米国情報機関、イランに核爆弾製造意図なしと判断(U.S. Agencies See No Move by Iran to Build a Bomb)

By JAMES RISEN and MARK MAZZETTI

Published: February 24, 2012, New York Times


ワシントン発:国連の核監視機構が、金曜日の最新報告で、イランがウラン濃縮計画を加速したと述べたにもかかわらず、アメリカの情報機関アナリストは、イランが核爆弾製造を決定したとする確たる証拠はないと確信する姿勢を貫くという。

米国人の現役および元情報当局者によれば、アメリカのスパイ機関による最近の分析結果は、イランが核兵器プログラムを放棄したと結論した2007年の判断と、ほとんど一致しているという。これら複数の当局者によれば、最近のこの判定は、2010年の国家情報評価を大部分は再確認したという。これは米国の16の情報機関の一致した見解だとも語った。

議論の要は、イラン政府リーダーたちの究極の目標が、闇の中にあって読めないことだ。イランが核燃料を濃縮し、核保有国になるため必要なインフラストラクチャーを開発していることは、米国、イスラエル、およびヨーロッパ諸国の情報当局の間で疑問の余地はない。しかし、CIAおよび他の情報機関は、核弾頭を設計するための計画の並行的推進を再開するべきかどうか、イランはまだ決定していないと信じている。その設計プログラムは、核爆弾製造に欠かせないが、2003年に実質的に停止されている。イラン当局者は、彼らの核計画は民生用目的だとする姿勢を貫いている。

1月31日の上院証言で、国家情報機関ディレクターのジェームズ・R・クラッパー、Jr、(国家情報の統率者)は、イランは核兵器に向かうオプションを保持していると、端的に証言したが、その一方、核兵器製造の方向へ総合的に加速する決断をした証孤はないと語った。デビッド・H・ペトレイアスC.I.A.長官は、同じヒアリングでその見解に同意した。国防長官レオン・E・パネッタおよびマーティン・E・デンプシー統合参謀本部議長を含む他の高官も、最近のテレビ出演で同様の言明をした。

「彼らは、多分、その方向に動いているだろう。しかし、現実に核兵器を持つと決めてないことに、われわれは確信がある」と、クラッパー氏は、上院の情報特別委員会で語った。

米国の判断についての、エルサレムおよびいくつかのヨーロッパの首都の批判者たちは、イランが核兵器製造の最も最も困難なステップである、ウラン濃縮を大きく乗り越えことを指摘する。それはまた、国際原子力機関の検査官による一連の報告書の結論でもある。彼らは金曜日に、イランが地下施設中でウラニウム濃縮を始めた新たな証拠を提出した。
米国は、イランはまだ達成していないと確信しているが、一度イランが実際に核兵器級のウラン濃縮の段階に進めば、核弾頭を組み立てるのは比較的容易で、すぐさま核爆弾を保有するだろうと、米国の判断に批判的な人々は考えている。彼らはまた、米国C.I.A.が過度に慎重だと批判しており、それは、結局存在しなかったイラクの核兵器保有疑惑についての2002年の誤った情報評価の故に、過度に臆病になっているのだと示唆する。さらに、イスラエルの政府関係者は、米国の2007年の評価の前提である、イランが兵器計画研究を完全に停止させたとすることに反対する。

しかし、何人かの情報当局者および外部のアナリストは、イランのウラン濃縮活動には、核爆弾を出来るだけ早急に製造する無謀な政策とは別に、別な可能性の側面があると考える。彼らによれば、イランは、何人かのアナリストが「戦略的曖昧性」と呼ぶものの構築により、周辺地域への影響を増強する企図を進められるという。直ちに爆弾を製造するのではなく、核野心に関して、他の国家の間の疑問の種をまくことにより、イランは威力を高めたいと考えているかもしれない。似たようなパキスタンとインドの例では、両国が核爆弾製造を決定し、1998年に核実験をする以前の数十年間、核兵器プログラムを秘密にしていた期間があった。

前米国駐IAEA大使で、2005年から2009年まで情報諸機関の国家核拡散防止センターのディレクターだったケネス・C・ブリルは、次のように語った。「イランは核兵器装備ではなく核兵器能力を欲していると思います」。ある元情報当局者は次のようにつけ加えた。「インドは、長期間核保有を避けたスクリュウードライバーだった。イランはそこまで達していない」

確かに、米国の情報分析官たちにとって、イラン指導部の意図を判断するのは非常に困難で、その評価は、限定的な情報に依存していることを認めている。米国のイラク侵略後にイラクの兵器計画を調査したC.I.A.チームの責任者たったデービッド・A・ケイは、今回の米国の判断の基礎になっている情報の質に懐疑的だ。

ケイ氏は次のように語った。「情報当局は、イランが核爆弾製造を決定した証孤を持っていない。それは、情報にひそむギャップを反映しているのだ。証孤は、2007年からそれほど変化していないのは事実だ。しかしそれは、証孤への接近の欠如と情報および何らか重要な要素の不足を示している」

米国情報当局のアナリストにとって、閉鎖社会の動向を探るのは、最も困難なタスクのうちの1つである。またこの数十年間、C.I.A.は、イランや北朝鮮のような政権に浸透し、リーダーたちがどう決断するかを探ることに、ほとんど成功してこなかった。

イラクにおける情報判断の大失敗の悪夢に直面して、2006年に米国諜報機関は、失敗を繰り返さないようにするため、新たな分析手段を取り入れた。今や、分析官たちは、上申情報報告の基礎をなす生情報によりよく接近し、情報源の信用性をより確実に判断しようとしている。それは、C.I.A. が、イラクの生物兵器疑惑に関する判断を、後で嘘つきだと判明した亡命イラク人に依拠した経過を、二度と繰り返さないようにするためである。

また、分析官たちは、結論を導く論理的道筋に関し、より多くの情報を報告書に書き込むよう要求されている。また、異なる判断は、機密報告書の中に明確に記載され、脚注に埋没されることはなくなった。

イランが核爆弾研究を放棄したと述べた、2007年の情報判断(intelligence estimate)の非機密要約の部分が公開されたので、ブッシュ政権と世界は呆然となった。それは、情報機関による2005年の判断(estimate)を真っ向から否定するもで、C.I.A.は、ヨーロッパ諸国およびイスラエルの当局、それに保守派の専門家たちから、批判を浴びた。彼らは、イランに対するアメリカの軍事行動を防ぐ、C.I.A.による懸命な努力の一部だと、主張している。

報告書には議論の余地が多く残されでおり、米国情報機関は、イランの核計画について、新たな証孤、とくに国連の査察官がもたらす証孤が出ると、判断を改めたり、前言を翻したりせざるをえなくなると、多くの外部アナリストが予想した。しかし、アナリストたちは、イランにはウラン濃縮施設の作業については、莫大な証拠が存在する一方、それに比べて、核兵器計画については、明らかな証拠は、ほとんど見当たらない(there has been far less clear evidence )と、今や、言明している。

それでも依然として、イランのウラン濃縮の動きは、悲観論にとっては疑惑の種である。

ある元情報当局者は次のように語った。「議論を掻き立てているのはウラン濃縮活動だ。それが皆を神経質にしている。そうして、イランが何をしようとしているかという疑惑を生み出し続けているのだ」

核施設を秘匿し、その活動について西側を欺こうとするイランの努力は、さらに疑問を強めている。しかし、何人かの米国のアナリストは、そのような振る舞いは、必ずしも核兵器計画の証拠ではないと、たしなめている。C.I.A.がイラクの戦争の前に犯した一つの誤りは、サダム・フセインが、あたかも何かを隠しているかのように、兵器査察に抵抗したので、それを大量破壊兵器計画の存在と推定(assume)したことだったと、彼らは語っている。

ケイ氏が言うように、「今日認めようとしている証孤と、2002年に突入するときに振りかざした数々の証孤とは、同じではない」のだ。

米紙核兵器関連記事一覧