を嫌っているようには見えない。彼は(核)軍拡競争の再現に賛意を表した。


「ロシアは、われわれのよりかなり新鋭なもの(核)を拡張している」「私達は新基準からアップデートしていない」と、彼は語った。

彼の観察は正しい。米国が、オバマ氏が構想した計画を立てたが実行していない間に、ロシアは活発なペースで新しい核兵器を配備している。しかし、オバマ氏は今後数十年で1兆ドルを上回る最大の投資を彼の後継者のために残した。。


7月の議会の前の公聴会において、何人かの大統領のもとで31年以上勤務した核のエキスパート、フランクリン・C・ミラーが、次のように語った。「ロシアは核戦力の大規模な新鋭化に励んでいる。それらは、2種類の新型大陸間ミサイル、潜水艦搭載ミサイルの配備および新型核装備潜水艦の進水、新しい重爆撃機の建造である」


トランプ氏は、クリントン氏比べると最新兵器のサイバー兵器との対応では、不案内であった。その課題では、クリントン氏は、トランプ氏よりタカ派のようだった。


クリントン氏は、ロシアについてはうまくやった。 ウラジーミル・V・プーチンはじつにタフで長い争いになると主張し、プーチンが、米国を攻撃するようにロシアのハッカーを鼓舞したことをトランプ氏に思い起こさせ、皮肉った。(トランプ氏は、実際に、彼女のEメールをハッキングしているロシアについて得意げに話した。)

彼女は、民主党全国委員会からデータを窃盗した背後の力であったロシアを告発し、オバマ政権で秘密にされた打撃にかんして、その行為を十分大声で非難していないと主張した。


彼女は次のように語った。「私達は次のことを非常にクリアにする必要がある。それが、ロシア、中国、イランまたは他のどの国であるかにかかわらず、米国はずっと大きい能力を持っている。そして、私達は、無駄に静観し、他国のくせものが、私達の情報、私達の民間セクター情報、または私達の公共セクタ情報に接近することを許そうとしていない」


そして、彼女は付け加えた:「私達は、私達が持っているツールのたぐいを使いたくない。私達は、違う種類の戦闘に参加したくない。しかし、私達はこの国の市民を防御する。」

実のところ、クリントン氏は、彼女が国務長官であった時に、米国がイランの核のプログラムに対するサイバー兵器を使用したこと、彼女がオフィスを去って以後、それらは再びイスラム国に対して使われていることを、知っている。

トランプ氏はアメリカの攻撃的サイバー兵器の知識が全くなく、ロシアが民主党委員会への攻撃の背後にあったかどうかに疑念を投げ続け、中国人または「 400ポンドの重さがあるベッドに座っている誰か」かもしれない、と語った。彼は、「私達は、かつてコントロールしていた物のコントロールを失った」として、オバマ氏を非難した。


William J. Broad contributed reporting from New York.ドナルド・トランプは、先制核をしかけるつもりなのか?確信があるようにはみえない (Would Donald Trump Ever Use Nuclear Arms First? He Doesn’t Seem Sure)

By DAVID E. SANGER, NewYork Times, SEPT. 27, 2016

ワシントン発:しばしばドナルド・J・トランプは、敵国に、最高司令官として何をするかを決して知らせない、と語っている。つまり、戦争と同じくらい古い概念の「戦略的あいまいさ」を信奉している。


しかし、月曜日のヒラリー・クリントンとの討論会では、米国が、核兵器の先制使用をいつの日かおこなうかどうかという厳しい質問に対し、彼は矛盾と混乱のただなかにあることを曝した。


トランプ氏自身が提起した関連する関連した問題、つまり、米国が計画と資金についてまだ議論している間に、ロシアが核兵器の新鋭化をしていることについては、彼は要点をついていた。彼の観測が意味するのは、米国が、ロシアがおこなうことと対抗する必要性で、新しい核軍拡競争の悪夢の再現である:クリントンも同じようなことをほのめかしたが、それはサイバー兵器の分野だった。


核兵器の使用についてのトランプ氏の哲学についての問題は、キャンペーンを通じて影をなげかけている。その一部はクリントン氏がたびたび、トランプ氏が、世界の最も強力な軍事力行使の唯一の権限を持っている仕事だという信念を持っていることへの疑念を呈しているからである。


モデレータのレスターホールトによって、オバマ大統領"が、核兵器先制使用について国家の長年の方針を変更することを考慮したと指摘されたことで、核兵器の問題が浮上した。核兵器の先制使用は71年前に米国がヒロシマで行使したような、紛争中の核兵器の第一撃という選択である。政権内の長い討論の後に、オバマ氏は、オフィスを去る前に方針を変更することはありそうにないようである。

「現在の政策を支持しますか?」と」ホルト氏が聞いた。


過去には、「核」という言葉は、トランプ氏から多くの反応をひきだしている。それらは、米国の核戦力老朽化状態に関する言及から、イランとの核交渉の非難、トランプ氏に数十年前に、核兵器の威力について警告した、マサチューセッツ工科大学で教えいた以前に亡くなった叔父の話などである。


トランプ氏は、月曜日の夜には、叔父の話を除く、それらのほとんどに触れたが、核兵器先制使用の議論では、両面に批判的な様子であった。


「私は確かに、先制核攻撃はしない」と、トランプ氏は最初宣言し、トルーマン政権時代のアメリカの方針転換を支持している風であった。

しかし、彼はそれにこだわらなかった。「私は、いったん核の他の事情が起こったら、その方針を終りにする」「同時に、私達は準備しておく必要がある。私は手持ちの手段の何も取り除きはしない」と、トランプ氏は語った。


それは、トランプ氏を、7年半経過した後のオバマ氏よりかなり強力にした。大統領は、アメリカ戦略的計画での核兵器役割を減らすことを誓い、そして実行した。


トランプ氏が核兵器先制使用について尋ねられたのは、それがはじめてではなかった。または彼が、判りにくい返答したのもこれがはじめ
てではない。7月のインタビューで、この主題が問われた時に、彼は次のように語った。「協定にサインされているように、私はその約束を果たすだけである」彼がどんな協定を想定しているのかクリアではなかったけれども。「私は私のカードを見せたくない。私はそれを言いたくない」

追及されて、彼は追加した:「私は、我々が核軍事力を使用しなけれればならないようなことに決してならないように、力の限りをつくす。私にとってそれが重要だ。私達が原子力を使う必要があるポジションにないように、私のパワーのすべてを使う。それは私にとって非常に重要である」


トランプ陣営は、討論の時のトランプ氏の反応を明確化するよう求めたいくつかのEメールに反応しなかった。民主党の相手候補クリントン氏は、トランプ氏の回答への反応を要求されたが、その質問になにも言及しなかった。


トランプ氏は、核兵器の使用を嫌っていると主張するが、、彼がその構築を嫌っているようには見えない。彼は(核)軍拡競争の再現に賛意を表した。


「ロシアは、われわれのよりかなり新鋭なもの(核)を拡張している」「私達は新基準からアップデートしていない」と、彼は語った。

彼の観察は正しい。米国が、オバマ氏が構想した計画を立てたが実行していない間に、ロシアは活発なペースで新しい核兵器を配備している。しかし、オバマ氏は今後数十年で1兆ドルを上回る最大の投資を彼の後継者のために残した。。


7月の議会の前の公聴会において、何人かの大統領のもとで31年以上勤務した核のエキスパート、フランクリン・C・ミラーが、次のように語った。「ロシアは核戦力の大規模な新鋭化に励んでいる。それらは、2種類の新型大陸間ミサイル、潜水艦搭載ミサイルの配備および新型核装備潜水艦の進水、新しい重爆撃機の建造である」


トランプ氏は、クリントン氏比べると最新兵器のサイバー兵器との対応では、不案内であった。その課題では、クリントン氏は、トランプ氏よりタカ派のようだった。


クリントン氏は、ロシアについてはうまくやった。 ウラジーミル・V・プーチンはじつにタフで長い争いになると主張し、プーチンが、米国を攻撃するようにロシアのハッカーを鼓舞したことをトランプ氏に思い起こさせ、皮肉った。(トランプ氏は、実際に、彼女のEメールをハッキングしているロシアについて得意げに話した。)

彼女は、民主党全国委員会からデータを窃盗した背後の力であったロシアを告発し、オバマ政権で秘密にされた打撃にかんして、その行為を十分大声で非難していないと主張した。


彼女は次のように語った。「私達は次のことを非常にクリアにする必要がある。それが、ロシア、中国、イランまたは他のどの国であるかにかかわらず、米国はずっと大きい能力を持っている。そして、私達は、無駄に静観し、他国のくせものが、私達の情報、私達の民間セクター情報、または私達の公共セクタ情報に接近することを許そうとしていない」


そして、彼女は付け加えた:「私達は、私達が持っているツールのたぐいを使いたくない。私達は、違う種類の戦闘に参加したくない。しかし、私達はこの国の市民を防御する。」

実のところ、クリントン氏は、彼女が国務長官であった時に、米国がイランの核のプログラムに対するサイバー兵器を使用したこと、彼女がオフィスを去って以後、それらは再びイスラム国に対して使われていることを、知っている。

トランプ氏はアメリカの攻撃的サイバー兵器の知識が全くなく、ロシアが民主党委員会への攻撃の背後にあったかどうかに疑念を投げ続け、中国人または「 400ポンドの重さがあるベッドに座っている誰か」かもしれない、と語った。彼は、「私達は、かつてコントロールしていた物のコントロールを失った」として、オバマ氏を非難した。


William J. Broad contributed reporting from New York
米紙核兵器関連記事一覧