米国−リビア核談合によって、一つのカダフィ脅威が消失していたのだ(In U.S.-Libya Nuclear Deal, a Qaddafi Threat Faded Away)


By DAVID E. SANGER, Published: March 1, 2011, New York Times



ワシントン = 2009年後半に、オバマ政権は、リビアから、核兵器計画の残渣、つまり高濃縮ウラン容器海外移転の認可を得ようと、ムアマル・カダフィー大佐と息子のセイフに取り付いていた。

カダフィーの息子は、米国大使、ジーン・A・クレッツとの会談で、リビアは、核爆弾製造技術に要した1億ドル以上を、2003年に譲り渡したにもかかわらず、米国が「殺人器具の禁輸」を課していると抗議した。ウイキリークスに漏洩した通信によれば、 彼は、リビアの協力に対する米国の報酬供与の遅滞に「うんざりした」とクレッツに告げたと、という。

カダフィー親子がトリポリの包囲への対抗態 勢を整えている今ほど、米英の共同作業によるリビアの核兵器および化学兵器 製造能力の排除の成功が重要だったと思えることはない。

リビア制裁措置、および、空軍無力化のための飛行禁止地域設定の可能性について討議した政府高官と米国国防総省プランナーによれば、2003年の取引で、カダフィー大佐の最高の切り札を奪った、という。つまり、 核兵器使用の脅し、または、核物質、核兵器技術の売却の脅しは、カダフィ大佐がその気になれば、42年間の統治を維持するのに残された唯一の手段であった。カダフィー大佐には、マスタードガスの備蓄があるが、軍事的に配備する有効な手段があるかどうか、明確ではない。

2003年イラク進撃直後の数ヶ月間に、リビア核撤去の努力を組織する中心的役割を果たしたロバート・ジョゼフは、「もしわれわれがリビアの核兵器計画と長距離ミサイル軍備の排除に失敗していた場合の悪夢を想像してみてください」と語った。

ジョゼフ氏は、リビアの核撤去作業の数年後にブッシュ政権を辞任したが、それは一部は、リビアが核の無法国家ではなくなったと信じたからであった。かれは、2月28日の月曜日に次のように語った。「(もし核撤去がなければ)過去8年間にどれだけリビアの核兵器プログラムが進歩していたかは、誰にも確定できません。カダフィー大佐の最近の凶暴さを考えれば、彼が権力を握るのに必要だと感じるなら何でも使用することに、全く疑問はありません」


果たして、彼が(核兵器を)保有するに至っていたかどうか、もちろん、知る由もない。

しかし、カダフィー大佐は、ここ2年間では、その重要な手段の損失を感じたように見える。漏洩した通信の示すところによれば、核兵器計画の残渣に頼ろうとする最後のあがきが見られる。約束されたはずだとカダフィ大佐父子が主張する、兵器と支援の獲得に役立つ取引材料として使う以外に、政権の存続を保証する道がないのである。

2004年初頭にリビアが米国、英国および国際核査察官に引き渡した核兵器技術の内容は、米国の情報専門家が予想したよりはるかに大きかった。濃縮ウラン製造用に4,000台以上の遠心分離機があった。核爆弾を組立てる設計図があり、いくつかの重要な要素が欠けていたが、作業を開始するのは十分であった。


資材全体は、カダフィとアブドル・カディル・カーンとの取引で獲得した。カーンは、パキスタンの核兵器計画の創設者の一人で、世界最大の核兵器技術の闇市を開設した。中央情報局が後に算定したところによれば、リビアの核プロジェクトに費やされた、1億ドルから2億ドルは、結局回収されることはなかった。リビア側がシステムを作動させることはなかった。大きな遠心分離機の多くが木製の梱包箱のまま放棄された。


入手機材が巨大だったので、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、写真家を伴ってテネシー州の国立オークリッジ研究所に飛び、核拡散阻止における、まれな勝利を祝ったほどだった。 最近の備忘録に彼はその成功を記録している。リビア核兵器の引渡しを「決定的なポイント」と称し、世界との正常関係に戻した、と語っている。ブッシュ氏は、リビアとのビジネスの規制を撤廃し、カダフィー大佐を称賛し、彼の行為が「我が国と世界をより安全にした」と語った。


リビアでは、話は違っていた。ニューヨークタイムズとカナダ放送協会のドキュメンタリー番組「核聖戦」でのインタビューで、セイフ・カダフィーは、西側は約束の多くを完結していないと、抗議した。


2009年まで、カダフィは、残存する高濃縮ウランの引き渡しを拒んでいたが、その時、核兵器の放棄の決断は、米国からの通常兵器と非通常軍事装備の購買との引き換えを条件とする任意なものだ」と語った。この通信は、2009年後半にオバマ政権に通告された。


カダフィー大佐の息子によれば、大佐は、遠心分離機が米国の手に落ちたのが不満で、ほとんど補償されなかったのは、「指導者への大きな侮辱」と決め付けたという。
今日、オバマ政権当局者によれば、ブッシュ政権が約束を果たしたかどうか別にして、カダフィー大佐との取引は、彼が政権に居座るために手にしたかもしれない、はるかに凶暴な兵器を、彼の手から奪った、という。


カダフィ大佐が核兵器製造に結局成功したかどうか判らないが、彼は、取引の一部として、化学兵器を詰め込んだ数千の砲弾も手放した。


ブッシュ政権でエネルギー省の元高級官僚だったウィリアム・トビーが回想し、月曜日に語ったところによれば、リビアは「強引に押し切られた」のだという。なんトンもの大量マスタードガスがカダフィー大佐には残されたいたが、「扱うのが非常に難しいので、カダフィにとって役に立つものだったとは、信じがたい」と語った。


しかし、リビアの経験が(悪い)メッセージとして、核軍事力放棄を米国から迫られている他の諸国に届くのは、米国政府にとって意図しない結果だろう。
イランと北朝鮮は、西側からたびたびリビアの先例に続くよう求められた。彼らはカダフィは致命的な誤りを犯したと結論するかもしれない。

韓国は中東の暴動を北朝鮮民衆に知らせようとしてビラを投下しているが、韓国当局の高級官僚は、先週のインタビューで次のことを認めた。北朝鮮で中東と類似した反抗暴動が起きれば、北朝鮮政府は近隣諸国が、北朝鮮政府追放運動を支援するのを防ぐために、最大で6個から12個を保有すると推定される核兵器の鎖を解くという脅しをかけるかもしれない。


韓国と米国が関係するもっとも神経過敏な事態に関し、匿名を条件にある韓国高級官僚は、金曜日に次のように語った。「いつの日か必ず北朝鮮は崩壊するでしょうが、その時われわれは、リビアではまぬかれた事態に直面することになります。かの指導者は、権力を維持するためなら、その(核)兵器使用の脅しをかけると、覚悟しておかなければなりません。脅しだけだったとしても、全体の戦略を変えざるを得ないでしょう」

米紙核兵器関連記事一覧