トランプが、「米国は新核軍拡競争で打ち勝つ」と言明 (Trump Says U.S. Would ‘Outmatch’ Rivals in a New Nuclear Arms Race)

By MICHAEL D. SHEAR and DAVID E. SANGER NewYork Times, DEC. 23, 2016



ウエストパームビーチ、フロリダ=金曜日にドナルド・J・トランプ次期大統領は、核戦力を「増強する」し核軍拡競争を再開したいという彼の警告を強調した。 ちょうど、 ワシントンとモスクワの間の理解を現実的にする可能性についてロシアのウラジーミルV.プーチン大統領からの手紙を公表した時であった。

選挙キャンペーン中に彼が示したプーチン氏への好意的アプローチのくりかえしで、トランプ氏は、二人が「建設的で、実用的な姿勢」で行動しようという私的なクリスマスの挨拶を送ってくれたロシアのリーダーを賞賛した。彼がプーチン氏の手紙を公表した時のステートメントで、トランプ氏は、ロシアのリーダーの「考えはとても正しい。」と語った。

しかし、その日以前には、木曜日にTwitterポストにおいて、次期大統領は無遠慮にアメリカおよびロシアの核兵器数が削減された30年以上前より増強すると脅しをかけていた。

彼のコメントを和らげようとする補佐官たちの努力をよそに、または単に彼が、特にテロリストに核のテクノロジーが広がるの抑制することについて提案するためか、トランプ氏 は、MSNBCのトークショーホストのマイカ・ブレジンスキーに「軍拡競争をやろうじゃないか。われわれはすべての局面で勝利し、彼らを凌駕する」と語った。

プーチン氏および他の核保有国に対する可能な手段として、トランプ氏は、新しい核配備の脅しをかけて。大統領執務室に入るまでの4週間に、軍事主義的強硬姿勢と外交的に優れた手腕の組み合わせで、ビジネスで交渉者として成功したと自認するスキルを示したがっているように見える。

トランプ氏は、すでに進行中のオバマ大統領の精力的な核新鋭化計画を継続、または拡大することを選択できる。また、次の数年間に米国の老朽化爆撃機、潜水艦、および長距離弾道ミサイル諸兵器を更新するために1兆ドル近く費やす必要があるかどうかを決めることができる。ロシアと中国は、彼らの主要な核兵器新鋭化の努力の道半ばにある。

これまでの大統領は、核兵器態勢のレビューに1年を費やしたが、トランプ氏は、ここでも、そのような伝統的な細かい点にわずらわされることなく、来月就任する前に、彼の外交方針姿勢は抑制されないことを示した。

トランプ氏は、木曜日のツイッターで、かれの核戦略を発表した。

金曜日のMSNBCの「 モーニング・ジョー」番組で、トランプ氏のホワイトハウス・スポークスマンになる、ショーン・サパイサーは、「地球上の地位を米国が認めるあらゆる国が注目されるだろう、と思う」と語った。

もしプーチン氏が邪魔をすれば何が起きるかわからないと脅しつつも、トランプ氏はロシアとの新たな関係を期待しているように見える。

プーチン氏の手紙に呼応して、トランプ氏は、「これらの考えに従って行動することに」どちらの側でも失敗すると、「米国は別の道をたどらざるを得なくなるだろう」ち語った 。見たところ、トランプ氏には、彼の政権は、国の核兵器保有量のサイズと有効性の更新の高額な競争で勝ち抜くという確信がある。

何がトランプ氏を核の問題に、クリスマスの2日前に、フォーカスを当てさせたのかは不明瞭である;シニア補佐官は、彼のステートメントの根拠について説明するよう、繰り返された要求を断った。また、トランプ氏の戦略で相手よりどれだけ多く金を遣うことができて、追い越すことが可能か、また逆に、交渉がいかに簡単か、を知ることは困難である。

何年も核兵器削減の戦いをしてきた活動家たちは、次期大統領がロシアと新たな核開発競争に取り組むと予想して、警告している。

軍縮および核不拡散センター理事のバイロン・L・ドルガン前ノースダコタ選出上院議員は次のように語った。「トランプ次期大統領により出された声明は、核兵器備蓄を減らし、さらなる核拡散を防止するために米国およびその同盟国が取り組んだ数十年の業績を台無しにする、核兵器開発競争はこの惑星の全ての人々を大きな危険にさらす」

プーチン氏が、ロシアの核兵器新鋭化を継続し、米国に対し軍事的優位性を言明した。

「もちろん、米国は、より多くのミサイル、潜水艦、および航空母艦を持っているけれども、言えることは、どのような敵対攻撃者よりわれわれは強いことであり、これは事実である」と、プーチン氏は金曜日にモスクワで、年末の記者会見で語った。

プーチン氏は、ロシアは自身の損となるような米国と新しい核兵器開発競争を求めない、と語った。彼は、トランプ氏のアメリカの核兵器備蓄強化し、拡張についてのツイッター発言に侮蔑的に反応し、次期大統領が選挙遊説に約束したことと同じだと指摘した。

「何も特別なことはない」 とプーチン氏は語った。

1987年にさかのぼるが、トランプ氏は、没落しかかっていたが、戦闘的だったソ連と核軍縮交渉を望んだことがあった。

最近の週に、彼は、冷戦に最も精通した生存者のうちの幾人と面会した。特に、ロシアとのアメリカの関係がはっきりと分岐点にあった瞬間のヘンリー・キッシンジャー元国務長官、およびロバート・M・ゲイツ元国防長官である。

トランプ氏と話した共和党員は、彼は、モスクワに対するあけすけな態度は、国内、ヨーロッパ、および他の同盟国において身近に示されることを理解しているようだと言う。ロシアがアメリカの選挙に干渉するとすぐに共和党は、彼と別れ、情報機関は、ロシアが大統領にトランプ氏が当選するように、ハッキングと情報戦闘テクニックの組み合わせを用いた、と結論した。その後共和党は議会の調査を約束した。

トランプ氏の核の計画についての問題の中心は、彼が、「アメリカの核の機能を大きく強化し、拡張する」というフレーズにより、何を意味するのかということである。もし彼が、「新鋭化」という言葉を使ったならば、彼は、オバマ政権により使われたフレーズを繰り返したことになる。しかし、オバマ氏が言ったアイディアは、核の増大ではなく、「備蓄兵器の削減」である。。

核兵器新鋭化努力は、2010年にオバマ氏がロシアの当時の大統領ディミートリ・A・メドベージェフと推進した軍備制限条約の新Startが成立した後で本気に始まった。しかし安全性と信頼性の改善の名において オバマ大統領は、新大統領に核兵器備蓄労の増加をお膳立てしたと、何人かの専門家および著名な核戦略家は主張する。

オバマ氏は、春に起きる危険性を認識していた。「新たなより壮絶で、より効果的なシステムが軍拡競争のまったく新しいエスカレーションに突入する結果となる方向にある」可能性を警告した。それは、核兵器を世界から効果的に取り除くことについて7年前に語って執務室に入った大統領にとって驚天動地の現実容認の発言であった。

中国は、数百の核弾頭ミサイル部隊を新鋭化し、紛争時に米国の衛星を盲目にするべく、攻撃的な宇宙兵器プログラムに乗り出した。

しかし、オバマ氏の国防総省は、トランプ氏が取り込みそうな多くのウロジェクトを残している。なかには、時速最高17,000マイルで移動する超高速な弾頭を含んでいる。トランプ氏が選ばれるはるか以前に中国は、アメリカのミサイル防御を避けるようにデザインされた同様の兵器開発に取り組んでいる。昨年、グ運核競争が開始の瞬間にあることを議会に警告している。、

Michael D. Shear reported from West Palm Beach, Fla., and David E. Sanger from Washington. Neil MacFarquhar contributed reporting from Moscow.


米紙核兵器関連記事一覧