guardian.co.uk, Wednesday 4 February 2009 14.24 GMT

英ミルバンド外相、核の世界脱却に向けて6段階計画をセット (David Miliband sets out six-point plan to rid world of nuclear weapons)

外務省発表内容

核の影の解消:核兵器廃棄の条件づくり(Lifting the nuclear shadow: Creating the conditions for abolishing nuclear weapons)

地球の安全にとって、核兵器は最も破壊的な脅威でありつづけている。冷戦終結以来、核兵器の危険性を低減させるのに重要な進歩があった。 イギリスは保有核兵器の威力総量をおよそ75%まで削減した。 また、米国、ロシア、およびフランスもかなり削減した。

しかし、新しい核の脅威が出現した。 核兵器がイラン、北朝鮮などの国家、または、テロリストに広まるリスクの懸念が強まっている。 そして、気候改善とエネルギー確保を理由とする原子力ルネッサンスが、拡散すれば危険な核技術の、広範な流出につながるのを警戒せざるをえない。

ゴードン・ブラウン首相は、これらの脅威と戦うための国際的な努力を強化しようと、「核保有国の核軍縮を促進し、新たな核拡散を防止し、究極的に核のない世界に到達するための」呼びかけを発表した。

すべての核兵器の地球規模の禁止を達成するには、そのための条件作りが必要である。その条件とは、核抑止力により保護されている、世界の半数以上の人々に、核が存在するより、核のない世界の方が、より安全だという確信を与えることである。

それを可能にするには、3つの主要な条件と、それらを作る特定の6個のステップがある。これらは数年以内に達成できる。

条件1:原子力が成長する時期であっても、 核兵器が多くの国家、または、テロリストに拡散するのを防止する、完璧な方策;

ステップ1: さらなる核拡散の阻止、および、核拡散防止条約加盟のすべての諸国間協定の保証。その前進には、核拡散防止と安全保障の、より厳格な手段、その手段の多様な具体化が含まれる。援助が必要な諸国家を援助する。

ステップ2: 国際原子力機関と協同し、民生用原子力産業を開発しようとする国家が、安全で、核兵器拡散の危険性を最小化する方法で、開発が可能になるよう、支援する。首相は、2009年3月に、これらの課題での協力を促進するために、ロンドンでの会議を呼びかけている。

条件2: 最小限度の核兵器備蓄数、および、厳格で、検証可能な核兵器制限の国際的法的枠組みの設定。

ステップ3: 米国、ロシアの総核兵器保有量の一層の実質的削減交渉と協定。これには、他の核保有国が追随し、各自の核軍事力を究極的最低限度(absolute minimum)へ削減する必要がある。イギリスとフランスはかなりの削減をした。 しかし、中国、インド、およびパキスタンは核兵器軍事力を増強していると信じられている。

ステップ4: 包括的核実験禁止条約の発効。すべての核実験爆発を禁止し、それにより、核兵器の質的改良を抑制する。 さらに9カ国の批准が発効に必要。

ステップ5: 核分裂物質カット・オフ条約に向けた、前提条件なしの交渉開始、および前進。 これは、核兵器の削減を逆行不可能に促進し、地球規模の核兵器禁止を監視する効果的な体制の核心部分となる多くの機構を確立するのに決定的な意味をもつ。交渉開始をいまだに妨害している諸国家に対し、イギリスは、姿勢の見直しを要求する。

条件3: 安全保障を強化しつつ、少数の核兵器をゼロにするチャレンジの解決策を見出す。

ステップ6: 核兵器保有国が、備蓄核兵器を削減し、究極的核廃絶を確実にし、再核武装を防止しようとするなら、多くの複雑な政治的、軍事的、技術的および制度上の課題を探り出し、解決しなければならない。5大核保有国の、(および適当な段階で、他の核保有国も参加し)戦略的対話が基盤作りに必要である。 イギリスは、核軍縮検証方法の研究に着手しており、2009年に、核保有国の相互信頼確立の会議を提案した。

長期的には次の各項が必要である:

* 主要国間の政治的関係改善。各国相互の核兵器の応酬が想定不能な段階に達するまでの、相互信頼性と相互理解の構築。 長期継続の対立は、紛争とテロの主要な原因を取り除く方向で解決される必要がある;

* 核兵器の制限または禁止を確実にする方法が、他の兵器、つまり化学、生物、あるいは、通常兵器の軍備拡大競争を引き起こさないよう配慮; そして

* 地球規模の核兵器禁止および核兵器のない世界の国際的安全保障を担保するための、集団安全保障構想。これには、国際機関および全体的な法依存国際システムの改革、強化が求められる。


困難が想定されるが、これら6ステップの前進が、過去10年間の行き詰まりを、突破するのに、決定的であろう。 進展させるには国際社会全体の積極的な参加を必要とする。 イギリスは、核兵器のない世界のビジョンを共有する、政府、国際機関、非政府組織、および企業の広範な連合を構築する努力をする。そして、それを達成するために協働する協定の作成に組み込むつもりである。

米紙核兵器関連記事一覧